12月です。

12月に入りました。

私立入試まで後2か月弱。

受験生にとって、私立入試は公立入試の試金石。

そこで特待をとれるかとれないかで、公立高校の受験校が変わってしまう生徒もいます。

中3の5教科平均評定が4.4以上ある生徒は、毎年、仙台育英の特待生に全員がなっています。

それがあるからこそ、思い切って仙台一高や仙台二高を受験することが出来るのです。

例年、半数以上の生徒がこの基準に達し、特待生合格を勝ち取ります。

 

問題は、この5教科平均評定4.4に達しなかった生徒。

受験点数を基準に特待がもらえる高校は、東北高校創進が考えられるのですが、全員がその選択をする訳ではありません。

東北学院、宮城学院、榴ヶ岡を受験する生徒もいます。

全員が、私立高校を2校受験するのですが、東北高校を選択しなかった場合、特待生合格は厳しいと思います。

もちろん、東北高校創進を選択しても、特待基準に点数が達しない生徒がいるかもしれません。

こういった場合、どうしても高校の学費が頭をよぎるものです。

私立になる場合を考えると、模試Bランクで志望校を受験にをするには、相当な覚悟が必要です。

 

合格ランクが出ていても、全員が全員、公立の志望校を受験できる訳ではありません。

私立の受験は、公立受験の資格試験であると私は考えます。

 

数多くの生徒が、特待生合格できるよう12月は私立問題にも力を入れたいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月1日

新みやぎ模試11月号結果報告

 

新みやぎ模試11月号の結果報告です。

今回の11月号は、総受験者数が9000人を突破しておりました。

ですから、かなり正確なデータが出たと思います。

 

塾内1位の生徒の点数が493点。

今回も県内1位を獲得しました。

塾内2位の生徒の点数が490点。

県内3位のというこれまた素晴らしい成績でした。

塾内3位の生徒の点数は474点。

県内10位の好成績です。

 

この3人の生徒を含め、県内100位以内の生徒は合計6人。

生徒数28人の麻布学院ですが、成績はどこにも負けていないと思います。

合格ランクですが、28人中、27人が志望校判定S~Bの合格判定が出ました。

特筆すべきは、仙台二高、仙台一高、仙台三高、宮城一高、二華高校の5校、すなわちナンバースクールの合格判定が出ている生徒は28名中25人。

塾生のほとんどが、ナンバースクールに合格する学力は備えています。

しかし、評定が絡むと、Bランクでは厳しい生徒がいますので、Aランク目指して頑張って欲しいものです。

合格が目の前にあるのに、今努力せずいつ努力するのか。

極限まで実力を引き上げるために、最大限の努力をしてもらいたいと思います。

 

麻布学院も、最大限に生徒をサポート出来るように、出来ることすべてやって行こうと思います。

 

麻布学院は、中3生が28人の小さな塾です。

しかし、成績ではどこの塾にも引けをとりません。

 

入塾希望の生徒さん、保護者様がおられましたら、1週間無料体験に是非ご参加ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月29日

 

怒る。

昨日は1年生を怒りました。

上位層の生徒と、それ以外の生徒の成績が、少し開いて来たためです。

ことしの厨参戦中3生の、新みやぎ模試で、380~400点の間で点数が全く伸びない生徒は、1年生のこの時期に遅れ始めました。

その遅れの積み重なりが中3の受験前に、志望校B判定という微妙なランクにつながってしまうのです。

今年の1年生は、能力が高い分、1年生の問題であるなら、少し勉強をすれば点数がとれてしまいます。

しかし、その点数は、420~440点という微妙なライン。

中3になったとき、400点を切ってしまいかねない点数です。

怒った後に、家庭学習用の教材を用意して帰ったのは、男子4名、女子2名。

微妙な点数の生徒は、何も持たずに帰宅しました。

上位の生徒が話に感化され、やる気を出したのに反して、微妙な点数の生徒は、素早く帰宅。

これでは、余計に差が開きます。

日頃の行動+冬の新みやぎ模試で、しっかりクラス分けをするつもりです。

仙台一高、仙台二高、仙台三高の上位コースに残りたい生徒は、その甘えきった行動を正して欲しいと思います。

 

今、中3で伸び悩む生徒は、1年のこの時期に、意識のかけらもありませんでした。

多分、今悩む中3生が、タイムスリップをして、1年生の自分に出会ったら、ぶん殴ると思います。

それぐらい、伸び悩んでいる生徒は1年の時を悔やんでいます。

 

今の1年生が、中3になったとき、そうならないように、しっかりと今年はダメなものはダメと怒るつもりです。

クラス分けは、未来を変えてしまうかもしれない重大な出来事です。

新みやぎ模試宮城県1位の生徒も、附属中2位の生徒も、沖野中1位の生徒も、そして実力テスト上位の生徒もすべてが、1年次のクラス分けで上位クラスに残った生徒です。

 

人生を変えてしまうかもしれない出来事を前にして、のほほんとしているなら、かならず足をいつかは引っ張ります。

心を鬼にして、クラス分けで落とすつもりです。

新みやぎ模試冬休み号実施まで1か月。

努力は大前提として、点数をたたき出して、上位クラスに少しでも多くの生徒が残ってもらいたいと思います。

このブログを見ている1年生がいれば、伝えておきます。

脅しではなく、確実に実行します。

生活態度を改め、努力をしましょう。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2011年11月29日

 

月末休のお知らせ

 

11月29日(火)~11月30日(水)は、月末休で塾はお休みになります。

塾に職員はおりませんのでご了承ください。

 

電話は転送によりつながる状態です。

緊急の場合は、お電話にてご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月28日

 

問い合わせ。

 

問い合わせが今日もありました。

小学生と中学1年生です。

今年、上杉や五橋などの地域から入塾した生徒が多く、その流れでそれらの地域から問い合わせが相次いでいます。

昨年までは、宣伝もせず、他地域の生徒には学校で塾名をきかれても伏せるように伝えていました。

やはり麻布学院は、宮城野で育ててもらった塾です。

ですから、昨年前はその他の地域の生徒を集めることに後ろめたさがありました。

この地域へのこだわりも強く持っています。

 

しかし、今年は麻布学院を必要とする生徒がいるのであれば、地域は関係ないと思うようになりました。

来てくれた生徒達に一生懸命、力を尽くす事だけを考えればいいんです。

今までは、上杉や五橋には沢山の有名塾があるので、麻布学院がどうしても必要だという生徒はいないだろうと思っていました。

ゆえに、その地域に向けて宣伝することもなければ、麻布学院にわざわざ通ってくれる生徒も少ない物と思い込んでいました。

 

しかし、今年からブログを始めたり新聞広告を入れる範囲を広げたりすることで、最近では他地域の入塾の方が多いぐらいです。

麻布学院を必要としてくれる人が、こんなにいるとは全く考えていませんでした。

これからは、麻布学院を求めてくれる生徒を、地域かかわらず、どんどん受け入れようと思います。

そのために、麻布学院を知ってもらえる行動を、いろいろ考えて実行していきたいと思っています。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月27日

面談も佳境に。

連日面談が入っています。

そろそろ佳境に入ってきました。

概ね、生徒は家庭でも学習に勤しんでいるようです。

 

面談では、3つの場合を想定して話をしています。

現在の模試の成績と、評定にてらしあわせ、「志望校合格の確率と学習方法」「ランクを落とすとすればどこ」「私立になってしまった時」の3つの場合について、きちんと説明をしています。

その3つのどれになったとしても、将来の大学受験や就職において、最良の結果になるよう考えんい考えて面談をしています。

 

「頑張ろう」とか「このままでは難しい」とか「大丈夫です」と言うだけで、結局話す内容は、「冬期講習」の話ばかりの塾はあると思います。

麻布学院では、講習の話は数分間。

残りの時間全てを使って、受験のデータと成績の説明、現在の志望校に合格するためなにをすれば良いか、志望校を変える場合の目安などに全て使います。

質問があれば、私立高校になった場合を想定した話もいたします。

面談とは、本来そういうものであり、講習費の説明をするための付属で受験について触れるだけのものではないと麻布学院は考えています。

 

きちんとした塾みな、面談を丁寧に解りやすく行っていると思います。

大手塾、個人塾に関わらず、それは全ての塾に当てはまることだと考えます。

 

麻布学院も、まだまだ不足している部分が多いと思います。

昨年は、情報量の不足を実感しました。

今の現状に甘えることなく、日々改善して、面談をより良いものとしていきたいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月26日

要望には出来るだけ応えようと思います。

 

昨日は防衛大1次試験の合格発表でした。

女子の募集定員は、ごく少数なので、私もかなり緊張していました。

結果は見事合格。

来月の2次試験は面接。

彼女なら大丈夫でしょう。

この調子で、本命の大学も合格してくれると思います。

 

今年最初の受験者として、先陣をきってくれた形です。

この勢いのまま、塾の全員が合格を勝ち取って欲しいと思います。

 

今日、面談で家庭学習の管理をお願いされました。

私の考えとしては、受験間近になるこの時期、家庭学習については、生徒達の自主性を重んじてきました。

生徒には、怒られるからの勉強ではなく、自分のための勉強をして欲しいからです。

それに、あと数か月たてば、生徒達は塾を離れます。

それぞれの高校で、私からも塾からも自立しなければなりません。

受験の迫る今この時、私が指示をだして毎日点検をするという行為は、その自立心を阻害すると思います。

 

しかし、保護者の強い要望をうけましたので、生徒本人と話をして、勉強時間を自己申告の上、その時間に見合う課題を毎日出すこととしました。

その課題を次の日に点検することで、少なくとも学習時間は伸びると思います。

 

このまま何もしないままでは、保護者、生徒、私の全員が後悔する結果となるので、信念を曲げてでも対応すべきと判断しました。

すでに合格ランクも出ているし、生徒が志望校への断固たる意志を持ち自立する日がくるまで、しばらくは二人三脚の状態でサポートしようと思います。

麻布学院は大手塾ではなく個人塾なので、出来る限り要望には応えなければなりません。

結果、生徒の自立につながれば、それで良いと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月26日

麻布学院の冬期講習。

来月、冬期講習に入ります。

期間は、12月23日~1月9日(12月29~1月4日は冬期休業)です。

時間は10:30~20:00(12:00~13:30は昼休憩)となります。

総授業時間82・5時間の圧倒的な学習量です。

受験へ向けて、最後の追い込みとなります。

中学1年生と2年生は、16:50~20:00の時間帯です。

総授業時間33時間の学習量です。

学年の総復習となる大切な講習です。

 

毎年、このこの講習で、飛躍的な点数の伸びを見せる生徒が続出すます。

12月単月の中学3年生の総授業時間は、144時間。

1月単月の総授業時間は136.5時間。

2か月あわせると280.5時間

普通の塾の1年間(90分週3回+講習時間84時間と過程)の授業時間を300時間とすると、麻布学院は、1月2月で他塾の1年間分の授業時間に相当する授業量をこなします

 

準備を万端にして、受験に望むことができます。

ですから、私立高校の受験では、多くの生徒が入学金・授業料免除の特待合格を勝ち取ります。

特待生合格を果たした生徒は、堂々と全員がナンバースクールを受験することになります。

平均評定3.9で仙台二高合格や平均評定3.3で仙台一高合格を果たすことが出来た背景には、私立高校、授業料免除という生徒にとっても、保護者にとっても、精神的な負担を軽減する要因があったからこそ評定に迷うことなく志望校を受験できたのです。

そして彼らは合格を勝ち取りました。

 

12月、1月にかかる月謝と冬期講習分の費用は

月謝38.100円(新みやぎ模試代、冬期テキスト代、設備費などすべて込み)×2か月

冬期講習分 24.640円

(宮城ぜんけん模試(任意)受験希望の場合、模試代は別途負担)

授業時間を見て、高額な授業料を予想するかもしれませんが、上記以外の料金は一切かかりません。

 

この授業量でこの料金設定。

他塾に比類なき麻布学院、特徴の1つです。

中学3年生の募集はいつでも受け付けます。受験に向けた最後のチャンスかもしれません。体験入塾希望の方は、いつでもご連絡下さい。

あわせて、中学2年生、中学1年生も学年の総復習をする大切な機会です。学年が変わる前に、冬期講習からふるってご参加ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月24日

 

生徒に厳しく、自分には1番厳しく。

先週と今週は、面談が立て続けに入っています。

志望校選択の大切な面談のため、時間をより使って丁寧におこなっております。

授業もあるので、体力が無い自分にとって、少しきつめです。

授業が終わって、その他もろもろの仕事をしていたら、あっという間にこの時間になりました。

生徒の成績管理と明日の授業計画は今から自宅でやります。

ブログを書く時間がとれず、こんな時間に更新です。

 

面談において、公立高校の志望校がある程度絞られました。

麻布学院の生徒の志望校は多い順に、仙台二高、仙台一高、宮城一高、仙台三高、多賀城高校、仙台高専です。

ほとんどの生徒が、模擬テストの点数上は志望校判定でSランク~Aランクに近いBランク。

個々に評定の問題はありますが、学力は総じて高いと思います。

毎日、受験問題に取り組んできた効果は上がっています。

もうすぐ上位クラスは過去2年分、日本全国の受験問題を解き終わると思います。

 

そしてそれ以外の全てのクラスも先月当初から、全国受験問題に取り組み開始。

上位クラスを追って、猛スピードで頑張っています。

16時~21時まで塾。

毎日自宅学習用に、どこかの県の受験問題を5教科分、家に持ち帰り自宅学習。

生徒は解答を持っていないので、次の日、塾へ早く来て課題の答え合わせ。

早く来れない生徒は、塾終了後に答え合わせをして帰ります。

 

この状態でも、誰一人欠けることなく、誰一人課題をサボることもなく、生徒たちは毎日頑張っています。

生徒一人一人が頑張っている環境なので、塾全体が、努力をする事が当たり前の雰囲気に包まれるからです。

 

麻布学院に入塾した生徒の保護者は、ほとんどの方が、「子供の人間が変わった、劇的に努力するようになった」と言って下さいます。

生徒一人一人が努力する事で、お互いに刺激を与え、誰もが頑張れるのです。

 

麻布学院の主役は、私でも講師でもありません。

生徒たちです。

麻布学院の成績の秘密は、努力することが当たり前の空間を、生徒一人一人が作ってくれていることなんです。

その生徒が作ってくれる空間に、一番勇気とやる気をもらっているのは、他の誰でもなく私なのだと思います。

 

私も生徒に負けないよう、成績管理と授業計画の作成を今から頑張ります。

生徒に厳しく、自分には1番厳しく。

それが麻布学院の塾長である私に必要な心構えです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月24日

取材依頼がありました。

 

本日、雑誌の取材依頼がありました。

全国紙で、インタビュアーに有名芸能人の方までご用意していただけるという、とても有難い申し出を頂いたのですがお断りしました。

お断りした案件ですので、雑誌名などは書けないのですが、今までやってきた事が少しだけ認められたようで、出版社の担当様には大変感謝しております。

今年は塾の情報発信に力を入れてきました。

麻布学院の名前を知ってもらえるまたとない機会だったのですが、麻布学院は、仙台の片隅にある小さな塾です。

誇れるものは、生徒の成績のみ。

それは、麻布学院の功績ではなく、生徒達の努力の賜物です。

その努力の賜物を塾の功績の如く取材で語る事に、引け目を感じてしまいました。

 

本当は、この塾長ブログを始めることさえ悩みました。

昨年までならブログを書くなど絶対にしていない行動です。

生徒達も初めびっくりしていました。

今でも、毎日ブログを更新する自分に、違和感を感じているぐらいです。

しかし、大手塾が躍進する仙台において、成績で挑み続ける麻布学院の生徒達を、少しでも多くの人に知ってもらいたくてブログを書いています。

 

この取材のお話を受ければ、生徒達も喜んでくれたと思います。

でも、私は相変わらず硬派な考えの人間なんです。

芸能人にインタビューされ、それに笑顔でこたえる自分を想像しただけで身震いしてしまいます。

せっかく頂いた素晴らしいお話で、麻布学院にとって大きなアピールのチャンスだったと思うのですが、人間には向き不向きがありますから・・・

私はどうもそういう事には不向きな人間のようです。

 

最後に、日本全国の数ある学習塾から、麻布学院を取材対象にお考え頂いた出版社様に感謝するとともに、お断りしましたこと申し訳ありませんでした。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年11月23日