新2年生。

麻布学院の中で、一番人数が少ない学年が、新2年生。

一番、目立たない学年でもあります。

わずか11人。

上の学年と、下の学年が、大人数な分、目立ちません。

その代り、人数が少ない分、手厚く先生を配分できていたので、学校評定の部分では、一番良い学年でもあります。

トップの生徒が、新みやぎ模試13位。

100位以内が3人。

人数のわりには健闘していると思います。

しかしながら、代々続いてきた、新みやぎ模試1位を出すという伝統が、この学年で途切れてしまうかもしれません。

この先、一番鍛えなければならない学年です。

自習に来てくれる生徒がほとんどの学年なので、これから先、できるだけ自習時間にも、先生を用意して、学力向上に寄与できる体制をとっていきたいと思います。

これから、塾としても、かなり力を入れていく学年なので、今から上位校を目標にする生徒さんがいれば、必ず実を結ぶことになると思います。

塾を探している保護者様、生徒さん。

体験入塾をしてみてください。

 

 

新みやぎ模試、新3年生の結果

新みやぎ模試、「新3年生号」の結果報告です。

宮城県、第1位を含めて、100位以内が5名。

24名の生徒数から鑑みると、少し寂しい結果。

3分の2の生徒が400~430点の間に集中しています。

今年も第1位を出せたことは、喜ばしいのですが、その生徒だけが抜きんでてしまった様相です。

学年に、牽引する生徒が3名は欲しい。

他の成績上位者を、鍛えていかなければなりません。

麻布学院にとって、模試は「神聖な物」です。

その結果に泣き、笑い、怒り、喜び、先輩たちが積み上げてきた歴史が詰まっている、本当に「神聖な物」。

結果を軽々しく受け止めて欲しくはありません。

ですから昨日は、少し、生徒に発破をかけました。

受験生に、軽々しいテストなど1つもありません。

「模試」「実力テスト」「定期テスト」「学力調査」

まずは、今回の模試が、その心構えの礎になってくれれば幸いです。

今年も全員、一丸となって、受験を乗り切ろう。

インサイダー・アウトサイダー理論

みなさん疑問に思いませんか?

ある同じ地域や、同じ学校が、何年間にもわたって学力が変わらないという現象を。

とある公立中学校は、毎年高いレベルの合格率を出し、逆にとある学校は、毎年低い水準の合格率にとどまる。

それが、何年たっても変化がない。

同じ公立中学校で、凄まじいほどの学力差が生まれます。

これは、地域の塾の差ではありません。

何故なら、塾は、もともと学力が高く、高い水準の高校に合格できる人数が多い学校が存在する場所に、集中して店舗展開を行っただけだからです。

同じ公立で、同じ立場の地方公務員の教員、受験ではなく、全員同じく公立小学校から持ち上がりの生徒。

本来、差はあまり出ないはずなのです。

しかし、その差は歴然と存在し、数年、いや数十年と引き継がれています。

これはなぜか?

 

 

社会学の中に「アウトサイダー」という考え方があります。

熟練された労働者は、新規労働者や、派遣労働者などの下の立場の同僚に対して、仕事内容や人間関係などの重要な情報は教えないという、「インサイダー、アウトサイダー理論」が有名です。

つまり、熟練されている労働者は、下の立場の人間が育つことにより、自分の立場が脅かされることを恐れ、下の者が成長することを阻害しようとするわけです。

そのような会社では、新人や中途採用者は全く育たず、給与面でも、低い水準になるため、良い人材は来なくなってしまいます。

そして、会社そのものがダメになってしまうという論理です。

 

少し、学力の話から逸れたように思えますが、この「アウトサイダー理論」が、学力に関わるコミュニティにも応用されると私は考えます。

 

つまり、集団心理の中で、学力の低い人間が多数をしめる場所では、立場の強い「インサイダー」がその人間たちになります。

逆に、少数の学力が高い人間は、「アウトサイダー」とされてしまうのです。

この「インサイダー、アウトサイダー理論」では、アウトサイダーは、インサイダーの生活にあこがれを持ちます。

逆に、インサイダーは、自分の生活が脅かされるのを嫌い、アウトサイダーの良い面を無くそうと、誘惑をしたり、否定しようとします。

その結果、学力の高い生徒は減少し、追いやられ、全体の学力が落ちていくのです。

これが、先輩後輩に受け継がれ、長年の学力低下に結びついてしまいます。

 

その長年の風習を打開するのは容易ではありません。

熱意のある教員や、学力意識の高い保護者が、その中で戦おうとしても、異分子として扱われ、徐々に声を上げることができなくなってしまうからです。

 

こういった地域や学校で、子どもや生徒を守るのは、本当に大変です。

 

では、どうすればいいのか?

それは、簡単なことなのです。

誰かが、「インサイダー」にとっての悪者の代表として、象徴的な存在になればいいだけです。

会社などでも、改革の時期に、外部から人間を迎え入れるのと同じことです。

そして、その人物が矢面にたつことで、少数派である、熱意のある教員や保護者も声を上げやすくなっていくので、劇的に学力は変化します。

そうして、劇的に変わった学校も、過去に多数存在します。

 

学力よりも大切な事があるという方もいるでしょう。

それは当たり前です。人間として、やってはいけないこと、やるべきことを教えるのは当然に優先されるべきです。

その上で考えてください。

学力の高くない学校は、常に「荒れている」というイメージが付きまとうことを。

将来の自分像が見えない環境では、今の自分を大切にできないからです。

 

学力は、自分の未来に直結する場合が多いので、今を大切に考えることができるのです。

将来に夢がある人間は、今の自分を大切にします。

 

夢であふれる学校は、荒れません。

野球選手でもサッカー選手でもいいのです。音楽家、芸術家、小説家、なんでもいいんです。

しかし、その門は狭く、才能や指導者、そして運にも左右されてしまいます。誰もが、その夢を持ち続けることはできません。

 

しかし、学力が関連する夢は、本人の努力と、応援する保護者、そして熱意ある指導者が連携すれば、一番叶う可能性がある未来像なのです。

 

この地域がいつまでも、将来の夢であふれる、努力する人間がたくさんいる場所であって欲しいといつも思っています。

将来のメジャーリーガー、金メダリスト、ワールドカップ代表、ショパンコンテスト優勝者がいてほしい。

その上で、将来のノーベル賞受賞者や、芥川賞、直木賞、ピューリッツァー賞の受賞者もいてほしい。

 

そういう未来に協力できるのなら、私は誰かにとっての「悪者」になってもかまわないと思っています。

 

明日からGW休みです

明日からGW休み。

普段、休みがないので、この休暇を利用して、墓参りなどをしなければいけません。

後は、個人的な用事で、県外にでます。

たまに宮城県を離れないと、休日まで仕事のことを考えるタイプなので、頭の切り替えに、必要なのです。

 

皆様方においても、良き休日でありますように。

 

ブログは誰が読んでる?

できるだけ、ブログを毎日更新しています。

どんな人が読んでいるのでしょう?

麻布学院は、有名ではない、ひっそりと存在する塾なので、一般の方には読まれていないと思います。

塾の保護者の方や、塾生でも読んでいる人がどれだけいるのか不明です。

 

しかし、塾業界関係者は、何故か読んでいるらしいのです。

反響が一番あるのが塾業界。

やはり、他塾の状況は気になるのでしょうか?

このブログは、卒業生や、保護者、塾生、塾を探している方々への情報発信とコミュニケーションの場なのですが。

 

もし読んでいる一般の方がいれば、会ったときでも教えて下さいね。

励みになりますから。

4月29日~5月5日まで、ゴールデンウィーク休業です。

塾長日記もお休みします。

 

麻布学院の伝説のヒーロー達

麻布学院は、受験に向かう姿勢が身に付きます。

全員が、自分の限界に挑戦する塾です。

高校受験を通して、勉強する時間の使い方、方法。

そして、一番大切なことを学びます。

「自分に限界は持たない。限界はない。」

 

ですから、大学受験で、彼らは周囲を驚かせる結果を出すことも当たり前にあります。

A君

仙台東不合格⇒仙台育英(英進)⇒早稲田大学

B君

K農業高校合格⇒東京農業大学

C君

仙台西高校不合格⇒東北高校(文教)⇒法政大学

これは、一例。

あげればきりがありません。彼らは、高校受験に本気で挑んだ人間です。

ですから、中学3年生から入試に挑んだ生徒達は、皆、こう思います。

「高校受験は、時間が足りなかった。しかし、高校生活は3年間も時間がある。大学受験にむかって、頑張れば結果はでる。」と

 

仙台一高、仙台二高、宮城一高、二華高校、仙台三高に進んだ生徒

医学部合格は4人(うち1人は東大理Ⅲ)

 

東大、東北大学などの国公立大学

早稲田、慶応などの六大学や、同志社、東京理科大、青山学院、上智大学などに、かなりの卒業生が、進学しました。

中学の受験勉強は、その後の人生を大きく変える。

自分の限界に挑んだ者は、次はさらに大きな限界に挑む、勇気ある挑戦者になれるのです。

 

仙台一高、仙台二高に合格しても、それで燃え尽きたら意味がない。

麻布学院には、見本となる先輩たちの、事例がたくさんあります。

 

「小さな塾の、普通な子供たちの伝説。」

 

多数の中の一人である大手塾とは違い、生徒一人一人の伝説が、毎年語り継がれて行きます。

評定3から一高合格⇒中央大学

仙台一高、受験点数トップ 過去2人

新みやぎ模試 県内第一位 過去19人

麻布学院には、身近なヒーロー達の伝説が、たくさんあります。

 

あなたも、伝説の一人になりませんか?

 

 

麻布学院の指導法

麻布学院の指導法を大まかに説明しましょう。

新中3を例にします。

 

塾の回数は中3前期(部活全日程終了まで)

1コマ90分

週6回(19:30~<平日>18:00~<土曜日>)

中3後期(部活全日程終了後)

1コマ90分

週7回(16:30~21:00)平日

(15:00~20:00)土日

このように、圧倒的な学習量をこなします。

クラス編成は志望校別に3つ

仙台二高、仙台一高、仙台三高、宮城一高、仙台二華クラス

宮城高専、向山、館山、宮城野、南クラス

公立高校クラス

以上の3つです。

 

上位校クラスについては、夏休み明けまでに、各教科全範囲を終了させて、秋からは、ひたすら受験問題の演習に入ります。

ですから、模試や受験問題に強い生徒がたくさん生まれます。

 

中堅クラスは、夏までは、受験重点範囲を何度も演習。

学校の定期テスト範囲(45分)+受験重点範囲(45分)という感じです。

夏期講習で、上位クラスにあわせたペースで進め、合流を目指します。

 

公立高校クラスは、復習メイン。

1年生~2年生の範囲を50分、残り40分は学校の予習。

少人数クラスで、弱い部分を重点的に復習します。

 

自習時間は毎日。

その時間帯は、重点的に成績を上げたい生徒は、先生をあてて、特別授業です。

個別指導で、他の塾生との学力差を埋める手助けをします。

 

その他の生徒については、学校の勉強を自習時間に行います。定期テスト対策を、自習時間でこなします。

 

あくまで、授業は受験勉強、自習は定期テスト対策+復習。

 

そして授業時間、特別編成クラスも存在します。

2人~4人での個別指導をおこなうクラスです。

このクラスは、復習メインです。

基本問題を繰り返し、毎日確認テスト。

やれる範囲を徐々に増やしていきます。

 

先生の人数を惜しまず、成績にこだわりをもって毎年受験に挑みます。

自立心と競争意識を育て、目標意識を強く持たせ、圧倒的な学習量で受験に打ち勝ちます。

 

さあ、今日も頑張ろう!!

リフォーム中。

現在、リフォーム中。

業者さんとの打ち合わせをして、後は大家さんの了解があれば工事開始です。

リフォームと合わせて、建物の耐震強度も調べてもらいました。

鉄筋が、きちんと入っているので大丈夫だそうです。

かなり安心。

鉄筋が入っていると、入居時に説明されていても、見えない部分なので、調査結果がでるまで心配でした。

東日本大震災の時、建物のダメージは無かったので、「鉄筋なんだな」と実感はしましたが、今回、熊本の地震を目の当たりにして、生徒の生命を預かる立場として、きちんとした調査がしたかったのです。

 

きちんと調査結果が出たので、内装のリフォームに入る予定です。

その前に、自分達で出来る部分を塗ったり、打ち付けたり、外したり、棄てたり、買ってきたり。

今日はまさに、日曜大工状態。

大学時代に、内装のバイトをした経験が、少しだけ役立ちました。

自分でやれることには限りがありますが、生徒が友達を紹介してくれて、恥ずかしい思いをしないように、頑張らないといけないです。

 

今日は、リフォームの日。

自習生徒は先生たちに任せて、いろいろ頑張ろう。

怒るということ

現在の塾業界で、「怒る」という行為はあまりしないと思う。

大きな塾であるなら、きちんとクラス分けがされており、入塾の時点で、ある程度の進学先を塾側が設定しているからである。

うちの塾のように、評定3.9の生徒を、仙台二高へという考え方はしないだろう。

 

逆に、個人塾は、各塾のホームページにある合格実績を見る限り、そもそも、上位校志望の生徒が少ないのだと思う。

 

上記のように、大手塾と個人塾の棲み分けがはかられ個人塾は、集団授業ではなく、個別指導に切り替えが進んでいるのだろう。

人手が足りない部分は、パソコンやタブレットを使った個別指導などを導入したり、大手塾とは違う客層を取り込もうと頑張っているのだと思う。

 

麻布学院の場合は、評定が低い生徒や、中途入塾の生徒でも、志望校が上位校なら、その高校を目指す指導をする。

その指導には努力が必要で、そういった生徒の場合、個別指導で、上位クラスの生徒達との差を縮める手助けをしなければならない。

 

その志望校を「本気」と信じて、その為に環境を用意し、費用も塾が負担する。

個別だからといって、授業料を上げたりはしない。

 

しかし問題はある。

評定が低い生徒や、途中から入塾した生徒は、どうしても上位クラスとの目標意識が違う。

本気で志望校に合格したいなら、この目標意識を変えなければならない。

 

学力も、上位クラスと比べれば、劣っている場合が多い。

であるならば、一番努力すべき生徒は、彼らなのである。

 

その場合、本気で怒らなければならない。

塾も本気で合格させようとしていることを示さなければならない。

 

入塾してみるとわかるのだが、生徒と私の距離は近い。

めったに怒らないからだ。

 

しかし、人生を大きく変えようとする人間が目の前にいるならば、私も本気で挑まなければならない。

 

私は、一番怖いのは、「怒る」ではなく「無関心」になることだと思っている。生徒の成績に「無関心」にはなれない。

怒るのは嫌いだ。その生徒が辞めてしまうかもしれない。

気持ちが伝わらなければ、「あの塾は怖い」と言われてしまう。

 

けれど、「無関心」でいていいのだろうか?

 

その子の「志望校」を「言ってみただけ」と勝手に大人が判断していいのだろうか?

塾屋が、現在の成績だけで「生徒の未来」をクラス分けなんてしていいのだろうか?

 

私は違うと思うのです。

常に生徒の気持ちを「本気」だと受け止め、受験の合否には、塾が一番責任を感じなければならないと。

 

塾屋は「本気」であるべきです。我々は公務員でも学生でもなく、成績を上げれなければ意味のない「塾屋」ですから。

 

怒るのって嫌いです。

体力も使うし、悪くも言われる。

本当なら怒りたくない。

でも、耳触りの良い言葉だけを言って、毎年毎年、ただ新しい生徒が入れ替わるだけの塾にはしたくないんです。

そんな無意味な歳の取り方は、断固としてしたくない。

 

だから、これからも怒ります。

生徒の未来と人生が、この一瞬にかかっているかもしれないから。

 

だから今日も明日も私は「本気」です。

無関心」にはなれないし、なりたくもありません。