AGミツバチ検定教室、生徒募集。

いよいよ、来月からスタートとなる、AGミツバチ検定教室

生徒募集を開始いたします。

 

本教室は、あまり利益を目的としておりません。

運営できるだけの料金設定といたしました。

ミツバチ国語教室・・・日本語検定、漢字検定を受験できる、仙台市でも数少ない「国語」専門教室です。日常は、各種検定に向けた学習と、学校の勉強にあわせた文章問題を、しっかりと学習できます。

日本語検定は、あまり馴染みのない検定だとは思いますが、検索すれば検定の問題を観ること確認できます。中学生になってから、必ず役に立つと私は思います。

ミツバチ算数教室・・・算数検定を受験できる教室です。仙台二高などは、数学の出来る生徒を欲しています。医学部受験者の多さからみても明らかです。その数学力をアピールする手段として、算数検定、数学検定は最適です。

日常は、学校のにあわせた勉強と、算数検定に向けた学習となります。

ミツバチ英語教室・・・英語検定を受験できる教室です。二華中学は、高等部の二華高校において、国際力の強い生徒を前期募集要項にあげています。

英会話だけでは、残念ながら日本の教育では評価されない現状です。その英会話と文法を兼ね備えたものが、この英語検定です。

日常は、楽しく英語を学びながら、検定合格を目指します。

 

(指導曜日、指導時間)

ミツバチ国語教室・・・毎週月曜日 週1回

指導時間・・・15時~18時までの時間帯

ミツバチ算数教室・・・毎週水曜日 週1回

指導時間・・・15時~18時までの時間帯

ミツバチ英語教室・・・毎週金曜日 週1回

指導時間・・・15時~18時までの時間帯

(料金)

各教室 1800円(消費税別)

母子家庭支援として30%支援 1260円(消費税別)

2教室受講割引として20%支援 2880円(消費税別)

3教室受講割引として30%支援 3780円(消費税別)

教材費 年間5000円

検定受験月は、受験料が加算されます。

他塾にありがちな、授業料に加算されるような大きな負担は一切ありません。

上記の料金のみとなります。

地域支援を目的としましたので、支援策も充実させてもらいました。

担当先生も、女性スタッフのみです。

 

沢山のご応募お待ちしております。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月25日

最初の試練は120%の力で!!

高校受験という試練は、中学受験をしていない生徒達にとって、今後の人生に変化をもたらす、初めての大きな試練。

人生において、趣味や交友関係に割く時間を抑えてでも取り組まなければならない大きな出来事など、数回あるか無いか。

その、大きな試練はもうすぐそこまで来ています。

 

私は思うのです。

この最初の試練で80%の努力しか出来なかった人間は、その後の人生において、80%の努力がその人の100%になってしまうと。

つまり、20%の妥協をしてしまう事で、80%=100%と錯覚してしまうのです。

逆に、この最初の試練で120%の努力をした人間は、今後の人生においても、120%=100%と良い意味での錯覚を持って努力できる人間になれると私は思います。

最初の試練で、120%の努力をした人間にとって、次に試練が迫った時、ふと最初の試練を思い出すものです。

あの時よりは辛くない」と。

そして、最初の試練が辛ければ辛いほど、こう思います。

あんな辛い思いをする前に、日常から努力をして、新たな備えよう」と。

 

ですから麻布学院は、高校受験に挑む生徒達に、120%の努力を求めます。120%の指導を行います。

次の試練で「あの時よりは辛くない!だからもっと出来るはず。」と生徒が思えるように。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月24日

塾長は、塾長という名の専門職。

ここ数日、保護者面談が相次いでいます。

中3生の保護者は、やはり受験が迫っていますから、不安になるのは仕方がないことだと思います。

麻布学院では、保護者との連携を強化するため、年に3回の定期面談を行っています。

それとは別に、保護者から要望があった場合も、必ず面談を早期に行うようにしています。

成績のこと、私生活のこと、学校生活のことなどその内容は多岐にわたります。だから、塾長の仕事とは、カウンセラーと同じ。

もともと、大学でそれに近い学問を学んでいたこともあり、麻布学院を開校してからも、心理学や哲学、教育論などから、ゴシップの類まで、常に情報として目を通し、面談で活かせるような何かを探しています。

面談の時間も、大体平均で1時間半はかけるようにしていますし、次の予定が入っていない場合、ご要望があれば、何時間でも面談に時間を割いています。

 

保護者が、その塾で、どんな授業を普段行っているか確かめたいのであれば、面談の時、塾長や教室長の話し方や内容をじっくり聞いてみるとわかると思います。

その内容がマニュアルどおりなものであれば、授業内容もマニュアルどおりで応用がきかず、ひたすら問題と答え合わせばかりの塾だと思います。

内容が、資料や知識にかたよるものであれば、授業中、コミュニケーションや学習の興味づけが下手な塾だと思います。

保護者に対して、心に刺さる言葉が無いのならば、普段の授業でも、生徒の心に刺さる言葉が言えない塾長や教室長ではないでしょうか?

塾の塾長や教室長に必要なもの。

それは、知識など当たり前のことを頭に入れた上で、その知識を相手に伝えるとき、いかに心に刺さる言葉に出来るかどうかなのです。

 

麻布学院は、「心に刺さる言葉」が日常のように溢れる塾であるよう、心がけています。

この刺さる言葉が無い塾長は、塾長ではなく、事務職や営業職であると、私は思います。

塾長とは、塾長という専門職であるべき。

その専門職に一番必要な技術は、「心に刺さる言葉」であると私は断言します。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月23日

 

 

足場が設置されました。

塾の外装リフォーム及び耐震強化作業のための足場が、塾の四方を囲むように設置されました。

この全面改装で、麻布学院の外観は、全く違うものに生まれ変わります。それぐらい大掛かりな工事です。

生徒達も友達を紹介するたびに、塾の外観で恥ずかしい思いをさせていたと思います。

せっかく訪れて頂いた、保護者の方も、外観で訪問を躊躇う方もいらっしゃったことでしょう。

ですが、今回の改装により、その心の負担を少しでも無くすことが出来れば幸いです。

この工事は、塾全体の耐震工事も兼ねております。建物は鉄筋工事がなされておりますが、それに加えて、さらに安全性を高めるものとなっております。

大切な生徒の安全面を第一に、工法を検討し、改築リフォームをいたします。

尚、足場には、塾上部につながる階段なども設置されております。

塾でも注意書きや、口頭で注意いたしますが、保護者各位の皆様も足場には近づかないよう、ご子息ご令息に、一言口添えをお願いします。

 

尚、麻布学院の看板も、足場に覆われて見えづらい状態です。

初めて訪れる方には、塾の場所が、確認しづらい状況だと思いますので、予めお電話でご一報ください。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月21日

アクティブ・ラーニング

 

麻布学院では、社会の授業に「アクティブ・ラーニング」を取り入れようと思っています。

宮城県教育委員会の高等学校入学者選抜審議会でも、受験問題に、アクティブ・ラーニングの要素を取り入れるべきと、何度も審議されていることを見ても、その存在を無視する訳にはいかないと思ったからです。

アクティブ・ラーニングとは、グループディスカッション、体験学習、調査学習、ディベートなど、勉強を受動的ではなく、能動的に行う勉強です。

学習塾という立場では、このアクティブ・ラーニング導入は、非常に難しいものだと私は考えています。

何故なら、この勉強法には、目に見える点数などの結果が出ない事が最大の難だからです。

学習塾に求められる最大の要素は「学力」です。

学力には様々な形があり、物事を受動的に考える力も、学力の中にある1つの要素です。

社会に出たときに必要な、プレゼンテーション能力や営業力などの育成には、必要不可欠です。

どの業種でも、会議などで、グループディスカッションや、ロールプレイングを行う会社は増えています。

確実に、将来必要になる要素なのです。

しかし、学習塾に求められる物は、定期テストや模擬テスト、実力テストの点数、そして受験の結果です。

ですから、成長をはっきりと示す事が出来ないアクティブ・ラーニングは、必ずしも、保護者や生徒から求められる学習ではないのです。

 

学校教育においては、積極的に導入を検討し、実行しています。

麻布学院の近隣中学校でも、熱心に取り入れています。

学校教育の場では、非常に重要で、将来に役立つ学習の積極的導入は、素晴らしいと思います。

 

その将来に向けての学習を、学習塾で、どのように導入すべきか。

難しい問題ではありますが、これからの教育には必要不可欠と言えるものなので、社会の授業に、月1回のペースで導入する予定です。

 

アクティブ・ラーニングのみの受講生も募集するつもりです。

興味がある方は、ご一報ください。

麻布学院の生徒は、バラエティ豊か

前にも触れましたが、麻布学院は、個人塾でありながら、生徒の構成はバラエティ豊かです。

宮城野中学校を筆頭に、東華中学校、附属中学校、東仙台中学校、沖野中学校、上杉山中学校、岩切中学校、五橋中学校と、様々な学校から、通ってもらっています。

小学校では、原町小学校、榴ヶ岡小学校、宮城野小学校、新田東小学校、南材木町小学校と、こちらも多彩。

個人塾で、これだけバラエティ豊かな塾は、麻布学院以外にあまり例がないと思います。

遠い場所からでも通う意味や価値がある。

そう思っていただけるのであればとても嬉しいことです。

特に、新田地区や五橋地区は、生徒に聞いてみると、それ程通うのに苦はないようです。

五橋地区から自転車で15分、新田地区からも自転車で15分~20分。

今まで、こちら側で遠い遠いと感じていた地域が、実はそんなに時間がかからないと、生徒に教わりました。

今まで、送り迎え以外の生徒は、面談でお断りしてしまっていた地域なので、申し訳なく感じています。

今後は、これらの地域や、それ以外の地域でも、麻布学院を必要とされるのであれば、積極的に受け入れる体制を整えることにします。

お住いの地域と、麻布学院の距離でご検討を迷う方がいらっしゃれば、1度ご相談ください。

時間面での融通も利かせられるのが個人塾の強み。

解決策があるかもしれません。

沖野や岩切からでも、十分、通えてもらえる状態ですから、大抵の地域は大丈夫だと思います。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月19日

全面リフォーム工事のお知らせ

このたび、麻布学院では、塾の外壁及び屋根の全面リフォームを行います。

より快適な環境を目指し、塾の耐震性向上もはかる大掛かりな工事となります。

近隣各所様においては、ご迷惑となることのないよう、配慮いたしますので、何卒ご理解下さい。

工事に際して、塾の外壁に足場が組まれることとなります。

初めて麻布学院を訪れようとする皆様には、指標となる看板などが足場によって見えない状態になると思いますので、訪問前に、電話などでご連絡ください。

このような大掛かりな改装工事に至れたのは、関係各所様のご尽力の賜物です。

有難うございます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月18日

知ってもらいたい

今年は、ホームページを開設し、ブログなども書くことによって、それを見た方からの問い合わせと入塾がかなりありました。

麻布学院は、従来の方針として、紹介と口コミでここまで育てて頂いた塾です。

ですから、塾業界の同業者からは名が知られていても、一般の方々に全く知名度がありません。

そんな中で、今年から私の意向を強く経営方針に打ち出し、授業内容、生徒の指導方針、保護者面談のあり方などのソフト面、塾の内装外装のリフォーム(11月終了予定)などのハード面。

その両方において改革に取り組んでいます。

ブログをアップ後に、すでに何件かのお問い合わせをいただいた、ミツバチ検定教室もその新しい試みです。

 

麻布学院に在籍する生徒の成績は、誇るべきものです。

もっと、広く世の中に知ってもらいたいのです。

 

例えば、小学生から通塾している生徒の、ナンバースクール合格率は、8割弱もあります。

 

近隣中学校の、今年の中3生実力テストで、10位以内に6~7人。毎回麻布学院の生徒は入っているんです。

もちろん、その全ての1位は麻布学院の生徒です。

昨年も、10位以内に7名。もちろん1位は麻布学院の生徒が独占していました。

 

新みやぎ模試10月号においても、県内平均269.0点に対して、麻布学院の塾内平均点は402.9点。

塾開設以来、新みやぎ模試の県内1位を19名輩出しました。

昨年は、新みやぎ模試実施月の全8回中5回、麻布学院の生徒が県内1位を獲得しました。

今年度も、9月時点において、新みやぎ模試実施月4回中2回は麻布学院の生徒が県内1位です。

今年度から導入した、宮城ぜんけん模試では、麻布学院の生徒が1位を独占しています。

新みやぎ9月号では、県内1位を筆頭に、県内100位以内の生徒が12人もいます。

 

今年の入試では、生徒数、わずか16名で仙台二高4名、仙台一高2名、宮城一高2名、東京私立高校1名という合格実績もあります。

これは、今年度だけではなく、生徒数が多ければ多いほど、その年度の合格実績は必ず比例してきました。

生徒数25名以上いた年は、ナンバースクールに20名以上の生徒を合格させることができました。

 

麻布学院の生徒達の頑張りと、成績の実績は、これだけ素晴らしいものなんです。

3年前に評定平均3.2の生徒を仙台一高に合格させることもでき、昨年は、平均評定3.9の生徒を仙台二高に合格させることができました。

評定の高い低いに拘らず、生徒の志望校に対する真剣な思いを叶えるために、ひたすら真摯に向き合ってきた麻布学院の姿勢が、今の受験制度でも通用するという証明だと思います。

 

大手塾が、来ては消え、来ては消えるこの地域。

個人塾やフランチャイズの個別塾も、出来ては消え、出来ては消え。

塾開設から現在まで、近隣塾が消えて行くのを眺めながら、それでもこの地域にしがみついて、麻布学院の存在意義を模索しながら、ひたすら成績と合格実績にこだわって、頑張ってきました。

 

しかしながら、麻布学院も変化の時が来たのだと思うのです。

その変化をもたらすための、いろいろな塾内改革や、情報発信を行うことに決めました。

もっと麻布学院を世の中に知ってもらいたい。

もっともっと、麻布学院の生徒達が頑張る姿を、世の中に伝えたい。

私は純粋にそう思いながら、毎日毎日ブログを綴っています。

1人でも多くの人たちに、仙台の片隅にある小さな塾の素晴らしい生徒達の伝説を知って欲しくて・・・・・

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月17日

 

今年の中3に賭ける思い

 

今年の中3に賭ける思いは、とても強いものがあります。

私が中1から中3までの3年間、全てにおいて塾で任された学年だからです。

ですから、今年の麻布学院の生徒は、この数年の麻布学院の生徒とは少し違うような気がします。

決まり事を守ることを重視し、都度、何かがある度にこまめに注意をしています。

それは、保護者からお聴きした家での生活態度しかり、生徒から耳にした、学校での生活態度しかり。

塾は受験勉強をする場所。学校のテストは学校の授業で真剣に学ぶこと。

それが私の方針です。

今年の生徒は、その方針をしっかりと守り、上位校を受験する生徒は、その登竜門というべき、中3の5教科4.4以上という目標を、全員達成しました。

高い評定を出してくれた先生には、感謝し礼節をもつこと。

思うような評定では無かった場合は、自分の態度を顧みて、非があればきちんと謝罪し、生活を改善すること。

どうしても、思いつかない場合は、私にそれを聞くのではなく、学校の担当の先生に、何が自分に足りないのかを質問し、日々の努力を心がけること。

その結果、仙台育英東大選抜の授業料免除を得るための条件である、中3、5教科4.4以上という目標を達成できました。

努力と誠実さ、礼節と結果。

この4つが重要で、その1つでも欠けている生徒は、上の目標評定には達しないものです。目標の点数にも達しません。

今までの卒業生とは違い、今年の中3生には上の4つを伝えて来ました。今後もその方針は変わりません。

この学年においては、上の4つを欠く行為は許すつもりはありません。

 

塾長である私自身が担当してきたこの学年。もし何等かの問題があれば、全て私の責任です。

それだけに、今年の中3生に賭ける思いも強いんです。

努力、誠実、礼節、そして結果。

私が伝え続けたことが、これからの受験に向かう時期、きちんと守れるよう指導していきます。

 

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年1015日

 

ミツバチ検定教室について

創設に先立ち、ブログで構想を書きました、「ミツバチ検定教室」について、お問い合わせが複数ございました。

ブログのみの告知に関わらず、有難うございます。

来月からの募集予定であったため、その概要はまだ告知しておりませんでした。

ですので本日は概要を告知いたします。

 

本教室は、あまり利益を目的としておりません。

運営できるだけの料金設定といたしました。

 

ミツバチ国語教室・・・日本語検定、漢字検定を受験できる、仙台市でも数少ない「国語」専門教室です。日常は、各種検定に向けた学習と、学校の勉強にあわせた文章問題を、しっかりと学習できます。

日本語検定は、あまり馴染みのない検定だとは思いますが、検索すれば検定の問題を観ること確認できます。中学生になってから、必ず役に立つと私は思います。

ミツバチ算数教室・・・算数検定を受験できる教室です。仙台二高などは、数学の出来る生徒を欲しています。医学部受験者の多さからみても明らかです。その数学力をアピールする手段として、算数検定、数学検定は最適です。

日常は、学校のにあわせた勉強と、算数検定に向けた学習となります。

ミツバチ英語教室・・・英語検定を受験できる教室です。二華中学は、高等部の二華高校において、国際力の強い生徒を前期募集要項にあげています。

英会話だけでは、残念ながら日本の教育では評価されない現状です。その英会話と文法を兼ね備えたものが、この英語検定です。

日常は、楽しく英語を学びながら、検定合格を目指します。

 

(指導曜日、指導時間)

ミツバチ国語教室・・・毎週月曜日 週1回

指導時間・・・15時~18時までの時間帯

 

ミツバチ算数教室・・・毎週水曜日 週1回

指導時間・・・15時~18時までの時間帯

 

ミツバチ英語教室・・・毎週金曜日 週1回

指導時間・・・15時~18時までの時間帯

 

(料金)

各教室 1800円(消費税別)

母子家庭支援として30%支援 1260円(消費税別)

2教室受講割引として20%支援 2880円(消費税別)

3教室受講割引として30%支援 3780円(消費税別)

教材費 年間5000円

検定受験月は、受験料が加算されます。

他塾にありがちな、授業料に加算されるような大きな負担は一切ありません。

上記の料金のみとなります。

地域支援を目的としましたので、支援策も充実させてもらいました。

担当先生も、女性スタッフのみです。

 

教室開校は、11月を予定しております。各種検定については、それぞれのホームページでご確認ください。

お問い合わせは今日から随時受け付けております。

来月から誕生する、ミツバチ検定教室をよろしくお願いします。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月14日