新みやぎ模試12月号。塾内平均点報告。

 

新みやぎ模試12月号の塾内平均点をご報告します。

先月が県内平均点高めので、その反動で難しくしたのか県内平均点が243点という低さでした。

12月ですので、初めて模試を受けるような生徒さんたちも多かったとは思いますし要因の1つではあります。

ですが243点はやりすぎです。

このぐらい受験の点数が下がってくれれば麻布学院にとって追い風な受験になるのですが、ここ4年間の受験問題を見ているとそれは期待できなさそうです。

 

新みやぎ模試12月号塾内平均点

(麻布学院25名全員)

国語 79.1点(県内平均57点) +22.1点

数学 82.7点(県内平均43点) +39.7点

社会 85点(県内平均51点) +34点

英語 76.6点(県内平均45点) +31.6点

理科 78.5点(県内平均47点) +31.5点

5教科 401.9点(県内平均243点) +158.9点

 

ギリギリで400点を超えました。危ない点数です。

数学と社会で80点を平均が上回ったことで達成です。

 

(仙台二高・仙台一高受験コース・ナンバースクール受験コース)

19名

国語 81.7点 +24.7点

数学 87.9点 +44.9点

社会 89.2点 +38.2点

英語 81.2点 +36.2点

理科 82.5点 +35.5点

5教科 422.5点 +179.5点

コース全員が仙台三高までの点数はクリアしました。

麻布学院は数学と社会に絶対の自信があります。

 

今回もなんとか保護者にも顔向けが出来る点数になりました。

新みやぎ模試は後2回しかありません。

1月号2月号は更なる仕上げで全員志望校Aランク以上を目指そう!!

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月16日

定期テスト450点プロジェクト

 

現在、来年の新中1生は10名を超えました。

麻布学院に小学生から通っている生徒も多数いるのがこの学年の特徴です。

お世辞ではなく、仙台二高と仙台一高を目指せる生徒がいると思います。

しかしながら、素晴らしい才能を持ちながら、受験で結果を出せなかった生徒は今まで何人もいます。

その原因は何か?

そこを追及すれば、答えは簡単です。

 

最初の定期テストで自信を持てる成績を出せなかったことにより、自分の評価を低い位置に設定してしまったからです。

保護者の皆様にとって、一番大切な定期テストはいつのテストかと問えば、中3生の前期であるとお考えでしょう。

確かにそこも大切です。

しかしながら、中3生ともなれば、自然と生徒は必死になります。

差がつく原因は中1生の最初の定期テスト結果なのです。

最初の定期テストで480点以上を出した生徒は、自分の限界を480に設定しているので、その後の点数も安定します。

常に480点を基準として3年間の定期テスト目標とするからです。

480点を獲れれば、学年10位以内には入れるでしょう。

現在の定期テストは、上杉山中や附属中などの特例を除けば、反復学習のみで480点が獲れるように出来ています。

問題のほとんどが、学校から渡される家庭学習帳から出題されるからです。

学校の先生方も、本来は、家庭学習帳以外の問題を出題したいのは山々だと思います。

しかし、今も世の中、それ以外から多く出題した場合、保護者からのクレームが入ることも多々あります。

ですから、出題の多くが家庭学習帳から出題され、それを何度も繰り返し反復学習することで、定期テストの点数が獲れるのです。

 

麻布学院は、あくまで受験塾ですので、受験につながることを中心に塾を運営しています。

麻布学院の目指す生徒像は、学校の定期テストと実力テスト、そして模擬テストの成績が、同じになる生徒です。

定期テスト450点、実力テスト450点、模試450点。

これが理想です。

定期テストで460点が獲れる生徒が、模試で400いかないという話を良く耳にします。

それは、定期テストの勉強と、受験勉強を混同しているからです。

受験勉強には、先取り教育が必要です。

そして、なにより大切なことが、常に復習を怠らないことです。

学校の定期テストには範囲が決めれれており、その試験が終われるともうその範囲は、次の定期テストに出題されません。

勉強も、家庭学習帳の同じ問題を繰り返し覚えて練習しただけですから、応用力を試される問題はやれていないのです。

社会や理科に関しても、範囲が終われば二度と教科書を開くことはありません。

生徒の中で、その範囲は終わったものと認識しているからです。

 

そんな生徒達を模試や実力テストで点数が獲れるようにするのが本来の塾の役割です。

大手塾のトップクラスは受験に関する事以外はやりません。

ひたすら受験に向けて先取り学習をし、難しい応用を生徒に解かせ、受験に備えています。

学校のテストについては、生徒自身が努力して欲しいと言うスタンスです。

それが進学系の塾の姿であり、麻布学院も本来はその姿勢です。

 

しかし、大手塾のトップクラスは、小学生からその塾にいたり、入塾テストで選ばれた生徒です。

地域的にも進学意識が高い地域に点在しています。

自分のことは自分で出来る子供たちの集団なのです。

 

しかしながら、麻布学院に入塾テストはありません。

今までは、広く小学生を募集することはなく、1学年で3人いれば多いぐらの人数でした。

中3生の定期テスト1位の生徒は小学生から麻布学院にいた生徒ですし、附属中で2位になった生徒も麻布学院に小学生からいた生徒です。

しかし、大半の生徒は普通の小学生が、中学生になってから入塾してきます。

入塾テストもないので、本当に普通のご家庭の普通の子供たちです。

ですから、自分で自主学習は出来ないのです。

そのやり方がわからないのです。

その状態のまま、最初の定期テストを迎えてしまうので、480点どころか400前後になってしまう生徒います。

 

ですから今度の新中1生には、定期テストで1位を獲得している先輩たちの勉強法をしっかりと最初から伝授し、すでに中1生の範囲が終了している生徒も、一度、中1生の最初に立ち戻り、最初の定期テストに備えることとしました。

本来、家庭で学校の勉強をしてもらうため、宿題は生徒や保護者が望まない限りありません。

各自、生徒が自己判断でやりたいものを選択して家庭や塾の自習時間に自主学習をしています。

しかし、そのやり方だと、どうしても模試や受験に近い物を選ぶ生徒が多くなってしまいます。

受験ベース、模試ベース、実力テストベースの勉強法に偏ってしまうのです。

そうなると、学校のテストは何となく430ぐらいは獲れるからという適当な勉強をしてしまう生徒が出てしまう結果となります。

 

ですから、新中1生には、定期テスト450以下にならないように、家庭での勉強法を教え、宿題としてその勉強法を定着させ、最初の定期テストまでは保護者の皆様にも協力を仰ぎ、必ず全員、定期テスト450点以上を達成しようと思います。

本来は480点を目指したいのですが、それはあくまで定着した後の目標であり、全員が達成できる目標としたのが450点です。

現在、すでに授業形式で、中学1年生の最初の定期テスト範囲を徹底的に繰り返し教えています。

家でやるテキストも全員配布済みです。

450点プロジェクトは、順調に進んでいます。

何度も言いますが、中学3年間で一番重要な定期テストは、中1生の最初にある定期テストです。

麻布学院は、最初の定期テストに向けて、どこの塾よりも全力で取り組むつもりです。

全員で450点以上を達成し、中学3年間の全ての定期テストに自信を持てるように頑張りましょう。

 

冬期講習中の小学生は時間帯が変わります。プリントを配布しますのでご確認ください。

また、中学生準備講座をご希望の方は、小学生の週3回料金を頂いた場合は冬休み中、毎日通っていただけます。

内容は、毎日塾に通うことで塾が常にあるという気持ちの面での準備と450点プロジェクトを実施します。

是非ご検討ください。

兄弟姉妹が中学生で塾生の場合、小学生の塾代は無料です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月15日

1月には麻布学院、塾説明会も行うつもりです

 

12月。

まさに師走な状態です。

面談に授業にあくせくと働いています。

おかげさまで、小学生が爆発的に増えました。

麻布学院は二華中・青陵中受験ではなく、将来ナンバースクール合格を目指すための塾です。

二華中や青陵中の合格には、学力だけではなく地域の合格者数という見えない壁があるのは確かです。

ですが仙台一高や仙台二高・仙台三高ならば学力で勝負が出来ます。

来年からは受験制度も変わり、現在の後期受験に強い麻布学院にとって追い風の受験制度になります。

5年生6年生が二桁いるのは心強い。

このぐらいから学力を育てることが出来れば塾としても助かります。

 

毎年公立高校受験コースに進む1名~2名以外の小学生及び中1生当初からいる生徒は全員模試で仙台二高・仙台一高の合格判定を14年間出して来ました。

その結果が生徒281名中仙台一高・仙台二高合格者110名

ナンバースクール合格者159名

仙台南以上+関東私立の合格者186名(仙台南・向山・仙台高専+ラサール・慶応女子・芝浦工大柏など)

 

定期テストでは

宮城野中・東華中では何名もの校内1位

他、上杉山中・附属中・五城中・南小泉中・西山中・沖野中などでも校内1位を輩出しました。

http://azabu-blog.manabiya.tv/?p=2445(450点プロジェクト概要)

来年も定期テスト450点プロジェクトを行います。

 

1月には麻布学院、塾説明会も行うつもりです。

現在その準備もしています。

もうすぐ冬期講習も始まります。

新中1生・新6年生・新中2生の入塾は大歓迎です。

基本小学生はウェルカムです。

いつでもお電話ください。

 

入試・塾説明会は日時が決まり次第、ホームページにてご連絡いたします。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月14日

麻布学院の週2回や個別に需要はありますか?

 

ここ1ヶ月、お問い合わせが毎日のようにあります。

中3生は募集を締め切りさせていただいております。

1名欠員はでましたがこのまま24名で入試にむかいます。

問題は中2生です。

凄い数のお問い合わせを頂いてはいるのですが、遠距離からの毎日授業は難しく、入塾まではいたりません。

いつもお願いされるのが、週2回や個別でお願いできないかということです。

原則、麻布学院は毎日授業です。

習い事やクラブチームなどで週に1回2回休む生徒はいますが、全員が毎日授業に賛同してくださった保護者様と生徒です。

だからこそ今まで数字と結果を出し続けてこれたと思います。

 

ただ、この数ヶ月、本気で麻布学院を必要としてくださる保護者様や生徒さんが毎日授業と毎日の送迎で入塾は難しいと断念される際に

「週2回や3回での入塾は駄目ですか?」「個別料金をお支払いするので週2回では?」

などとの要望がかなりありました。

残念ながら全て今までは難しいとお答えしてきました。

学力を向上させることへの不安以前にスペースの問題があります。

 

しかし今日、当塾の建物を所有する大家さんが麻布学院の裏側にあるマンションの1階に突然空きが出たので借りてくれないかと言われました。

大家さんにはリフォームでもお世話になり、何とかしてあげたい気持ちもあります。

しかし、おいそれと借りれる賃料でもありません。

そこで、その賃貸物件を個別指導や週2回の教室にすればもっと広く麻布学院を必要としてくれる生徒さんや保護者様に貢献できるかもしれません。

それでもかなり赤字になるはずです。

今も毎日5~7人の講師を毎日用意しています。

塾長2名が毎日出勤することでなんとか黒字になる程度です。

毎日3~4人のクラスに講師2名~3名を用意すれば当たり前に利益が出ません。

3名のクラスにも個別料金ではなく全員料金は変えずに成績を上げるための投資として我々が働くことで赤字にならないよう頑張って来ました。

 

ですから毎日授業と言うスタイルは変えたくないのですが・・・・・

これだけ望まれると必要性を感じています。

そこに「きて大家さんからのお願いです。

現実迷ってしまいます。

どうしたものか・・・・

今までこういう時に動かずに上杉山教室や新田東教室を出すタイミングも逃して来ましたし、逆に動かなかったからこそ今の麻布学院があるとも言えます。

教室も成績への投資ですから増えるにこしたことはありません。

かなり迷っています。

需要があればメールやお電話ください。

10件以上あるのであれば思い切って借りたいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月13日

本日もお問合せあり。

 

本日もお問い合わせがありました。

今日は利府と上杉の方からです。

上杉山中は、今まで在籍した生徒のうち1人、志望校に合格させてあげることが出来ませんでしたが、他は全員トップ校に合格しています。

当たり前に宮城野中の生徒は多いのですが、上杉山中もこの時期から毎年増えます。

利府は、塾までの距離が遠いので、余程保護者の意志が強くないと毎日通うのは難しいと思います。

最初の体験1週間で、ほとんどの生徒さんが保護者に無理だと言います。

それは当たり前に毎日塾が嫌なのは仕方ないですし、保護者の反応を見て逃げたいと思うのが普通です。

誰もが楽を少しでもしたいと思うものです。

ですが、保護者がそれを認めず入塾してしまえば90%の生徒たちが受験まで塾を辞めません。

2週間目から劇的に変化します。

遠方からお問い合わせを頂く場合は、この点をご確認ください。

 

成績が劇的に変化すれば生徒は自分で勉強するものです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月12日

麻布学院に中学生が通える範囲。

 

本日もお問い合わせを頂き、本当に感謝にたえません。

最近は本当に遠い地域から入塾希望の生徒さんや保護者様からご連絡を貰い、体験入塾までは大丈夫なのですが、やはり毎日通うとなると生徒さん、保護者様ともに難しいと思います。

週2回や3回の塾であれば可能であっても麻布学院は毎日塾がありますので遠方からですと負担は大きくなりますし、通塾の時間を考えても近隣の塾ではどうしても駄目という方以外は負担に感じると思います。

ここで今まで15年間、麻布学院に通ってくれた生徒の在籍中学を書きますので参考にして下さい。

 

宮城野中・東華中・上杉山中・附属中・五城中・南小泉中・五橋中

東仙台中・岩切中・高砂中・八軒中・台原中・沖野中・田子中

西山中・仙台二中・幸町中・青陵中・ウルスラ英智・中野中

以上の中学から生徒が通ってくれました。

 

(15年間の定期テストで1位を獲得した中学)

宮城野中・東華中・上杉山中・附属中・沖野中・西山中・仙台二中・五城中

(定期テスト10位以内獲得中学)

東仙台中(最高順位2位)・岩切中(最高順位2位)・高砂中(最高順位5位)・幸町中(最高順位8位)・五橋中(最高順位8位)・青陵中(最高順位7位)

以上のような成績を残せています。

ですから、この範囲内の中学であれば通塾は可能だと思います。

岩切や中野中のある福室を円周の端と考え、麻布学院を中心点に円を描いた範囲内であれば通塾は可能でかつ成績も残した実績があるということだと思いますので、参考にして下さい。

岩切中学校から麻布学院までが6.8km、中野中学校までが7.4km、高砂中がまでが7.7km。

その内側に沖野中5.8km、台原4.5km、仙台二中4.1km、上杉山中3.8km、南小泉中3.6km、西山中3.5km、五城中3.5km、五橋3.5km八軒中3.1kmです。

近い中学ですと東華中1.3km、宮城野中170mです。

 

最近、宮城野中の次にお問い合わせが多い、東向陽台中までは11.6km、富沢中までは6.9kmあります。

富沢中は通える範囲かもしれませんが、地元に塾も多いと思います。まずはそちらで塾を探し、どうしてもという場合はお問合せ下さい。

東向陽台中に関しては、正直遠すぎると思います。

上の2校を含め、西多賀中、館中、愛子中、広瀬中、名取市や岩沼の中学校、高森、寺岡、桜ヶ丘、長町などからこの3週間お問合せをいただきました。

体験授業をした生徒さんもいますが入塾にいたっておりません。

近隣中の生徒さんでも体験1週間で、毎日授業は無理という方もいますので、遠い地域での負担は大きいと思います。

余程、保護者様の意識と意志が強く、最初の2週間は必ず通わせる自信があるという場合ならば入塾出来るケースもあるかもしれませんが、大変ではあると思います。

負担を覚悟の上ですと言われれば麻布学院は必ず期待にお応えします。15年間そのようにしてきました。

これからも変わりません。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月11日

入塾ラッシュ。

 

本日もお問い合わせを頂きました。

おかげさまで、お問い合わせは毎日ある状態が続いています。

麻布学院は月曜日~土曜日まで毎日90分授業があり、ほとんどの生徒が授業前に自習に来る塾です。

中3生の部活引退後は16:30~21:00までは授業。

21:00~22:00までは自習。

男子や女子のお迎えの生徒は最大22:30まで自習をしています。

遠い地域からのお問い合わせは本当に嬉しいのですが、現実的に通える生徒は少ないと思います。

 

ここ1週間は、やっと動きの遅いこの地域の生徒さんや保護者様からのお問い合わせが来るようになり、続々と入塾してもらえる時期になりました。

全員の入塾を認めれば中1生以外は25名を超える勢いです。

小学生の入塾も好調で、毎日お問い合わせを頂いております。

 

麻布学院は他塾と違い、毎日中学生の生徒が塾に全員集まります。

建物に中1生~中3生が日曜日以外の全ての日に集合しますので、座席を増やすのも限界があります。

こと問い合わせの多い中2生の学年は、何かの対策をしない全てのお問い合わせをお断りすることになってしまいます。

余裕がある中1生の定員までの数5名を中2生に割り振る事も考えていますが、すでに小6生が2桁いますので、それをやると来年度の人数が大変なことになるかもしれません。

入塾希望の方がいれば、やり繰りが出来る今のうちにご連絡ください。

どこかの学年をやり繰りしなければ中3生・中2生・小6生は募集停止になる状態です。

それは出来るだけ避けたいのが本音なのですが・・・・

必要としてくださる人たちに応えられない事は失礼ですし、塾側も無念なんです。

 

入塾ご希望の方は体験だけでも早くご検討ください。

退塾した生徒さんの復帰も麻布学院は拒んで降りません。

いつでもご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月10日

生徒への投資は未来の塾への投資。

 

本来、日曜日は中3生のみが授業の日で、中2生・中1生の授業はお休みの日です。

ですが多くの自習に来る生徒が来るのが普通の風景です。

ですから、毎週日曜日には、本来必要が無い講師を多く配置して自習に来た生徒に教えてもらっています。

自習の場合は1対1や1対2の個別になる場合も多く、特に新しく塾に入塾してきた生徒で自習に来る者に、必ず講師をつけて授業を入れています。

もちろん、自習ですので講師を用意すれば塾の赤字です。

個別でも麻布学院は料金が変わりません。

これは全て生徒の将来への投資です。

麻布学院は、利益を重視するのではなく生徒の将来への投資を重視します。

それが結局は、トップ校281人中110人合格や定期テスト1位、県内1位などに繋がり、塾を支えてくれる要素になるのです。

麻布学院は15年間、ずっとこうやって損得勘定ではなく、私は思い描いていた未来の麻布学院に投資して来ました。

まだ、その理想に達していないので投資は続けます。

誰もが第一志望校に向かって頑張れる塾。

それを誰もが目指す力に育つこと出来る塾。

理想・未来>利益

それが麻布学院の考え方です。

生徒の未来への投資は、塾の未来への投資です。

 

今日来ている講師も、元の教え子ばかり。

未来への投資が着実に実ってくれています。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月9日

お問い合わせは数あれど・・・

 

今日だけでお問い合わせがすでに3件ありました。

ここ数週間1日1件に近いペースでお問い合わせがあります。

おかげさまで、中2生は後2名で25名。

1枠、塾に復帰する生徒の枠をあけておかなければなりませんので実質あと1名で25名です。

中3生は1名抜けましたが24名。

今日、中3生のお問い合わせがあり、お話しによっては前向きに検討したいと思っています。

 

中1生はまだ15名で枠が5名分あまっていますが、お問い合わせの数は凄い頂いています。

しかし、遠い地域、例えば名取・富沢・泉区・明石台・向陽台などの地域ばかりで、1週間の体験後、やはり送り迎えの大変さから入塾にいたらないケースがとても多いです。

麻布学院は普通の塾とは違い毎日塾があります。

遠距離からの送り迎えの場合、保護者の負担も大きくなります。

生徒自身も毎日授業の特性から、余程保護者の気持ちが強い場合でなければ、生徒自身の判断は全て疲れた・無理だになると思います。

体験終了後2週目に入れば、ほとんど辞める生徒がいなくなるのは、生徒側は本当に疲れている訳ではなく、毎日塾が嫌だから言っている場合が多いということだと思います。

体験1週間を終えて2週間目になると、本当にやる気が変わります。

麻布学院の一員になる覚悟が出来るのでしょう。

 

麻布学院は一切お問い合わせの後追いをしません。

お断りのお電話を頂けば情報は全て破棄しますし、そもそもお名前と学校名ぐらいしか体験時にお聞きしません。

たまに連絡なしの場合がありますが、その場合は無条件で2週間経過すれば情報を破棄しています。

麻布学院の体験入塾は、本当に生徒を変えるようです。

最近何かを変えるためには1週間の体験入塾のみを希望される保護者様も増えました。

そういった希望があっても1週間は無料で体験できますのでお金を頂くことは一切ありません。

ですから、ここ数週間、体験の生徒が毎日2名~3名いる状態です。

何かのお役に立てれば幸いです。

 

麻布学院には各中学の1位や10位以内の生徒、新みやぎ模試県内1位獲得者4名、宮城ぜんけん模試県内1位獲得者多数が在籍しています。

大手塾とは違い、その生徒たちとつばぜり合いのような近い距離で直接模試で戦うことも出来ます。

やはり生徒が変わるには、ある程度の強制・保護者の強い意思・強烈な目標となるライバルの人数が必要です。

 

麻布学院の近隣中学は、学年が変わる時と夏期講習前に生徒が動く地域です。

1年生は5名の余裕もありますし、いつでもお問合せください。

 

小学生は本当に増えています。

嬉しい限りです。

 

麻布学院が必要だと思う生徒さん・保護者様は気軽にお電話ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月8日

もう少し交流を持とう。

 

麻布学院は、どちらかと言えば閉鎖的に14年間運営してきました。

私はセミナーなどには一切参加しません。

もう1人の塾長は良く参加していますが、私は14年間で1か2程度です。

業者さんや高校関係者様もある特定の人以外はもう1人の塾長が対応しています。

生徒の成績に集中したいので人間関係を限定しています。

ですが、最近は少しだけ交流を持つべきかもと思うようになりました。

まだ何をしたいか自分でまとまっていないので、ある程度考えがまとまれば声をかけてみたいと思います。

今日はあまり内容の無いブログで申し訳ありません。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月7日