カテゴリー別アーカイブ: 未分類

宮城ぜんけん模試。中1生。

 

本日は、宮城ぜんけん模試の中1生の結果報告です。

(麻布学院受験者数19名)

470~ 1名

460~ 3名

450~ 3名

440~ 1名

430~ 0名

420~ 5名

410~ 1名

400~ 1名

390~ 2名

350~ 1名

290~ 1名

合格判定

仙台二高合格ランク獲得 9名

仙台一高合格ランク獲得 13名

仙台三高合格ランク獲得 17名

19名中、17名が仙台三高相当以上の学力だと判定は出ました。

残り2名は

仙台高専合格ランク獲得 1名 仙台東合格ランク獲得 1名

新しく入塾した生徒が4名いますので、ナンバースクール相当の合格判定が出ていない生徒に関しては、入塾者含めて少数個別体制で対応しようと思っています。

中学1年生は、各学校の成績上位者が集まっています。

本来であれば、後4名を仙台一高合格ランクまで引き上げておかなければなりませんでした。

この結果をふまえ、今後の指導方針の改革を行います。

 

麻布学院は小さな1教室の個人塾です。

しかし、今年度だけでも定期テスト実力テスト、宮城野中1位2位、上杉山中1位、南小泉中1位、東華中1位、東仙台中2位、五城中2位など、これだけの成績上位者が塾全体で在籍しています。

中3生は、新みやぎ模試8月号県内1位、宮城ぜんけん模試第2回県内1位を麻布学院の生徒が獲得しました。

 

麻布学院は、個人塾です。

教室数も宮城野区原町という、青葉区や太白区、泉区と比較して教育意識が高いとは言えない地域に1教室です。

しかしながら、そこに通生徒たちの向上心と競争意欲、努力は上記の結果と実績を見てもらえば一目瞭然だと思います。

 

麻布学院は過去13年間、そして今年、さらなる未来においてもこのスタイルは変えません。

塾に求められるものは数字と結果。

麻布学院は常に、数字と結果に拘りを持ち続けます。

 

中1生、中2生で後1名、生徒を募集いたします。

どちらかの学年で1名の入塾があれば募集を停止いたします。

入塾希望の方が御座いましたらご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月19日

宮城ぜんけん模試。中2生。

 

まずは、今回の台風被害にあわれました方々にお見舞い申し上げます。九州地方はこの数年、台風や地震などで災害が続いております。教え子が九州の高校にいますので、少なからず心が痛みます。

早期の復旧復興をお祈りいたします。

 

本日は、先月実施いたしました宮城ぜんけん模試2年生の結果報告です。

宮城ぜんけん模試の場合、中1生、中2生は「北海道」「関東」「宮城」の合同開催になりますので、宮城県の県内順位はデータで解析できる範囲になります。

データによる順位で言えば、麻布学院の生徒が県内1位2位3位の上位独占でした。

受験者数が少ないので当たり前の結果です。

 

麻布学院受験生徒数 27名

 

(上位2コースの生徒たち21名)

仙台二高合格判定 9名

仙台一高合格判定 10名

仙台三高合格判定 17名

宮城一高合格判定 21名

上位2コースの生徒たち全員がナンバースクールの合格判定が出ています。宮城ぜんけん模試の場合、内申点も加味されますので、評定合計点数120前後の生徒も点数で判定を勝ち取った形です。

 

(公立高校受験コースの生徒たち6名)

仙台東合格判定 2名

名取北合格判定 1名

宮城工業合格判定 3名

この学年には7名の公立高校受験コースの生徒たちがいます。例年であれば、2名~3名のコースですが、このコースの人数が多いのがこの学年の特徴です。

まずは、宮城広瀬、仙台工業、仙台高校、名取北、仙台西、利府などのランクをクリアし、さらに仙台東、多賀城、宮城野、三桜などの中堅高校に合格できる学力に引き上げられればと思っています。

 

麻布学院はブログにおいて、数字と結果を中心に据えております。

ホームページには、過去13年間の合格実績、昨年度の合格実績、料金など、数字と結果、実績は全て掲載しております。

塾に求められるものは、数字と結果、そして実績であると私は思います。

これからも、麻布学院のブログは、数字と結果、実績にこだわって書いて行こうと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月18日

 

 

M中学実力テスト。

 

昨日は、中1生にお説教をしましたが、この学年はきちんと結果を出しています。

今回のM中実力テストでは、学年1位、2位を含めた5人が10位以内に入っています。

中3生の実力テストでも1位は麻布学院の生徒でしたので、2学年制覇ですね。

2年生については、元々、数学に特化している生徒たちが多いので、中3生になれば、必ず実力テストの上位を独占できると思います。

麻布学院は、評定が150台でも仙台一高や仙台二高に合格者を出しています。

それは、麻布学院の生徒たちが模試や実力テストを大切なものと考え、常に真剣勝負で挑み続け、授業では受験問題を毎日解き続けているからです。

近日、中1生、中2生の新みやぎ模試と宮城ぜんけん模試の結果をまとめて報告いたしますが、麻布学院の模試での強さを実感してもらえると思います。

 

麻布学院の生徒数は、M中学全体の5%にも及びません。

ですが、毎年、仙台一高と仙台二高の合格者の3分の2が麻布学院の生徒です。

今年の受験では、1名しか在籍生徒がいない沖野中と附属中の生徒が両名ともに仙台一高と仙台二高に合格しました。

麻布学院は13年間で全生徒数の40.38%の生徒を仙台一高と仙台二高に合格させてきました。

ナンバースクールで言えば56.92%の合格率です。

この結果は、実力テストや模試に強い麻布学院の強みだと思います。

他塾には無い特色と言えば、圧倒的な学習量と厳しい授業、そして模試や実力テストの強さとナンバースクールの合格率です。

勿論、定期テストの1位も毎年輩出しています。

 

ただ今2名の体験授業をしている生徒さんがいます。

募集定員の3名まであと1名です。

体験入塾希望の方がいらっしゃればご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月16日

 

今日は怒ります。

 

夏期講習以降、私は中3生に集中しています。

受験生ですからね。

麻布学院は塾長2人体制なので、役割を分担しています。

しかしながら、今回の定期テスト結果にはかなり不満があります。

特に中1生。

今まで、定期テスト、模試と結果を出しているだけに、油断があった気がします。

400点を超えないであろう生徒が数名います。

その生徒たちはもちろんのことですが、それ以外の生徒たちも勉強量が不足していたと思います。

今日の授業で結果が出揃うと思いますので、今日は90分かけて気合を入れなおします。

定期テストの点数で90点以下は認めません。

ミスであろうが90点以下は90点以下。

今日は怒ります!!

勝って兜の緒を締めよのことわざではありませんが、兜の緒が緩んでいたと思いますので、ぎっちりと締めなおします。

こういった結果を出してしまった瞬間にきちんと対処をしないと、その点数が自分にとっての普通であると生徒は妥協してしまいます。

今日は本気で怒ります。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月15日

中3生。第2回宮城ぜんけん模試結果報告。

 

宮城ぜんけん模試の中3生第2回の結果報告です。

全体の受験者数が680名と少ない人数ですので、県内30位以内を報告します。

県内1位 県内8位 県内16位 県内24位 県内24位

以上5名でした。

当然県内1位は麻布学院の生徒が獲得しました。

これで、新みやぎ模試8月号の県内1位と2冠獲得です。

ぜんけん模試は、評定とあわせた合格ランクになりますので、上位校をめざす生徒にとって、受験に近い判定と言えます。

 

 

麻布学院 受験者20名

仙台二高の合格判定が出た生徒数 8名

仙台一高の合格判定が出た生徒数 9名

仙台三高の合格判定が出た生徒数 11名

宮城一高の合格判定が出た生徒数 15名

仙台高専の合格判定が出た生徒数 16名

20名中15名がナンバースクール相当の合格判定です。

 

麻布学院は、中3生が21名の小さな塾ですが、妥協すること無く全員が勉強に励んでいます。

昨年も、新みやぎ模試、宮城ぜんけん模試において県内1位を独占状態で獲得しました。

これで今年は県内1位が2回。

生徒を鍛えに鍛え上げる麻布学院の学習量に耐えれる生徒たちのほとんどがナンバースクール合格相当の学力を身に着けます。

 

中2生と中1生で合計3名の募集をかけております。

20名をどちらの学年も超えています。最終募集になるかもしれません。

ご希望の方がいらっしゃればご連絡ください。

合計3名に達した時点で一時締め切りとさせて頂きます。

 

麻布学院は志望校に一切の妥協をしません。

厳しい指導と圧倒的な学習量で志望校合格を全員で目指します。

知る人ぞ知るという小さな塾です。

生徒たちはほとんどが近隣中学の生徒です。

 

普通の生徒たちを鍛え上げて県内トップレベルに。

13年間の合格実績は、ホームページのトップに表示しております。

ご確認ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月14日

中3生実力テスト。

 

M中学校の実力テストの結果が出ました。

この学年には、新みやぎ模試の県内1位がやっと誕生したばかりです。

もちろん、その生徒が学年1位を獲得しました。

しかしながら、例年であれば、4人~7人が上位10位以内に麻布学院の生徒が入っているはずなのですが、今回は3名のみ。

学年200人を超える大きな中学校の実力テストで、この学校の在籍生徒数が14名足らずの麻布学院なので、悪い結果ではありません。

しかしながら、生徒のほとんどが11位~35位の中に埋没しており、本気で取り組んだとは言いがたい結果だと思います。

今回の定期テストでも、この中学に在籍するほとんどの生徒が、450点を超えるペースではあるのですが、平均点が高いようですから、順位は実力テストと同じような結果になりそうです。

この学年は、成功体験が少ないのが低迷している原因だと思っています。

良くはないが悪くもないという位置に大半の生徒が甘んじています。

つまり、仙台一高や仙台二高を受験するような学力と気力には欠けているが、仙台三高、宮城一高や二華、仙台高専などを受験する学力と気力は持ち合わせている感じです。

他の中学から塾に通っている生徒たちも、同じような成績です。

決して悪くはありません。

模試でもある程度の結果は出ています。

しかし、この成績に甘んじてはトップ2校の合格は難しいと言わざるを得ません。

 

例年に無く難しい学年だと思います。

受験まで時間が無いので、クラス替えをしっかり行い、同じようなランクの高校を受験する生徒たち間での競争意識を高めよう思います。

今年の受験は覚悟の上ですが、難しい舵取りになりそうです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月13日

生徒たちは強い。

 

麻布学院の生徒たちは、精神面がとても鍛えられています。

厳しい授業で有名な麻布学院ですが、生徒の精神力の強さはそれで養われる訳ではありません。

生徒の精神力の強さの秘密は、常に生徒間で与えられ続けるプレッシャーにあります。

麻布学院は、卒業生の中に各学年、必ず新みやぎ模試の県内1位が存在して来ました。

その伝統はとても重く、下の学年には大きなプレッシャーとなります。

当たり前の話ですが、学校の定期テスト1位も必ず存在して来ました。

麻布学院の在校生には、常に新みやぎ模試、宮城ぜんけん模試の県内1位と定期テスト学年1位という卒業生が守り続けた伝統が受け継がれるのです。

それを達成していない学年の生徒たちは、毎回、プレッシャーを受けつつ切磋琢磨し、我こそはと、そして次こそはと競い合いながら成長して行きます。

 

命題を達成するには、上位クラスの生徒たちの誰1人として、学習に手を抜いてはなりません。

何故なら、1人でも手を抜き遅れが出れば、授業のペースにも遅れが出てしまうからです。

上位クラスのトップ層は、常に県内1位や学年1位を狙い努力をしています。

ですから、そのトップ層と同じ上位クラスにいるものの勤めとして、自分も努力し、相応の学力を身につけることで命題の達成に寄与する必要があるのです。

ですから、麻布学院の上位クラスの生徒たちは、常にプレッシャーを受け続けます。

しかし、その場に居続けることで、いつの間にか、全生徒が定期テストの上位や1位、新みやぎ模試の100位以内や県内1位を狙える位置に上り詰めることが出来るのです。

 

それは中位クラスの生徒にとっても同じです。

理科と社会については全体授業になります。

しかも中3生になれば、理社のどちらかは毎日授業があるのです。

そこでもし、上位クラスの生徒たちがパーフェクトな答えを出しても、中位クラスの生徒たちが答えられなければ授業は停滞します。

それを上位クラスの生徒たちも私も絶対に許しませんし、見捨てることはありません。

何故ならば、上位クラスの生徒たちはそのプレッシャーに耐え続けた生徒たちであり、中位クラスの生徒たちも努力をすれば必ず成績は上るものと信じているからです。

その結果が、上位クラスの全員が仙台一高、仙台二高に合格できる学力へ全員が到達し、県内1位も学年1位も獲得することにつながります。

その結果が、中位クラスの全員が仙台三高、宮城一高、仙台高専、二華高校に合格できる学力へ全員が達し、その中の半数の生徒が上位クラスに編入できるようになるのです。

上位クラスと中位クラスの厳しいプレッシャーを受ける姿を授業中に見ている公立高校クラスの生徒たちは、他人事とは捕らえずに、次は自分たちがプレッシャーを受ける順番だと必死で勉強をするようにないます。

 

その成果が出るのは夏期講習が終わった頃です。

今年の中3生は、上の学年にも下の学年にも、常にプレッシャーをかけられて、私からも伝統の重みを言われ続け、苦しんで来ました。

その過程で、例年には無い上位クラスの人間にも退塾が出るくらいプレッシャー受けて来た学年です。

それに耐え続けた成果が、新みやぎ模試県内1位であり、上位クラス全員が仙台一高、そして仙台二高のトップ2校の合格判定であり、中位クラス全員のナンバースクール合格判定であり、公立高校クラス全員が志望校よりもかなり上の学校の合格判定につながりました。

学年1位も県内1位も手にし、全員が志望校合格判定を出すことで、表情が大分変わりました。

この自信こそが次の学年へのプレッシャーとなるのです。

そして伝統は受け継がれるのです。

 

生徒全員が、これを3年間受け続けるのでうから、精神力は鍛えられます。

その精神力が、高校受験、大学受験での大きな力となります。

http://azabu-blog.manabiya.tv/?p=1815

上記のリンクから、麻布学院の奇跡をご覧ください。

塾に在籍した生徒たちのプレッシャーに打ち勝った精神力の賜物です。

 

プレッシャーに耐えられず、塾をやめてしまう生徒もいます。

厳しい環境ですから、1つの学年の3年間で、平均2名~3名。

多い学年では5名くらい3年間で辞めて行く生徒がいる学年もありました。

その度に、私は自分の方針に迷います。

今の時代に合っているのか?

自分に大きな落ち度があったのではないかと?

 

しかし、麻布学院は今まで、卒業生たちが泣きながら、眠い目をこすりながら、伝統を引き継ぎ、そして次の学年へと繋げてくれた上で成り立つ塾です。

常に進化は考えています。

しかし、私も伝統を受け継いだ1人です。

重いプレッシャーを人一倍感じているのは、当たり前に生徒たち全員の努力を見てきた私です。

如何なることがあろうとも、伝統は守り続けます。

そうでなければ、卒業生たちに申し訳がたちません。

講師の大半が教え子たちです。

今の私が昔と違う対応で、成績を大きく落としてでも塾の利益と保身に走っていたとすれば、軽蔑されてしまうでしょう。

 

私はいつの時代も麻布学院塾長であり続けます。

自分自身にかかるプレッシャーと、生徒が辞めてしまった時に感じる辛さに打ち勝ち、変わらぬ鬼軍曹であり続けます。

 

中3生、全員。

合格判定おめでとう!

県内1位おめでとう!

バトンを繋いでくれて有難う!

この勢いで定期テストも次の模試も、そして受験も全員で乗り切ろう!

 

中2生、中1生も繋がったバトンを自分たちで途切れさせることが無いように、頑張っていこう!

私はこれからも鬼軍曹として君たちと一緒に戦います。

時には君たちの前に立ちはだかる大魔王として、時にはともに戦う仲間として、一緒にプレッシャーと戦おう!

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月7日

新みやぎ模試8月号、県内順位。

 

少しだけ体調を崩し、何日かお休みを頂いておりました。

申し訳ありません。

回復いたしましたので、本日より出勤いたしました。

ブログも5日ぶりとなります。

 

今日は、新みやぎ模試中3生8月号の県内順位を書こうと思います。

麻布学院は、塾創立以来13年間、毎年続けて新みやぎ模試の県内1位を獲得して来ました。

今年14年目の学年は、今まで県内1位を獲得できず、生徒たちも繋いできた伝統のプレッシャーを重く感じていたと思います。

今月ついに、県内1位が誕生しました。

過去、在籍してくれた生徒たちにもこれで顔向けが出来ます。

正直、ホッとしました。

 

(新みやぎ模試8月号、県内100位以内)

県内 1位 

県内 10位 県内 65位 県内 89位

県内 95位 県内 100位

以上6名でした。

この学年は、現在21名。

塾生の28.57%の生徒が宮城県100位以内の計算です。

この数字を35%に上げるべく頑張ります。

(塾生の偏差値)

偏差値 76 1名

偏差値 73 1名

偏差値 71 2名

偏差値 70 2名

偏差値 69 2名

偏差値 68 仙台二高合格ライン

偏差値 67 3名

偏差値 66 1名 仙台一高合格ライン

偏差値 65 1名

偏差値 63 2名 仙台三高合格ライン

偏差値 62 2名 宮城一高合格ライン

偏差値 61 1名 仙台三高理数、宮城一高理数合格ライン

偏差値 51 1名 仙台東、多賀城合格ライン

偏差値 49 1名 仙台高校合格ライン

偏差値 46 1名 仙台西合格ライン

 

偏差値70以上の生徒が6名。

仙台二高の合格判定が出る偏差値68以上が8名。38%

仙台一高の合格判定が出る偏差値66以上が12名。57.1%

仙台三高の合格判定が出る偏差値63以上が15名。71.4%

宮城一高の合格判定が出る偏差値62以上が17名。80.9%

ナンバースクール以上の偏差値59(二華)以上が18名。85.7%

 

今年は例年よりも、1年生から在籍していた生徒が少なく、半数以上が2年生以降に入塾した生徒です。

夏期講習で、圧倒的な学習量を厳しい環境の中でこなしてきた成果が出ています。

ここから受験まで、息を抜く時間は1秒たりともありません。

入塾時に目標としていた高校のランクは、ほとんどの生徒がクリアしました。

やっとここまで来たのだから、合格できる学力を身につけるため、さらなる努力を重ねましょう。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月6日

麻布学院といえば。

 

麻布学院といえば、模擬テストと実力テストのイメージだと思います。

実際、受験指導塾ですので、模試や実力テストで無類の強さを生徒たちは発揮してくれます。

しかし、今年度から、定期テストにおいても麻布学院の力を如何なく発揮できるようプログラムを組んでいます。

前回の定期テスト結果については下記のリンクからご確認下さい。

http://azabu-blog.manabiya.tv/?p=1869

 

今日から麻布学院は本格的に定期テスト対策へと移行します。

定期テストまで残りの期間、中1生と中2生は、学校ワークや過去の出題傾向にそった教材を利用し、定期テストに備えます。

 

難しいのは、中3生のこの時期。

せっかく夏期講習で培った受験に向けた学力が、定期テスト対策に集中すると受験問題の反復学習が出来ないので、低下する傾向があるからです。

中3生は、明けて1月に私立高校の入試があります。

今年も関東の私立高校を受験する生徒がいますので、冬休みが明けて直ぐに受験です。

ここから定期テストまでの10日間~13日間が受験の結果を大きく左右するといっても過言ではありません。

すでに9月です。

受験まではあっという間。

定期テストに備えながらも受験的学力は下げないように、「塾の授業時間」「自習時間」「自宅学習」で上手くプログラムを組んで対応しようと思います。

過去13年間で全生徒の40.38%を仙台一高と仙台二高に合格、全生徒の56.92%をナンバースクールに合格させてきた麻布学院の力の見せ所だと思って緻密に計算をしプログラムを組みます。

 

 

※ 麻布学院過去13年間の合格実績は、ホームページ上に掲載しています。ご確認下さい。

※ 過去の合格者につきましては、全て塾内に掲示しております。 塾生であれば、全ての生徒が確認できます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月1日

 

生徒募集について。

 

夏期講習も終わり、現在定期テスト対策授業に切り替わりました。

模試で生徒の成績も安定しており、塾に若干の余裕が出来ました。

ですので、少人数にはなるでしょうが生徒の募集を再開いたします。

中3生に関しましては、難しいかもしれません。

夏期講習が終わり、受験対策がかなり進んでいる状態です。

しかし、中2生と中1生に関しましては、2~3人の入塾が可能になるかもしれません。

来週、問い合わせが来ている1件とあわせて、2学年あわせて2名~3名生徒を募集いたします。

今年は、生徒募集をかけると、毎回すぐに定員に達してしまい、お問い合わせいただいたにもかかわらず、入塾にを断念してもらった事が何度もありました。

今回の募集も直ぐ定員に達する可能性があります。

ご検討の方がいらっしゃれば、お早めにご連絡ください。

 

2年生の公立高校志望コースのみ定員(定員6名、現在7名在籍)に達しています。

こちらの募集は終了しておりますのでご了承ください。

(募集)

中1生 公立志望コース1名

高専・進学校志望コース 最大2名

仙台一高・仙台二高・仙台三高志望コース 最大2

いずれのコースも、全体の入塾人数が3名に達した場合、募集を停止いたしますのでご了承ください。

 

中2生  高専・進学校志望コース 1名

仙台一高・仙台二高・仙台三高志望コース 最大2名

いずれのコースも、全体の入塾人数が3名に達した場合、募集を停止いたしますのでご了承ください。

お問い合わせお待ちしております。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年8月30日