新みやぎ模試2月号結果報告

 

新みやぎ模試2月号結果報告です。

塾内平均

国語 83.3点 県内平均61点 +22.3点

数学 79.2点 県内平均46点 +33.2点

社会 94.1点 県内平均53点 +41.1点

英語 86.6点 県内平均56点 +30.6点

理科 90.0点 県内平均60点 +30.0点

5教科 435.1点 県内平均276点 +159点

5教科432点で偏差値69ですので、麻布学院の塾内平均偏差値69です。

 

受験者16名中

偏差値70以上 8名

偏差値68以上(仙台二高) 11名

偏差値66以上(仙台一高) 13名

偏差値63以上(仙台三高) 15名

偏差値60(二華59・仙台南58) 1名

 

前期多賀城高校合格・高専推薦合格 2名は受験せず

その他欠席2名

 

塾内平均点が430点を超え、偏差値も69です。

生徒全員が志望校合格判定B~Sです。

宮城ぜんけん模試でも同じ結果でしたので、後は本番次第。

完全に仕上がりました。

毎年このような仕上がりですが、全員合格は出来ていません。

本番は評定を凌駕する得点が必要です。

模試ではそれが出来ていますが、本番でもそれが出来るかわかりません。

昨年、二華高校を受験した生徒たちは評定が低くとも400点をかるく超える点数を叩き出しました。

しかし全員不合格。

新みやぎ模試の調べで375点が昨年の合格80%ラインでしたので、その点数よりも40点上回る生徒が受験不合格となりました。

逆に宮城一高では同じような評定の生徒が417点で合格しています。

新みやぎ模試の調べで401点が80%ラインですので、16点上回れば評定が低くとも合格していたことになります。

6:4と7:3の受験比率も関連ありますが、高校側の考え方もあると思います。

二華高校は評定の高い真面目な学生が理想で、宮城一高は点数の高い生徒が理想だということなのでしょう。

仙台二高は数学の点数が重視され、仙台一高は厳しく採点するのできちんとした勉強をしてきた生徒が理想なのだと思います。

 

今年は昨年の受験を踏まえて、受験校を決定しました。

受験生20名中、2名は受験終了(仙台高専・多賀城高校)

1名は関東の高校。

残り17名中 ナンバースクール以外を受験する生徒が3名

残り14名はナンバースクールを受験します。

仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高です。

芝浦工大柏に合格した生徒は土浦第一に挑戦します。

後は仙台南・宮城野・宮城広瀬です。

受験まで残り2週間。

全員が勝負の時です。

模試では判定が出ています。

自信を持って挑んで行こう!!

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月19日

 

 

 

登校拒否状態の生徒たち

麻布学院にも、過去、登校拒否で学校に行けない生徒たちが何人かいました。

塾に最後まで残った生徒たちは、学校にも通学できるようになり、高校生活においても同じく通学できるようになりました。

例をあげると

中1生中盤~中2生の前半まで登校拒否をしていた生徒が麻布学院に入塾してきました。

その生徒と真剣に話をし、生徒本人の将来について熱く話しました。

そして学校を休まない約束をし、それからは登校を続け、塾も休むことなく通い見事仙台一高に合格。

大学は東北大学に進学しました。

 

もう一人は、1年間で遅刻100回以上という午後からしか学校に行かない生徒が中2生で入塾してきました。

その生徒ともこのままであれば人生の危機であると何度も何度も話をし、他の生徒からその生徒が遅刻したことを聞きだしては怒り続けました。

最初の模試の数学は0点

人生において私は、初めて0点という答案を見ました。

5教科合計で78点。

しかし彼女は塾を絶対に休みませんでした。

最終的に彼女が得意教科となったのは数学。

模試で80点を超えました。

結果公立高校は駄目でしたが、聖和特進で特待生となり、北里大に進学し今は研究職として活躍しています。

 

もう一人は、2年と3学年で遅刻欠席を合わせて100日以上。

中3生になっても遅刻癖は治らず、それでも欠席はしなくなりました。

遅刻したり、欠席したりする度に怒り続け、人生を語り続けました。

そして彼は宮城一高に合格。

 

今まで麻布学院に入塾してきた生徒で登校拒否をしていた経験がある生徒が辞めてしまったのは2名のみ。

その2名も、塾には真面目に来てくれましたし、どうしても学校には行けなくとも、私との話し合いで何度も何度も学校に行こうとはしてくれました。

結果退塾してしまいましたが、私はその2名を評価しています。

 

生徒1名1名に登校拒否をする理由があります。

その理由をあらゆる手段で調べ、保護者に伝え協力し、いじめなどの場合は上級生、同級生、塾の保護者に協力をあおいで解決するように努力しました。

上の3人は成功例を上げただけと言う人がいるかもしれません。

ですが、はっきり言えるのは、登校拒否をしていても仙台一高などのナンバースクールに入れますし、私立になったとしても北里大学のような医学部理系の大学に合格できます。

怖がらずきちんと向き合うことが出来れば、人生を変えてくれる生徒も沢山いるということです。

 

私は塾開設当初、怒らない塾長でした。

その代わり嬉し泣きや悔し泣きを生徒の前でしてしまうどちらかといえば甘い人間でした。

私の人生を変えた出来事は、登校拒否をしてしまうことになるある生徒です。

塾開設当初、新中1生はわずか2名でした。

内心、もうだめかもしれないと悲観したものです。

しかし、その2名ともに定期テストで10位以内。

1人は2位とい成績。

嬉しくて仕方がありませんでした。

2位の生徒が在籍しているのは麻布学院であると聞きつけた定期テスト1位の生徒が、授業を体験してみたいと来てくれました。

受験問題で競わせて、3人とも楽しんで終わったあとすぐに定期テスト1位の生徒も入塾してくれました。

夏の模試では県内1位と県内2位のダブル。

それからは続々と入塾者が増え、20名を超えるまでになりました。

しかし、定期テスト2位、県内2位の生徒が突然登校拒否になってしまったのです。

塾には来ていたのですが、学校を休んだ癖に塾には行っているという心無い言葉が塾外の生徒に広まり、保護者も塾を休ませるようになってしまいました。

塾内の生徒たちは口をそろえて部活内のいじめが原因と私に教えてくれ、保護者にそれを伝えました。

彼は小学校の頃、病気がちで体力が無く、少しでも体力をと入部したのが県内でも全国レベルの選手を抱える部活でした。

当時、その部活は、公立中学でありながら部活のために越境してまで指導をあおぎたい顧問の先生がいた部活です。

積極的にスカウトのようなこともなさっていました。

その部活にまるっきり初心者で体力も運動神経も低い、勉強が出来る生徒が入部してきたのです。

からかいが横行し、勉強が出来るだけで受験ノイローゼという不名誉なあだ名で呼ばれ、上級生の補欠選手が顧問の目を盗んでは個人的しごきのようなことを繰り返していたそうです。

保護者に私が伝えたあと、保護者は顧問の先生に質問をしたところ、いじめは一切無いという返答でした。

その当時、その顧問の先生を中心とした保護者の集まりまであった時代です。

保護者もそれ以上声をあげることが出来ず、彼は病気であるという診断が下されました。

 

私は無念で仕方がありませんでした。

今、麻布学院があるのは彼のおかげです。

彼が引き寄せてくれた定期テスト1位の生徒の紹介で入塾してくれた生徒の多くは仙台一高に進学し、その生徒の兄弟姉妹も仙台一高です。

もう一人の生徒も、仙台一高に進学し、弟も仙台一高、保護者様の紹介で何人もの仙台一高、仙台二高の生徒をだすことが出来ました。

登校拒否を助けることが出来なかった生徒の弟妹も入塾してくれて、妹は二女に合格してくれました。

麻布学院はたった3人の生徒によって作られ守られ成長した塾なのです。

 

私はこのことがあってから、仙台一怖い塾を目指すことにしました。

怖い塾長がいる。

うるさい塾長がいる。

その噂によって、塾生がいじめにあう確率が減り、塾生がいじめにあったと聞けば、塾一丸となり対処して来ました。

自分の塾生がいじめに関与していれば何時間でも怒り続けます。

塾の生徒をいじめている首謀者の保護者と直接お話したこともあります。

私は誰に対しても、いじめには絶対引かない人間を目指しました。

 

自分にも他人にも常に厳しく。常に全てにおいて妥協せず。常に全てを正直に。

麻布学院を作ったのは私ではなく助けることが出来なかった彼なのです。

 

彼は将来がありました。

医者、裁判官、外交官。

彼が望めば叶った未来がいくつもあったはずです。

 

私は部活が嫌いなのではありません。

部活動を守るために嘘をつく人間や、隠し事をする人間が大嫌いなだけです。

そんな人間に人の道を語られても片腹痛いの一言です。

 

今はその顧問の先生も去り、私自身は塾生に何かが無い限りは不満も何もありません。

運動や部活が出来る生徒は褒め、勉強に集中する生徒は勉強ばかりでは駄目だとなじる。

そんな人間は大嫌いです。

しかし私はどちらも尊重します。

与えられた条件で、志望校に合格することを考えます。

 

今まで全校大会に出場した選手の全てが仙台一高と仙台二高に進学しました。

原因となった顧問がいる間に、その部活から仙台一高を何人も出しました。

 

私が今でも志望校に拘る理由、一切手を抜かず、本気で生徒に向き合う理由は助けることが出来なかった彼への贖罪もあるからです。

1人でも多くの生徒の夢を叶える。

それが麻布学院の最大目標です。

それには志望校合格が命題だと私は考えます。

生徒たちが思い描く未来を。

その手伝いが出来るこの仕事は素晴らしい仕事です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月18日

本日は。

 

本日は、中1生と中2生で受験問題勝負をしました。

中1生はまだ関数を習っていないはずですが、麻布学院の上位クラスはすでにどんどん進んでいます。

ですから中2生も本気で挑まないと負けてしまいます。

麻布学院では、このような勝負を日常的に取り入れています。

せっかく各学年に学校の1位や新みやぎ模試の県内1位がいるのですから、互いに実力を競い合う時間を作らないともったいないと思います。

麻布学院にとって、これは当たり前の日常です。

全員が解き終わってから塾を後にしました。

 

麻布学院に入塾すると、どんな生徒でも勉強はするようになります。

何故なら毎日90分は授業があるからです。

更に上位クラスに残るには、自習や自宅学習も欠かせません。

麻布学院のほとんどの生徒が勤勉です。

ですから遊びのような学年を超えた受験問題勝負も常に本気。

下の学年だから負けて当たり前なんて誰も思っていません。

今日は勝負の上位に中2生の中間クラスの生徒たちが並びました。

上に追いつこうと毎日22:30まで自習を怠らないで来ましたから、当然の結果です。

常に本気で挑む。

麻布学院はそれが普通な光景です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月17日

問い合わせ。

 

問い合わせが続いています。

新中1生(現在小6生)も20名を超え定員まであと数名です。

現在の中1生も20名を優に超えていますので、今月で募集を締め切る可能性が高いと思います。

中2生の場合、30名に近い状態ですので正直、余程意識が高い生徒さんでない限り、入塾は難しいと思います。

今年の中3生で中2生から入塾した生徒の現在は、全員仙台三高の合格偏差値を超え、受験校は全員ナンバースクールを選択しました。

新みやぎ模試と宮城ぜんけん模試で県内1位を獲得した2名のうち1名は中2生から麻布学院に入塾した生徒です。

宮城野中1位を何度も獲得した生徒も中2生から入塾。

南小泉中1位を獲得した生徒も中2生から入塾。

芝浦工大柏に合格した生徒も中2生から入塾。

偏差値27から偏差値71まで伸ばした生徒も中2生から入塾。

仙台東志望で入塾し、仙台高専に合格した生徒も中2生で入塾。

仙台工業志望で多賀城高校に合格した生徒も2年生で入塾。

 

2年生以降に入塾した生徒の現在の偏差値は上から

偏差値78 75 74 73 71 70(2名) 66(2名) 62 すでに合格している2名の偏差値は除く

このように、新みやぎ模試でも宮城ぜんけん模試でも志望校を全員クリアしています。

偏差値66が仙台一高合格基準ですので、1名を除く全員がそれをクリアしたことになります。

麻布学院に他塾から移籍する場合、大抵の生徒が成績を大きく落とした状態です。

麻布学院がある宮城野区原町という地域も、意欲が高い地域とは言いがたい地域です。

そもそも意識が高い生徒は中受験をし、駄目だったとしても小学校の時に在籍していた大手塾に残留する生徒が多くなっています。

そんな大手塾でもこの地域では目覚しい合格実績は出せていなかったのです。

今年、前期選抜において初めて大手塾に麻布学院は負けてしまった形で、塾開設以来始めての屈辱です。

しかし、麻布学院といえば後期受験のスペシャリスト。

評定150点台で仙台二高と仙台一高に毎年合格者を出す塾です。

 

今年の受験生は中1生のうちは10名に満たない人数でした。

中2生、中3生から入塾生徒たちがいてやっと20名に達した学年です。

ですから、評定は低めで、学力も落ちた状態で入塾してきた生徒が大多数です。

その生徒たちを鍛えに鍛えこの偏差値まで持ってきました。

麻布学院に不可能はありません。

言われた志望校に忠実に、妥協無くきっちり仕上げます。

後は本番次第。

 

特に今募集している生徒さんは、中受験で結果を出せず、現在の塾に不安や不満があるが残るか迷っている生徒さんと保護者様。

今の塾に入塾した時の模試や定期テストは高めであったのに、現在は成績を落としている状態の生徒さん。

そんな方は優先して入塾を検討します。

上記2つに該当する生徒さんや保護者様はぜひご連絡ください。

 

麻布学院は13年間、生徒総数260名中149名。

57.3%がナンバースクールに合格。

260名中105名が仙台一高と仙台二高。40.3%です。

10人に約6人がナンバースクール。

10人に約4人が仙台一高と仙台二高。

小学生から在籍する生徒のナンバースクール合格確率は8割弱を誇ります。

仙台一高主席合格者3名

仙台一高主席合格者1名

13年間で4名のトップ校主席合格を出しています。

新みやぎ模試の県内1位獲得者は14年間で24名。

在学中の県内1位は現在3名。

 

今年の学校1位獲得校

宮城野中全学年

南小泉中

上杉山中

東華中

学校2位獲得

宮城野中

東仙台中

東華中

五城中

学年10位以内

宮城野中(各学年毎回4名以上)

上杉山中(生徒3名)

南小泉中(生徒3名中2名)

東華中(5名中4名)

五城中(生徒3名全員)

岩切中(生徒1名)

東仙台中(2名中1名)

 

麻布学院に生徒が在籍している学校で10位以内に入っていないのは附属中(2名)と五橋中(2名)と幸町中ですが、附属中の生徒の最高順位は13位。

幸町中の生徒の最高順位は11位。

五橋中の生徒の最高順位は24位。

450点は優に超えています。

 

麻布学院に通塾が可能と思われる地域(今まで問題なく毎日生徒が通えた中学)

宮城野中(随時募集)・東華中・五城中・東仙台中・五橋中・幸町中・西山中・八軒中・上杉山中・沖野中・田子中・岩切中・仙台二中・附属中などの生徒さんは自転車、電車、バス、送り迎えやバスで通える範囲です。

塾の目の前にバス停がありますし、仙石線原町駅は徒歩10分圏内です。

田子中の生徒が仙石線で通塾できたことを考えると、高砂中や中野中も受け入れは可能かもしれません。

 

どちらにしろ受け入れ可能人数はあと少しです。

麻布学院は不可能を限りなく可能に近付ける塾です。

迷っていて動かないままでは世界は変わりません。

お子さんの成績表やテストの点数、模試の評定はただの紙や数字なんかじゃありません。

それらは全てお子さんの未来を映し出す鏡です。

もし、未来に陰りがあるのならば環境を変えてあげるべきです。

 

未来を変える選択肢の1つとして麻布学院があると思います。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月16日

 

ご心配おかけしました。

 

ご心配おかけしましたが、本日より仕事に復帰します。

月曜日に復帰予定でしたが、熱がでてしまい通院後安静にして万全で復帰しました。

ご迷惑をおかけしました。

麻布学院は塾長2名体制ですので、私が休んでも大きく体制に影響はないのですが、気持ちの部分で生徒には申し訳なく思います。

受験が迫るこの時期に2週間近く休みをとってしまいました。

今後は体調と相談しながら、出来る限りのことをやっていきます。

 

麻布学院では、公立高校受験コースの4人中2人がすでに仙台高専と多賀城高校の合格を決めています。

中3生20名中2名が合格を決めましたので、後は後期17名。

17名中、12名は仙台育英東大選抜、東北高校創進、ウルスラtype1で授業料免除の特待生合格を果たしています。

ですからその生徒たちは問題なく第一志望のナンバースクール受験します。

残りの5名中、2名は公立高校受験コースなので合格率が高い高校でと思っていたのですが、東北学院に合格しているため上位校を受験することとなりました。

残りの3名は、ウルスラtype2、東北学院、宮城学院アドバンストなどに合格しているので、第一志望校のナンバースクールを受験します。

 

生徒全員が新みやぎ模試と宮城ぜんけん模試の両方でB~Sランクの合格判定を出しています。

仙台一高と仙台二高、県外の公立ナンバースクールを受験する生徒たちはもちろん特待生合格を果たしています。

麻布学院は、必ず志望校の学力まで引き上げる塾です。

入塾時の成績にとらわれることはありません。

 

塾とは成績を売る仕事です。

緻密な指導書の作成とデータ計算で私は必ず志望校合格判定までもっていきます。

麻布学院において、本気で志望校を目指す生徒の成績管理に不可能はありません。

 

しかしながら、ナンバースクールの受験に絶対はありません。

AランクSランクで不合格になった生徒たちが今まで何人もいます。

昨年は二華を受験した生徒全員が不合格となってしまいました。

 

のきなみ点数開示を見ると400点~430点を超えていたのですが、評定込みでみた時、不合格になってもおかしくはない点数でした。

例年であれば、不合格になる点数ではなかったのですが無念です。

逆に宮城一高を受験した評定の低い生徒たちはほとんど合格でした。

 

受験は何がおこるかわかりません。

今年の受験生は、私立受験において、特待生合格又はそれに準ずる高校に合格しましたので全員第一志望校を受験できます。

第一関門を突破しました。

後は合格を目指し残りの期間を人生最初の大きな山場として全力を尽くすことです。

受験で不合格になって、頑張ったのだから仕方が無いなどと言う生徒で本当に頑張っていた生徒は皆無です。

そんな割りきりが出来るほど麻布学院の生徒たちの努力は小さなものではありません。

悔しいに決まっていますし、後悔が尽きることはありません。

その悔しさをばねに、私立高校に進学した生徒たち大学受験で結果を出してくれました。

 

受験に失敗すれば、悔しいんです。

割り切れるものじゃないんです。

やったんだからと平気で口に出来る人間は、全力を尽くしていなかったから言えるんです。

残りの日にちはもう多くはありません。

出来ること全て、自分に出来うる努力の全てを受験にぶつけましょう。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月15日

 

 

 

 

 

新みやぎ模試中2生冬休み号結果報告

今日も公開が遅れていました新みやぎ模試中2生冬休み号について書きます。

(県内100位以内獲得者)

県内5位 県内5位

県内13位 県内32位

県内72位 県内95位

以上6名でした。

これで中1生~中3生の全ての学年で県内1位を明け渡したことになります。

情けないかぎりです。

自分なりの努力は生徒全員がしているつもりでしょうが、仙台一高と仙台二高に合格できる生徒の努力はこんなものではありません。

今の段階で合格判定が出ていても、中途半端な努力の生徒は必ずランクが消えてしまいます。

偏差値66以上(仙台一高) 12名

偏差値63以上(仙台三高) 17名

偏差値58以上(二華) 19名

仙台一高・仙台二高・仙台三高クラスとナンバースクール受験クラスの19名全員が二華以上の合格判定は出ていますが、内容は良くありません。

今の時期だから判定が出ているだけです。

 

公立高校受験クラス(模試で180~344点)の生徒が6名います。

例年であれば3名ぐらいで構成されているクラスですが、過去の公立高校受験クラスの中で最高人数です。

過去13年間麻布学院の公立高校受験クラスの合格率は100%に限りなく近い数字です。

しかし、この学年の公立高校受験クラスの生徒は単純に勉強をしていないがために点数がとれません。

もう受験まで1年間をきっています。

体調が整い、仕事に復帰したならば今までとは違い、とことん厳しく努力出来るようになるまで指導するつもりです。

 

3学年全て模試で県内1位を逃したことがあまりないので、正直ショックではあります。

今年の中3生は麻布学院創設14年間で一番手がかかりました。

そのために下の学年と関わる機会が減少してしまったことが原因です。

保護者の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ここからは、本格的に成績を上げる指導を行いますのでよろしくお願いします

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月14日

新みやぎ模試中1生冬休み号結果報告。

 

昨日に続きまして、今日は公開が遅れていました新みやぎ模試中1生冬休み号の結果報告です。

(県内100位以内獲得者)

県内2位 県内4位 県内5位

県内15位 県内20位 県内23位

県内39位 県内99位

以上8名が100位以内を獲得しました。

 

中3生に続き、またも県内2位です。

両学年ともに県内1位を逃しました。

 

麻布学院の1年生を構成する生徒は2パターンあります。

他塾で中受験を経験し、中学から麻布学院に入塾した生徒。

T中学年1位やM中学年2位、I中学年6位、T中学年4位など全員が各学校で10位以内に入っています。

もう一つの成績上位者のパターンは小学生から麻布学院に入塾していた生徒達です。

M中1位が2名、K中1位、K中1位、M中2位、T中2位など、各中学の上位を万遍なく獲得しています。

中1生スタートから麻布学院に在籍していた生徒で、退塾した1名を除くと定期テストで1度も450点を超えていない生徒は1名のみです。

模試で言えば、一番偏差値が低い生徒で偏差値63(仙台三高)。

 

わずか20名の麻布学院の中1生がどれだけ努力しているかわかると思います。

中受験で苦い思い出を作ってしまい、今の塾に残ることへ不安や不満がある方がいればご連絡ください。

麻布学院の数字と結果は嘘を言いません。

塾は数字と結果。

私の思いや方針はそれがあってこそ許されるもの。

麻布学院は常に数字と結果を公表しています。

新中1生、新中2生ともに定員間近です。

麻布学院で共に学びませんか?

14年間、新みやぎ模試県内1位が在籍している塾。

それが麻布学院です。

 

2018年合格状況

東北大学 工学部 2名

東北学院 教養学部 1名

仙台高専総合工学科Ⅰ類 1名

芝浦工大柏高校 ジェネラルラーニング1名

関東私立特進 1名

関東私立特進 1名

(関東私立全員合格)

仙台育英特進 15名(全員合格)東大選抜特待合格11名

仙台育英英進 2名(全員合格)

東北高校創進 4名(全員合格)S特待3名 A特待1名

東北学院 5名(全員合格)

宮城学院アドバンスト 2名(全員合格)

宮城学院クリエイティブ 1名(全員合格)

東北学院榴ヶ岡 2名合格

ウルスラ学院特志type1 2名合格(特待生合格)

特志type2 3名合格

聖和特進文理 1名(全員合格)

多賀城高校

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月13日

 

新みやぎ模試1月号県内順位

しばらく体調不良のため、ブログを休止していました。

今日から報告できなかったことを追々書いていくことにします。

 

新みやぎ模試1月号

県内順位100位以内獲得者

県内2位

県内68位

県内81位

県内97位

以上4名となりました。

県内1位を明け渡した挙句、100位以内もわずか4名。

2月に奮起して後期選抜へ挑まなければなりません。

 

偏差値70以上 9名

偏差値68以上(仙台二高)以上 10名

偏差値66以上(仙台一高)以上 12名

偏差値65(仙台三高63)以上15名

偏差値61(三高理数)16名

 

偏差値58(仙台高専)1名

偏差値52 1名

以上の結果となりました。

麻布学院の生徒達は中受験をするような生徒達ではなく、どこにでもいる普通の子供たちが、目標を持ち、努力して学力を上げてきます。

ですから、毎年前期選抜で合格できるような優等生タイプは少ないのですが、後期選抜では近隣中の上位校合格を麻布学院の生徒がほとんど独占します。

後期選抜にむけ、さらなる努力を重ね、合格を勝ち取りましょう。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月12日

 

退院しました。

先週末に緊急搬送され、そのまま入院となりました。

前期選抜の帰還、塾を留守にしてしまいましたこと誠に申し訳ありません。

生徒及び保護者様の精神的負担となってしまいました。

今後は後期に向け、体調と相談しながら全力を注ぐ所存です。

今回の入院で、体調が良くなった訳ではなく、なんとか社会復帰できる段階まできたということです。

持病ですし命の危険もある病気です。

この3年間、本当に寿命を削るながら塾を、生徒の成績をと無理に無理を重ねてきた結果です。

今回2度搬送されましたが、2度ともに幸運が重なり大事なく済みました。

人間、何度も命の危機に瀕すると気持ちが弱くなるようです。

この1年間で計3回。

恐怖心と私も戦いながら、今日、明日、明後日の3日間お休みをいただき、強い自分を取り戻すつもりです。

 

塾とは生徒の人生を左右する職業です。

教育とは、生徒の未来そのものです。

命かけずして何を変えようがあるか!

強い気持ちを取り戻します。

 

ご迷惑をおかけしました。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年2月9日

前期選抜を終えて

昨日、前期選抜の自己採点を行いました。

麻布学院の生徒の多くが、前期選抜を受験します。
「出願条件」を満たしている場合、原則として誰でも受験できますので、
その権利は行使したほうがいいと考えています。

受からなかった時のダメージが大きいのでは?
とお考えになる方もいるとは思いますが、受かると思っているから
落ち込むのであって、麻布学院では、前期を合格するにはどれ位の
点数が必要かを指導していますので、自己採点の時点で合格が
可能かどうかが生徒自身も把握します。

もともと、前期は受験の雰囲気を掴むための一つの機会と捉え、
受かればラッキー位の気持ちで臨んでいます。

5教科受験の後期に強い麻布学院の生徒の本命は、ハナから
後期受験です。

前期選抜の教科ごとの予想点数などを書こうと思ったのですが、
申し訳ありません。

持病の悪化のため本日より、入院の運びとなり、ベッドの上でブログを書いています。

受験前のこの大事な時期に不在にしますこと、誠に申し訳ありません。

1日も早く復帰できるよう、病気と闘いたいと思います。

今年の中3生は、例年以上に私の厳しい授業に耐え、努力をしてきたと思います。

後期はもう直ぐです。

今までの自分を信じ、残り一ヶ月を乗り切り、春にみんなが笑顔でいられるよう、このまま走りぬけよう。