全ては客観的な数字と結果から言うもの。

 

麻布学院は、ブログに数字と結果が客観的に事例として紹介できることしか書きません。

校内順位や模試の県内順位、偏差値などは不動の数字ですし、合格した生徒の開示された点数などは、塾の宝とも言うべき数字です。

例えば、麻布学院には評定4.0以下でナンバースクールに合格する生徒は毎年います。

1人2人ではなく数人は必ずです。

この数字は客観的に、評定が低くともナンバースクールには学力で合格できると言えます。

ですが、仙台一高と仙台二高の場合は、毎年1人~2人評定が低い生徒は合格しています。

前の受験制度では、正直麻布学院は、生徒25名中23名が仙台二高・仙台一高・宮城一女・宮城二女・仙台三高という年もあったぐらい、」評定が全く関係なく合格者を点数で出していました。

現在の受験制度とプラスして女子高と男子校の統合で、上位4校が実質仙台二高と仙台一高に合算され、仙台三高は昔の人気校のままです。

そこからは、絶対に評定4.0以下の生徒が受験点数だけで合格できるとは言えなくなりました。

年間1名~3名では客観性に欠けてしまうからです。

 

そういった場合は、可能性はあるが難しいことであると、きちんと情報は伝達しなければなりません。

例えば近年、仙台高専に推薦で合格した生徒の評定は平均4.2~4.3の間です。

ある方のブログの反論材料にはなりますが1名では客観的ではないと思います。

断言した書き方をする場合は、必ず客観的数字と結果、実績があった上で過程や理想を語るべきです。

本来〇〇高校であった成績で〇〇高校を受験しましたという物は、その人個人の感想と感覚であり、数字と結果には1つも現れていません。

それはただの空想の世界で机上の空論です。

 

10年以上、塾を経営しているのであれば、相当数の生徒が通ったはずです。

それをきちんとまとめれば、その塾がどういった10年間を過ごしてきたか一目瞭然です。

それはすべきだと私は思います。

もちろんホームページに掲載しています。

 

その情報を信じるか信じないかは普段の情報の信憑性にかかっています。ですから麻布学院は定期テストや実力テスト、模試の結果を公表しています。

その年の受験結果もです。

どちらのご家庭からもクレームはありません。

誇るべき結果を誇ってあげるのは当たり前の事。

例えば、落ちた生徒が可愛そうであるとか特定されてしまうというのであれば、前期後期の双方そうすべきであり、過去10年以上のまとめであれば問題が無いはずです。

客観性のない情報は全く信用できません。

麻布学院は、模試の結果を見せて欲しいと言われれば見せますし、今までの合格者を知りたいと言われれば全員塾に掲示しています。

模試の会社に問い合わせれば、麻布学院が平均点や県内順位が高いことは教えてくれます。

合格者が複数、それも二桁いるということは、毎年二桁のナンバースクールに合格するデータが増えると言うことです。

大手塾はデータベースを作る人間と現場の人間が違います。

教室長は、成績について本部で一人一人聞き取りを本部で行うなどということがありません。

数字を出している、データを管理している人間は生徒の顔を知りません。

ですが私はずっと15年間この塾でデータを管理しながら現場に出ています。

管理する人間=現場の人間というのが麻布学院。

しかも前に書きましたように過去の実績を積み上げて来ました。

 

たった2~3人の成功例をブログに書くのは好ましくありません。

こうしていればこうなったのにという確認も出来ない情報は何の信憑性もありません。

まして、生徒の将来を決めかねない言い方をするのであれば、それなりのまとまった情報がなければ駄目です。

私はそう思いますという書き方は、その人が思うのであって数字と結果の裏付けもなく、「そう思った」だけですから。

そのような情報を私は信用しませんし、塾のブログに書いたりはしません。

全ては長いスパンでの数字と結果、実績により証明できる過程と思い、そしてその情報や思いが現実に可視化出来る現在の数字を公表することで、過去の実績も信じるに足る物になります。

現在の実績は生徒本人がいますので簡単に証明できます。

 

つまりまとめれば、短いスパンの情報がきちんと証明できて、始めて長いスパンの情報は信用にたるということです。

その長いスパンの情報を公開しない理由は全くなく、10年以上経営してきた自分の手腕の証明になる誇るべき情報のはずです。

 

この2つがあって始めて情報に信用する価値を見出すべきで、ブログが面白いからとか、人間味に溢れているからとか、他人のまとめた情報を分析しそれを元に展開した情報をまとめてくれるからで信用すれば間違いも起こると思います。

そういった情報をご自信で調べて、信用できるか信用できないかを判断して下さい。

理路整然とした論理でも、自塾の数字が全くまとまっていない場合や、思いや知識先行で結果が出ていない、又は最初から数字の出ることを前提としていない。

こういった情報をわたしは全く信用しません。

 

まして1人2人がそういう成功をしたから全員そうすべきなどという傲慢な考えは大嫌いですし、その成功例を信じるか疑うかはその情報を発信している人間の普段の行動と言動で決めればよいと思います。

麻布学院の情報はいつでも公開可能ですし、確認できない情報はありません。

その上で私の心情や想いは違うブログに書いています。

ここは生徒募集にも繋がる塾のブログです。

私がどう想うとかどういう状態だとか目で見えないものを書くつもりはありません。

 

私は机上の空論が大嫌いです。

数字と結果と実績がない論理は信用できませんし、まして一定以上の時間が経過しているのにもかかわらず証明できない理論は破綻しています。

 

麻布学院は一貫して経営方針を変えてきませんでした。

個人塾でも学力で勝負。

勝負するなら学力の低い場所で、いつかはそこを学力の高い地域に。

各学校の上位を生徒1人でも目指す。

仙台二高・仙台一高の合格者と、新みやぎ模試の県内1位は必ず毎年輩出する。

一切妥協しません。

そして、普通の生徒を仙台二高・仙台一高へという気持ちも変わりません。

 

その場しのぎの理論や、机上の空論には身近な数字がかけています。

数字も、他人の出した数字だけではなく、自分がたたき出した数字が添えてなければ意味がありません。

多分、資料として有難く使わせて頂きますが、その人自信を信用できるかは別です。

 

まして、誰もが苦言を呈するような言葉を羅列する人は信用すべきではないですし、私は一切信じません。

 

私の想いや心情を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin

 

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

バス停 原町1丁目(塾の目の前です)  ※宮城野区役所経由のバスであればどのバスでも着きます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月15日

春期講習について。

 

今日、函館ラサールを受験した2名が帰ってきて答えあわせをしました。

理科以外は概ね出来ていると思います。

大丈夫でしょう。

これで私立高校の受験は全て終了です。

私立の結果は考えず、新たな気持ちで本番の本番である高専受験と後期選抜に挑んで欲しいと思います。

何年間もこの日のために頑張ってきたのだから、体調は整えて、万全で挑みましょう。

最後の踏ん張り時です。

ここからは気力の勝負。

妥協せず、学力の積み上げに努力しましょう。

 

中2生と中1生は定期テストが終わった学校もあります。

近隣中は終わりました。

まずは間違えている箇所を解き直し必ずノートにまとめること。

それをやって初めて定期テストが終わりです。

そういったことをやらずに、評定が低いと学校や先生に文句を言うのは間違いです。

全員、きちんと定期テストを完全に終わらせるという意味を理解して行動して下さい。

間違いノートの作り方は教えております。

必ず作成のこと。

 

インフルエンザなどで定期テストを受験できなかった生徒は、必ず自分で友人などから借りて一度は問題を解いてください。

評価の対象にはならなくとも必ず先生に提出して下さい。

 

尚、麻布学院には春期講習会は存在しません。

毎日授業ですので、1週間90分×7日。630分=10.5時間の通常授業時間です。

春期講習を行う塾の学習時間よりも多く通常の授業時間がある塾ですので費用が特別にかかるような講習はありません。

体験入塾も1週間可能です。

ですから、春期講習の変わりに麻布学院の体験授業を受ければ無料で講習を受けるのと同じことです。

どんどんお問合せください。

 

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

バス停 原町1丁目(塾の目の前です)  ※宮城野区役所経由のバスであればどのバスでも着きます。

 

私の日常を綴るブログです。お暇なときにどうぞ。

https://ameblo.jp/azabugakuin

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月14日

麻布学院。2019年2月の軌跡。

 

2019年現在までの受験結果

 

東北大学工学部AOⅢ期 1名合格

麻布学院 中3生24名(私立専願1名)

西大和学園 1名

仙台二高 1名(前期選抜)

仙台一高 3名(前期選抜)

ウルスラ学院 type1 2名(1名特待生合格)

ウルスラ学院 type2 1名

ウルスラ尚志 1名

仙台育英学園特進 22名(全員合格)※東大選抜20名特待生合格

東北学院特進 6名(全員合格)

東北学院総合 2名(全員合格)

東北学院 学院大学コース 1名(全員合格)

宮城学院 MG選抜コース 1名(特待生合格)

宮城学院 MG特進コース 1名(全員合格)

東北高校創進 4名(S特待3名 A特待1名 全員特待生合格)

聖和学園特進パイオニアコース アクティビティクラス 1名(受験者1名)

聖和学園 リベラルアーツコース 1名(受験者1名)

常盤木学園リバティコース 2名(全員合格1名専願)

尚絅学院 総進 1名(全員合格)

城南高校 探求科 1名(全員合格)

 

実力テスト

(中3生)

宮城野中 校内1位 4位 7位 10位

上杉山中(在籍1名) 校内6位

五城中(在籍2名) 校内2位 校内5位

岩切中 校内6位(在籍1名)

(中2生) 

宮城野中 校内3位 校内5位 校内6位 校内7位

五城中 校内9位(在籍1名)

東仙台中 校内8位(在籍1名)

(中1生)

宮城野中 校内1位 校内2位 校内5位 校内7位

東華中(生徒2名) 校内4位

五橋中(生徒2名) 校内4位

 

麻布学院の生徒は少数ですが精鋭です。2月は頑張りました。

明日は函館ラサールを2名受験します。

生徒に幸あれ。

 

私の日常を書いたブログです。お暇なときにどうぞ。https://ameblo.jp/azabugakuin/

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月13日

2019年麻布学院合格報告。

 

東北大学工学部AOⅢ期 1名合格

麻布学院 中3生24名(私立専願1名)

西大和学園 1名

仙台二高 1名(前期選抜)

仙台一高 3名(前期選抜)

ウルスラ学院 type1 2名(1名特待生合格)

ウルスラ学院 type2 1名

ウルスラ尚志 1名

仙台育英学園特進 22名(全員合格)※東大選抜20名特待生合格

東北学院特進 6名(全員合格)

東北学院総合 2名(全員合格)

東北学院 学院大学コース 1名(全員合格)

宮城学院 MG選抜コース 1名(特待生合格)

宮城学院 MG特進コース 1名(全員合格)

東北高校創進 4名(S特待3名 A特待1名 全員特待生合格)

聖和学園特進パイオニアコース アクティビティクラス 1名(受験者1名)

聖和学園 リベラルアーツコース 1名(受験者1名)

常盤木学園リバティコース 2名(全員合格1名専願)

尚絅学院 総進 1名(全員合格)

城南高校 探求科 1名(全員合格)

 

伝説の生徒がやりました。

予備校に通わず、塾と学校だけで東北大学合格です。

中学生のときは、全く先生から評価されず、保健体育は99点で3。

運動神経が悪いわけでもなく、その評価。

中3生でやっと評定3.9に。

そこから私立高校の特待を自力で引き寄せ仙台二高に合格。

そしてついに東北大学工学合格です。

評定が低くとも、人間は評価されれば変われます。

麻布学院は毎年そんな生徒が羽ばたいていく塾です。

合格おめでとう。

 

私の日常や心情を綴るブログです。お暇なときにお読みください。

https://ameblo.jp/azabugakuin

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月13日

2019年麻布学院合格発表。

 

麻布学院 受験生24名(私立専願1名)

 

西大和学園 1名

仙台二高 1名(前期選抜)

仙台一高 3名(前期選抜)

ウルスラ学院 type1 2名(1名特待生合格)

ウルスラ学院 type2 1名

ウルスラ尚志 1名

仙台育英学園特進 22名(全員合格)※東大選抜20名特待生合格

東北学院特進 6名(全員合格)

東北学院総合 2名(全員合格)

東北学院 学院大学コース 1名(全員合格)

宮城学院 MG選抜コース 1名(特待生合格)

宮城学院 MG特進コース 1名(全員合格)

東北高校創進 4名(S特待3名 A特待1名 全員特待生合格)

聖和学園特進パイオニアコース アクティビティクラス 1名(受験者1名)

聖和学園 リベラルアーツコース 1名(受験者1名)

常盤木学園リバティコース 2名(全員合格1名専願)

尚絅学院 総進 1名(全員合格)

城南高校 探求科 1名(全員合格)

 

本日の受験も全員合格でした。

私立で尚絅を受験した生徒はチャレンジでしたが見事合格。

東北学院に合格した生徒、仙台育英特進に合格した生徒と同じく私立は模試の偏差値よりもかなり偏差値が高い高校を受験して合格です。

公立高校後期選抜は全員志望校受験が出来そうです。

次は函館ラサールと仙台高専。

合格を勝ち取りましょう。

 

明日は東北大学AOⅢ期の合格発表があります。

どうか合格を。

 

私の日常や心情を綴るブログです。お暇なときにお読みください。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月12日

志望校。1人を残して全員確定。

12日の尚絅と城南を受験している生徒の受験結果がまだ出ていませんが、それ以外の生徒の受験校が決まりました。

仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高

仙台高専・多賀城高校・仙台高校・宮城広瀬・函館ラサール

ここに、仙台工業が加わると思います。

公立高校受験コースの2名が、私立高校の結果で志望校を上げました。

東北学院と仙台育英特進に合格しているので、チャレンジは良しです。

保護者の応援があるのだから塾としては合格に近づけるお手伝いを。

ナンバースクールや高専を受験する生徒には、評定が3.5ぐらいの生徒が何名かいます。

特に宮城一高組です。

ですが、昨年もそのような評定の生徒は中3生の秋に入塾した1名のみ残念な結果になりましたが、他は全員合格しました。

残念な結果になった生徒も、私立の結果を受けて、生徒保護者ともに覚悟ある受験でした。

麻布学院は、生徒の決めた志望校に忠実にデータを組み上げて、合格を目指す塾です。

過去、平均評定3.0・3.2・3.9で仙台一高合格。

平均評定3.9・3.9で仙台二高合格。

この受験制度できちんと合格者を出して来ました。

麻布学院は後期選抜に強い塾です。

昨年のナンバースクール合格者は全員後期選抜です。

前期選抜で合格した生徒は私よりもむしろ学校の先生方に感謝して下さい。応援がなければ前期選抜の合格は難しいものです。

後期選抜を受験する生徒は、この後やれる日にちが少なくなりました。

1日1日を大切に。

どんどん塾でも質問をして、体調に気をつけながら勉強に勤しみましょう。

前期合格組みと私立専願の生徒は、すでに高校範囲に入っています。

私立専願の生徒は白チャート、仙台二高・仙台一高組は青チャートです。どんどん進めて、高校入学時に半分が終わるペースで後期組みも毎年送り出します。

入学前からそういった準備をしなければならないのが進学校です。

合格すれば受験勉強よりもさらに上の努力が必要です。

ほとんどの生徒が目指しているナンバースクールとはそういう高校です。

努力は続きます。

多賀城高校や仙台高校、仙台工業や宮城広瀬を受験する生徒たちも、這い上がってここまで来れたのだから、夢に見ている看護師や大学受験に挑めるよう、高校の準備は欠かせません。

受験が終わり次第3月末まで高校準備をします。

講習費などはかかりません。毎年そうやって合格した生徒も残念な結果になってしまった生徒も高校に送り出しています。

 

残された時間、全員、自分のやるべきこと、進むべき道にむかって全力を尽くしましょう。

 

私の日常や生徒の日常を綴ったブログです

https://ameblo.jp/azabugakuin/

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月11日

評定をつくる努力。

うちの塾は受験塾なので基本、あまり評定を気にしても仕方ないと思っています。

評定の高い生徒は、大手塾の割引制度があるので、麻布学院のような個人塾にはあまり来てくれません。

しかし、4年前にそれを口に出した時、ある塾からそういう生徒を作れないのが悪いとブログに書かれました。

大手掲示板にも書かれたことがありました。

ですので、麻布学院は今年の中3生の学年から小学生を募集し、育てる評定を実践しました。

この下の学年からは450点プロジェクトを立ち上げています。

その3年間の成果が今年の前期選抜で実りました。

言われたこと、腹が立ったことに対して、居直るだけではなにも進歩しません。

指摘をされたことは、常々自分も思っていたこと。

自分が気にしていたから腹が立つんです。

それならば、その言葉を胸に数年間かけて自分を改善する。

それが唯一の解決方法。

あまり気にしていなかった定期テストで、校内1位の生徒を作るだけではなく、全員の成績を上げて評定も上げる。

受験タイプ・内申タイプと決めつけないで、全員両方を目指す。

そのことでかなり評定は改善されました。

中学の先生たちが中3生を高く評価してくれたことも要因です。

評定を下すのは学校の先生ですので、評価されづらい生徒は定期の点数をとる。

それ以外塾が出来ることがありません。

学校での態度が悪ければ注意はしますが、その程度しか出来ません。

ですから私は、定期テストにも数字と結果を求めるようになりました。昔は定期の点数すら確認せずにいましたから。

そのどうせ評定はもらえないのだから、点数のみで合格すれば良いという私の考えが低評定を招いていたのだと思います。

今は小学生から入塾した生徒達の評定を高くし、後から麻布学院を必要とするような評定が低いが点数はとれるという生徒に対応できるような体制をとっています。

言われたことに腹を立てたり、他人を妬んだり、自分を決め付けるのは簡単ですが、悔しいとか腹が立つなら変えればいい。

私はそう思って改革を始めました。

このブログも同じです。

 

他人や塾を変えたいと思うのならばまず自分から。

私はいつもそう思っています。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月10日

2019年麻布学院合格発表。

2019年 麻布学院合格発表(判明分)

 

麻布学院 受験生24名(私立専願1名)

 

西大和学園 1名

仙台二高 1名(前期選抜)

仙台一高 3名(前期選抜)

ウルスラ学院 type1 2名(1名特待生合格)

ウルスラ学院 type2 1名

ウルスラ尚志 1名

仙台育英学園特進 22名(全員合格)※東大選抜20名特待生合格

東北学院特進 6名(全員合格)

東北学院総合 2名(全員合格)

東北学院 学院大学コース 1名(全員合格)

宮城学院 MG選抜コース 1名(特待生合格)

宮城学院 MG特進コース 1名(全員合格)

東北高校創進 4名(S特待3名 A特待1名 全員特待生合格)

聖和学園特進パイオニアコース アクティビティクラス 1名(受験者1名)

聖和学園 リベラルアーツコース 1名(受験者1名)

常盤木学園リバティコース 1名(専願)

 

新みやぎ模試の県内1位の2人、今年は前期選抜で合格です。

麻布学院は5教科で勝負し、評定にこだわらない塾ですので後期選抜で無類の強さを発揮する塾です。

昨年はナンバー合格者全員が後期選抜合格でしたので、今年は前期選抜合格が出て嬉しく思います。

最後の前期選抜でしたので、有終の美を飾れました。

 

残りの生徒は、麻布学院が上位校に通用することを実感したはず。

東北高校創進は全員が授業料免除。そのうち3人は施設費や入学金など全ての費用が免除されるS特待です。

仙台育英の特進は22名全員合格でした。

うち20名は東大選抜で授業料免除。

県内1位を新みやぎ模試で獲得している生徒の受験点数は494点。

 

東北学院高校にチャレンジした公立高校受験コースの生徒と、仙台育英の特進にチャレンジした生徒両名ともに合格。

東北学院は無敗(サッカーセレクションで過去不合格は1名)記録が更新されました。

聖和学園を受けた2名も無事合格。

公立高校受験コース4名以外、上記2コースはほとんどの生徒が特待生合格です。

1名だけ点数は獲得しているのに東大選抜になれなかった生徒がいますが、点数は獲得しています。自信を持って志望校を受験します。保護者様とも確認しました。

type1でスライドになりtype2になった生徒がいますが、仙台育英では東大選抜に合格しています。全く問題はありません。

type1スライドtype2合格という生徒が過去に2名、仙台一高に合格という生徒が過去に1名いました。

3教科受験ですから気にしないことです。

私立入試で悔しい思いをした生徒がいたと思います。

必ずやこの悔しさを晴らしてやりましょう。

後期選抜で。

 

私の日常や生徒の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月10日

 

2019年麻布学院合格発表。

2019年 麻布学院合格発表(判明分)

 

麻布学院 受験生24名(私立専願1名)

 

西大和学園 1名

仙台二高 1名(前期選抜)

仙台一高 3名(前期選抜)

 

仙台育英学園特進 22名(全員合格)※東大選抜20名特待生合格

東北学院特進 6名(全員合格)

東北学院総合 2名(全員合格)

東北学院 学院大学コース 1名(全員合格)

宮城学院 MG選抜コース 1名(特待生合格)

宮城学院 MG特進コース 1名(全員合格)

東北高校創進 4名(S特待3名 A特待1名 全員特待生合格)

聖和学園特進パイオニアコース アクティビティクラス 1名(受験者1名)

聖和学園 リベラルアーツコース 1名(受験者1名)

常盤木学園リバティコース 1名(専願)

 

新みやぎ模試の県内1位の2人、今年は前期選抜で合格です。

麻布学院は5教科で勝負し、評定にこだわらない塾ですので後期選抜で無類の強さを発揮する塾です。

昨年はナンバー合格者全員が後期選抜合格でしたので、今年は前期選抜合格が出て嬉しく思います。

最後の前期選抜でしたので、有終の美を飾れました。

 

残りの生徒は、麻布学院が上位校に通用することを実感したはず。

東北高校創進は全員が授業料免除。そのうち3人は施設費や入学金など全ての費用が免除されるS特待です。

仙台育英の特進は22名全員合格でした。

うち20名は東大選抜で授業料免除。

県内1位を新みやぎ模試で獲得している生徒の受験点数は494点。

 

東北学院高校にチャレンジした公立高校受験コースの生徒と、仙台育英の特進にチャレンジした生徒両名ともに合格。

東北学院は無敗(サッカーセレクションで過去不合格は1名)記録が更新されました。

聖和学園を受けた2名も無事合格。

公立高校受験コース4名以外、上記2コースはほとんどの生徒が特待生合格です。

1名だけ点数は獲得しているのに東大選抜になれなかった生徒がいますが、点数は獲得しています。自信を持って志望校を受験します。保護者様とも確認しました。

必ずやこの悔しさを晴らしてやりましょう。

 

後期選抜に全員がはずみをつけました。

仙台一高15年連続合格者継続!!

本日発表の私立、全員全コース合格!!

 

合格おめでとう

 

私の日常や生徒の日常を綴るブログです。お暇なときにお読みください。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年2月9日

2019年麻布学院合格発表。

 

2019年 麻布学院合格発表(判明分)

 

麻布学院 受験生24名(私立専願1名)

 

西大和学園 1名

仙台二高 1名(前期選抜)

仙台一高 3名(前期選抜)

 

仙台育英学園特進 22名(全員合格)※東大選抜かどうかは合格通知書類に同封。本日未判明

東北高校創進 4名(S特待3名 A特待1名 全員合格)

聖和学園特進パイオニアコース アクティビティクラス 1名(受験者1名)

聖和学園 リベラルアーツコース 1名(受験者1名)

常盤木学園リバティコース 1名(専願)

 

新みやぎ模試の県内1位の2人、今年は前期選抜で合格です。

麻布学院は5教科で勝負し、評定にこだわらない塾ですので後期選抜で無類の強さを発揮する塾です。

昨年はナンバー合格者全員が後期選抜合格でしたので、今年は前期選抜合格が出て嬉しく思います。

最後の前期選抜でしたので、有終の美を飾れました。

 

残りの生徒は、麻布学院が上位校に通用することを実感したはず。

東北高校創進は全員が授業料免除。そのうち3人は施設費や入学金など全ての費用が免除されるS特待です。

仙台育英の特進は22名全員合格でした。

聖和学園を受けた2名も無事合格。

 

後期選抜に全員がはずみをつけました。

仙台一高15年連続合格者継続!!

本日発表の私立、全員全コース合格!!

 

合格おめでとう