10月新みやぎ模試結果報告。

 

新みやぎ模試10月号の結果報告です。

今回は点数のみ報告します。

 

5教科塾内平均 414.2点 

県平均265点 +149.2点

 

国語塾内平均 79.8点

県平均60点  +19.8点

 

数学塾内平均 77.4点

県平均42点  +35.4点

 

社会塾内平均 84.4点

県平均50点  +34.4点

 

英語塾内平均 77.5点

県平均52点  +25.5点

 

理科塾内平均 86.2点

県平均61点  +25.2点

 

以上の結果となりました。

県平均を149.2点上回りました。

数学と社会は30点以上県平均を上回る結果となりました。

 

麻布学院の特徴として、県平均が低くても、さほど塾内平均点に変化はありません。

生徒たちの学習量が多いため、どんな問題が出たとしても対応出来るのがその理由です。

この塾内平均点は褒められるものではなく、生徒たちの努力に見合った点数で当たり前の結果です。

 

私は常々、生徒たちに数字と結果が伴わない努力は努力とは言いがたいと教えています。

結果の出ない努力を自分の限界だと思ってしまえば、成績もそこが限界だと自分自身が認めることになってしまいます。

ですから、結果が出れば努力に見合う当たり前の結果。

結果出ていないなら塾も生徒も努力不足。

 

麻布学院は全てのデータと数字、そして結果を公表しています。

授業料、テスト結果、受検結果など全てです。

 

数字というものは、見れば一目瞭然。

結果というものは重要な判断基準。

この数字と結果を見れば、麻布学院がどれだけ厳しく、生徒たちがどれだけ努力をしているか誰にでもわかると思います。

 

私は数字の出せない自分を認めません。

私は結果を出せない自分を認めません。

14年間、自分自身を認めたことは1度もありません。

 

私は塾屋という職人です。

鍛冶職人の仕上げたものに出来不出来があれば、3流の職人です。

我々の仕事に当てはめれば、全ての生徒の努力に、数字と結果で応えなければ1流ではありません。

 

私は職人でいたいから、大手塾を辞めて個人塾を開きました。

14年間、休みもあまりとらず、常に塾のことを思い続けても、3流のままです。

私は3流であるからこそ努力をしなければなりません。

考え続けなければなりません。

 

今回の結果をふまえ、今日からまた指導方針とデータの組み換えと改善にのぞみます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月22日

10月も終わりです。

 

もうすぐ10月が終わります。

11月と12月を残して、年が明ければ私立受検がある1月です。

その後は立て続けに、前期、高専、そして後期受検。

もうすでに受検一色になっても良い時期です。

しかしながら、宮城野区や若林区の多くの学校は、受験に対してのんびりとしています。

12月になってやっと受検の雰囲気が出てくるといった具合です。

偏差値50以下の学校を志望する生徒や、私立専願の生徒にとってはそれでいいでしょう。

しかし、ナンバースクールを志望する生徒にとっての相手は、宮城野区や若林区の生徒たちではありません。

圧倒的に青葉区や泉区、太白区の生徒の合格人数が多いのがナンバースクールです。

つまりは、自分の学校にいる周囲の人間を意識していたら、全く間に合いません。

近隣中学の宮城野中は、宮城野区の中では仙台一高や仙台二高の合格者が多い方ですが、青葉区の学校、泉区の学校と比較すれば歯が立ちません。

仙台一高、仙台二高の宮城野中における合格者の約60%~70%を例年占めるのが麻布学院の生徒です。

でも、麻布学院は1教室の個人塾です。

生徒数が限られています。

1学年200人を超える学校をカバーすることは物理的に不可能です。

 

ナンバースクールを受検する生徒が少数派である以上、学校全体の雰囲気はスローペースになるのが常です。

学校も多数を占める生徒に授業を合わせるのが当たり前です。

ですから上位校を受験する生徒に必要な事は、しっかりとした気持ちの面での自己管理です。

学校生活と放課後の生活をしっかりと切り替えることが重要です。

学校では基礎をきちんと学び、放課後は塾や自宅学習で復習や応用問題を数多くこなすこと。

今の時期は、数多くの問題をこなすことが勝利の近道です。

 

学校での基礎学習と放課後の応用学習。

それをしっかりこなしていきましょう。

 

明日は模試の結果について書くつもりです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月21日

厳しく徹底的に、そして圧倒的な学習量で

 

本日、漢字検定を実施します。

来週は数学検定です。

中3生全員がそれぞれ準2級と3級に挑みます。

ミス無くクリアして欲しいと思います。

 

来月から進路面談を随時開始します。

中3生にとって進路を決定する大切な面談となります。

生徒各位、保護者ともに十分相談の上、面談に望んで下さい。

 

中3生の冬期講習は、10:30~20:00の時間帯で行います。

1日450分。

7.5時間の授業時間になります。

12月と1月は最後の追い込みです。

最後の追い込みですので気合を入れて頑張りましょう。

 

麻布学院の中3生は、部活引退の日から、通常授業は毎日1日4.5時間。

夏期講習と冬期講習は1日7.5時間。

圧倒的な学習量で受検を乗り切ります。

宮城野区にある1教室の個人塾。

過去13年間の実績を見てもらえば、生徒たちの頑張りを理解してもらえると思います。

麻布学院は数字と結果にこだわる塾です。

塾の使命は、どんな状態からでも志望校に合格できる学力に生徒たちを引き上げること。

塾における生徒とのコミュニケーションは授業です。

厳しく徹底的に、圧倒的な学習量で。

それが麻布学院です。

今年の生徒たちも、実力テスト、定期テスト、模擬テストで十二分の実力を発揮してくれました。

この勢いのまま、受検に突入しましょう。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月20日

麻布学院の学習時間。

 

今日は麻布学院の中3生の学習時間について書きます。

麻布学院は、部活終了時点から1日90分×3コマの学習時間になります。

1日4.5時間の学習時間です。

お休みは月末の29日以降のみ。

月曜日~日曜日、祝日も授業があります。

ですから今月で言えば、4.5時間×28日で126時間の学習時間を生徒たちはこなしていることとなります。

授業料が月30.000円(税別)ですので、1時間あたり238円の授業料です。

 

中3生のほとんどが、それに加え約1時間の自習時間、自宅での課題として、全国受検問題を毎日3教科~5教科をこなしています。

 

授業風景ですが、授業中の私語や講師と生徒のコミュニケーションは全くありません。

授業中は常に緊張感を持ち、黙々と課題をこなします。

授業終了後や休憩時間は、私も含めてコミュニケーションを多くとるようにしています。

 

麻布学院は、切り替え上手い生徒を育成します。

中3生とはいえ、4.5時間も集中力を持続させるのは一般的に難しいと思います。

自宅学習と自習を含めればほとんどの生徒たちが1日6時間~8時間、学校以外で学習していることになります。

その学習習慣が受検まで持続し、高校入学後も持続します。

ですから下記のブログに書いたような結果を生徒たちは残してくれました。

http://azabu-blog.manabiya.tv/?p=1815

首都圏並みの教育を宮城県に。

誰もが受講できる料金形態で。

数字と実績にこだわり、一切隠すことなく。

 

麻布学院は14年間、この方針を変えていません。

生徒たちが進学した大学を見てもらえば、麻布学院出身の生徒たちが首都圏の学生に負けてはいないことがわかっていただけると思います。

 

麻布学院に入塾すると、この過酷に思える授業形態を誰もが普通にこなしてくれます。

塾に通った経験がない生徒や、他塾から麻布学院に来てくれた生徒たちも、すんなり馴染んでいます。

誰もが努力できる空間を生徒たちが作ってくれるからです。

 

麻布学院は圧倒的な学習量、数字と結果にこだわる塾です。

中1生と小学生6年生のお問い合わせが相次いでいます。

ありがとうございます。

中1生につきましては、後2名。

小学生につきましては随時募集しています。

 

ご検討の方がいらっしゃればお問い合わせください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月17日

 

定期テスト対策授業。

 

しばらくぶりのブログ更新です。

季節の変わり目で、体調を崩してしまいました。

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

5日間のお休みをいただき今日から復帰します。

麻布学院は塾長2名体制ですので、業務に関しては支障が出ないようしているのですが、ブログに関しては私の担当ですので、しばらく更新が出来ない状態でした。

 

さて、中3生の定期テストに関する質問がありましたので、書くことにいたします。

次の中3生、中間テストに関するテスト対策は5日間、対策授業を行います。

5日間は短いと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、麻布学院は月曜から日曜まで毎日4.5時間の学習時間です。

月曜日~金曜日 16:30~21:00

土曜日~日曜日 15:00~19:30

毎日授業がある塾です。

5日間ですと4.5×5=22.5

22.5時間、定期テスト対策に時間をかけることになります。

これに加えて麻布学院の生徒たちのほとんどが、授業開始前に自習をしていますし、授業終了後も居残りで自習している生徒たちが沢山います。

塾での学習時間は5日間で30時間は超えると思います。

 

前期の評定が出された後、評定はほとんど変わらないという情報は間違いです。

現に昨年、麻布学院の生徒たちの多数が評定を上げてもらえました。

過去13年間で1名、評定が下がってしまった生徒もいました。

最終評定が出るまで後2回、評定が上がるチャンスはあります。

少ないチャンスではありますが、昨年度、そのチャンスをものにした生徒が多数います。

受験勉強は受験勉強、定期テストは定期テスト。

それが麻布学院の考え方であり、昨年度は、最終評定が出た後でも生徒たちの学校の課題提出は常に100%です。

やるべきことはやる。

やらない人間が不平や不満を言う資格はありません。

それが麻布学院の考えです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月16日

麻布学院の生徒たち。

 

麻布学院には近隣中学を筆頭に、様々な中学から生徒たちが通っています。

宮城野中学校・東華中学校・五城中学校・上杉山中学校・附属中学校青陵中学校・東仙台中学校・五橋中学校・幸町中学校・南小泉中学校岩切中学校・田子中学校

あまりにも遠い中学の生徒さんからお問い合わせが来た場合は、お断りさせて頂くケースもありますが、基本は対応しています。

 

 

(今年の定期テスト)

宮城野中学校 定期テスト全学年1位獲得

東華中学校 定期テスト1位獲得

上杉山中学校 定期テスト1位獲得

南小泉中学校 定期テスト1位獲得

五城中学校 定期テスト2位獲得

東仙台中学校 定期テスト 2位獲得

 

以上のような結果です。

各学校の定期テストにおいて、麻布学院は対応は出来ていると思います。

上記の結果は1位と2位のみ書きましたが、学年10位以内の生徒は沢山在籍しています。

 

3年前まで、麻布学院を構成する中学生のほとんどが宮城野中学校の生徒でした。

ブログはもちろんのこと、ホームページすらありませんでしたので、麻布学院は、この近隣地域でさえ「知る人ぞ知る」という塾でした。

ホームページを作成し、ブログを書き始めてからは様々な地域の方からお問い合わせを頂くようになり、各学校に対応するため定期テスト対策などでは大幅な改良を行いました。

ある程度の手ごたえはありましたので、さらなる改良を繰り返し、さらに充実した定期テスト対策を目指します。

 

生徒募集につきましては中1生2名・中2生1名の入塾があり、当初募集していました3名の定員に達しました。

塾内で検討を重ねた結果、1年生2名を追加募集いたします。

最近の傾向で言えば、募集して1週間以内に定員に達する状況が続いています。

今年の最終募集になると思います。

麻布学院に興味がある方がいればご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月9日

 

24人目の県内1位。

 

新みやぎ模試9月号で、麻布学院の生徒が県内1位を獲得しました。

今年は夏に中1生が獲得した県内1位と中3生8月号で獲得した県内1位をあわせて3人目の県内1位の誕生です。

麻布学院14年の歴史のでは、24人目の県内1位獲得者です。

宮城ぜんけん模試では3学年全て、県内1位を今年は獲得しています。

 

歴代の県内1位獲得者は、全て仙台一高、仙台二高、宮城一女(当時)、宮城二女(当時)に合格しています。

今年の受験生は2名、県内1位を獲得していますので、他の受験生も負けずに県内1位を狙ってほしいと思います。

 

昨年度は、圧倒的なエースと呼ばれる生徒がいましたが、結果的にその生徒を含む3名が県内1位を獲得しました。

その結果が、春休み号・9月号・11月号・12月号・1月号・2月号の全9回中6回の模試で、麻布学院の生徒たちが堂々県内1位獲得に結びつきました。

模試はまだ5回あります。

上位の生徒たちは、県内1位を目指して伝説の生徒たちに仲間入りをしましょう。

 

塾に出来ることは、学力を上げること。

学力とは数字と結果で示すもの。

 

麻布学院に過去13年間で所属した生徒の56.92%がナンバースクールに進学しています。

14年間で24人の県内1位。

13年間で4名の仙台一高・仙台二高の主席合格者。

13年間で在籍した260名の生徒の105名が仙台一高と仙台二高に合格。

 

宮城野区に1教室しかない個人塾ですが、数字と結果では、他塾に負けていないと思います。

大手塾には大手塾の良い面があります。

個人塾には個人塾の良い面があります。

様々な塾がある中、麻布学院の個性は圧倒的な学習時間と生徒たちの努力に培われた数字と結果です。

 

麻布学院は麻布学院にしか出来ないことを。

これからも変わることはありません。

 

すでに定員には達していますが、情熱ある保護者、向上心のある生徒さんならば定員を超えてでも大歓迎です。

ご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月7日

 

通知表。

 

今日は前期の通知表が渡されました。

この評定が出ると、中3生は覚悟の時期に入ります。

後2回、評定を上げるチャンスはありますが、大きく評定が上がるということはあまりありません。

今回の評定で受験に挑むつもりで、日々の学習にスパートをかけてもらいたいと思います。

1年生や2年生は、今回、納得できる評定が貰えなかった生徒は後期で挽回できます。

学校生活において、積極性を持ち、勤勉であればそう評定が低くなることはないはずです。

きちんと高い点数をとって、積極的に授業の望みましょう。

今回の評定に一喜一憂することなく、自分のやるべきことをきっちりと頑張りましょう。

 

中3生は、今更、1年生2年生の評定を嘆いてもどうにもなりません。

受験まで出来ることは限られています。

今日から更なる気合を入れて学力向上に励んでください。

昨年も、評定150点台で仙台二高と仙台一高に麻布学院の先輩が合格しています。

130点台で宮城一高に麻布学院の先輩が合格しています。

圧倒的な学力を身につけること!

それのみです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月6日

 

新みやぎ模試9月号。結果報告。

 

新みやぎ模試9月号の順位と偏差値報告です。

麻布学院 受験生徒 20名

(県内100位内獲得)

県内1位 県内3位 県内6位 県内25位 県内32位 県内53位 

県内66位

以上7名が100位以内を獲得しました。

8月号に続き、麻布学院の生徒が新みやぎ模試の県内1位を獲得しました。

しかも、先月1位を獲得した生徒を含めて、この学年2人目の県内1位です。

中2生から塾を牽引してくれた生徒なので、喜びも一際です。

本当におめでとう。

 

(偏差値)

偏差値73 1名

偏差値72 2名

偏差値70 3名

偏差値69 1名

偏差値68 1名 仙台二高合格判定基準

偏差値67 2名

偏差値66 1名 仙台一高合格判定基準

偏差値64 3名

偏差値63 3名 仙台三高合格判定基準

偏差値57 1名 泉高校57 宮城野55 三桜54

偏差値47 2名 名取北47 仙台工業建築47 仙台商業47

 

部活の関係で実施が遅れた生徒1名以外の20名の成績です。

20名中11名が仙台一高合格基準をクリアしました。

20名中17名が仙台三高合格基準をクリアしています。

公立高校受験コースの3名も、大幅に偏差値を上げてくれました。

 

麻布学院は、受験塾です。

圧倒的な学習量で常に受験に向かって生徒たちは努力しています。

ブログを開始する前は、麻布学院がどんな塾であるか、この地域の方でも知らない方がたくさんいたと思います。

 

麻布学院は、常に正確な数字と結果をブログで情報発信しています。

生徒たちの努力の結晶です。

麻布学院に所属する、わずか21名の中3生が、どれだけ努力しているかを知ってもらえると思います。

10月もこの勢いで頑張ろう!!

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月5日

 

生徒募集について。

 

塾全体(中3生を除く)で中学生3名を募集していましたが、体験授業に来ていた3名の入塾が確定しました。

麻布学院は、毎日中学生の授業があるという特殊な授業形態です。

中1生~中3生の生徒全てが日曜日を除く(中3生は日曜日も授業あり)全ての曜日に塾に集合します。

ですから、座席数の問題で生徒募集に限界があります。

各学年20名前後というのが定員となります。

現在、全ての学年が20名を超えた状態で、定員を若干超えています。

 

しかし、生徒・保護者ともに麻布学院を強く必要としてくれる方がいれば、塾側としても努力をします。

スペースには、必ず若干の余裕を残すように生徒募集を行っているので、その余裕の部分を回せば数名は入塾が可能かもしれません。

 

入塾希望の方がいらっしゃれば、1度、お問い合わせください。

※現在すでに定員に達しています。お問い合わせの全てに対応できるとは限りません。

あらかじめご了承ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月4日