昨日の中1生模試。

昨日の中1生模試ですが、中学生になるという厳しさを教えてくれたと思います。

今年の中1生は、昨年の冬から募集をかけて、冬~春に集まった生徒で構成されています。

出身の小学校も様々です。

この時期の模試で過去40点台の生徒たちを仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高に送ってきた麻布学院です。

あまり点数は気にしません。

夏過ぎまでにどのように育っているかが勝負。

昨日の模試をきっかけにどんどん意識を変えてあげれば良いだけの話ですから、私のやる気も出てきます。

二列目に並んだ生徒でも70点台。

三列目、四列目は50~20点台。

生まれて始めて20点台などという点数を見たと思います。

ですが中学生になるということはこういう事です。

今日の行動で確認します。

悔しくて早く来たり、昨日の模試を自宅でどこまで直してきたか、その行動で怒ることになるかもしれません。

悔しさの無い生徒は私でも育てることは出来ません。

まずは悔しいという気持ちを最大限に育てて、行動に変えてあげること。

そうやって麻布学院は過去60%の生徒をナンバースクールに送り出してきました。

中1生はスタートですね。

今日の行動で怒りことになるかもしれません。

 

 

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上20中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

バス 原町1丁目(目の前)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月20日

 

宮城県後期選抜の県内平均点。

 

今年の後期選抜の平均点が公表されました。

国語 67.2(昨年61.7)

数学 45.9(昨年51.2)

社会 58.5(昨年63.4)

英語 58.5(昨年51.7)

理科 55.7(昨年51.6)

合計 285.7(昨年279.6)

 

やはり数学と社会は難易度が上がり、理科の一部の問題だけが難しく、国語は読みやすい文章だったので簡単、英語は昨年と比較していつもの宮城県に戻ったという感じです。

前期後期にわかれた昨年までの受験制度で過去2番目に高平均だったようです。

大体予想の範囲内でした。

内の塾の合格率は、問題が難しければかなり上がり、簡単であると下がる傾向にあります。

近隣中学の評定は他校と比較すると一昨年までは低い傾向でした。

しかしながら昨年度は、ある程度の評定を出してくれたことによって爆発的に上位校合格者が増えました。

麻布学院も仙台一高7名、仙台二高3名の合格者を出しました。

受験者が12名。合格が合計10名。

83.3%の確率でした。

麻布学院は日ごろから申しているように、数学と社会に力を入れている塾です。

何故なら、この2教科が一番評定の低い生徒が評定の高い女子を逆転できる教科だからです。

一般的に女子は社会が苦手であり、数学は平均点が低いので点差を付けやすい教科です。

ですから今年は

仙台二高3名・仙台一高7名・仙台三高1名・宮城一高4名

ナンバースクール合計15名を出したのは必然であったと言えます。

生徒の努力が素晴らしかったので、塾の方向性が間違っていなければこのぐらいの数字にはなると思っていました。

仙台高専1名・多賀城高校1名・仙台高校1名・仙台工業1名

宮城広瀬1名

麻布学院は上位校にだけ強いわけでは無いという証明も出来ました。

それに加え

西大和学園・函館ラサール受験者2名両名S特待合格。

難関私立高校には無類の強さを発揮することも証明できました。

 

今年の受験は生徒の努力量に比例する、素晴らしい受験結果を出せました。

残るは3名の仙台育英東大選抜進学の生徒を上位に引き上げること。

毎日3名は塾に来ています。

もちろん塾の費用は3年間かかりません。

麻布学院と保護者の約束です。

 

受験が想定の範囲内だったことで、私の計算がギリギリ噛み合いました。昨年度並みに英語が難しければ2名は合格できたと思います。

しかし、過ぎてしまった事を後から出来たはずといっても仕方が無いですし、受験問題に文句をつけても受験結果は変わりません。

自分の計算の甘さで3名の生徒を泣かせてしまった事実だけを胸に刻んで来年の新受験制度に挑みます。

 

ちなみに前期選抜の県内平均点です。

国語 64.6(昨年62.4)

数学 44.1(昨年48.4)

英語 60.0(昨年49.7)

合計 168.7(昨年160.5)

以上です。

 

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上20中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

バス 原町1丁目(目の前)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月18日

4年間の仙台一高・仙台二高の合格確率。

 

麻布学院のこの4年間で仙台一高・仙台二高を受験した生徒の合格確率を書いて見ます。

まず仙台二高の受験者が15名。合格者は13名。81.2%。

仙台一高が受験者21名。合格者は14名。66.6%。

合算36名受験で27名合格。75%の合格率です。

麻布学院は大手塾間で争いになる合格者の水増しなどは一切ありません。受験時に在籍していた生徒以外の合格は入れておりません。

両校を麻布学院から受験した数字はいつでも確認が取れます。

4年前の受験生が講師で沢山いますので。

麻布学院の数字は、仙台屈指です。

合格者数は多くとも大手塾は何%合格かわかりません。

公表している塾も複数教室があるので確認しようがありません。

毎年大手塾では水掛け論のようにお互いの合格者数にクレームを入れる有様です。

麻布学院の数字は完全な数字です。

私は数字・結果・実績に強いこだわりがあります。

受験者の75%が合格し、残り25%は東北学院か仙台育英東大選抜かウルスラtype1です。

その中の仙台育英東大選抜とウルスラtype1では麻布学院の生徒が学年1位です。

麻布学院15年間の受験生で40%が仙台一高・仙台二高・土浦第一の120人。

ここ4年間は受験した生徒の75%が合格しています。

麻布楽員はほとんどの生徒全員が志望校を受験する塾です。

それで75%は高い確率だと思います。

この地域で麻布学院はずっと地元重視で頑張って来ました。

これからは開かれた麻布学院を目指しますが、やはり地元の生徒さんは歓迎します。

どんどん来て下さいね。

 

来る5月12日(日曜日)の13:30より、麻布学院2019年度入試結果説明会を行います。

今年の入試について、新受験制度についてお話いたします。

麻布学院塾生のうち中1生保護者様、または麻布学院入塾をご検討される保護者様対象です。

ご友人お誘いの上ご参加をお待ちしております。

塾生の保護者様には日程などのお手紙を配布します。

ご確認ください。

中2生及び中3生につきましては個別に保護者面談を設定します。

来月より開始予定です。

こちらから随時ご連絡いたします。

宜しくお願いします。

 

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上20中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月17日

2019年度入試結果説明会開催。

来る5月12日(日曜日)の13:30より、麻布学院2019年度入試結果説明会を行います。

今年の入試について、新受験制度についてお話いたします。

麻布学院塾生のうち中1生保護者様、または麻布学院入塾をご検討される保護者様対象です。

ご友人お誘いの上ご参加をお待ちしております。

塾生の保護者様には日程などのお手紙を配布します。

ご確認ください。

 

中2生及び中3生につきましては個別に保護者面談を設定します。

来月より開始予定です。

こちらから随時ご連絡いたします。

宜しくお願いします。

お問合せ好調。

 

お問い合わせが好調です。

有難うございます。

昨日は中2生。今日は中3生と小学6年生と中学1年生。

二日で主要4学年のお問い合わせを頂いたことになります。

 

小学生の算数の場合、現在は100点を獲れる構成です。

その算数で100点があまりなく、80点台が出てきたら要注意です。

麻布学院はそのような生徒をナンバースクールに合格させるエキスパートです。

小学生の危険な兆候をきちんと知り、その時点できちんとした塾に通うことが将来困らない最良の方法です。

個別塾で1教科1万円をこえるような金額はいりません。

麻布学院ならばその費用で週2回、3教科に対応できます。

 

麻布学院は、60%がナンバースクール、40%が仙台一高・仙台二高に進学する塾です。

ナンバー不合格の場合でも95%の確率で私立特待生合格です。

東北学院は受験で落としてしまった生徒は15年間皆無。サッカーのセレクションで1名駄目でしたがこれは塾に関する事ではありません。

 

学習障害や不登校の生徒も最後まで麻布学院に残れた場合、90%を超える確率で公立高校に合格しております。

絶対に将来公立という生徒さんのコースである公立高校受験コースの生徒の半数以上は中3生までに成績を上げてナンバースクール受験コースに合流します。

残った公立高校受験コースの生徒には、1対2・1対3の個別対応で成績を上げています。

料金は変わりません。

 

麻布学院は確率で言うと、全ての事項で仙台屈指の塾です。

毎日授業は生れる物です慣れるものです。辞めてしまう生徒は全体の10%以下。この数字には転校も入っています。

個人塾の中では割引制度も充実させました。

自習・コピーは自由。使い放題です。

模試は全国模試から宮城県内の模試まで、他塾主催の模試以外は全て受験可能です。

検定も主要3検定は会場に指定されています。

 

公立高校の受験に失敗してしまった場合は例外なく、塾の責任として高校3年間の塾費用は無料です。

 

公立高校に合格したい生徒の90%以上が合格、ナンバースクールを受験する生徒の95%以上が私立特待生。

15年間受験生全体の60%がナンバースクール。

40%が仙台一高・仙台二高。

麻布学院に入塾した瞬間から保護者の勉強面における悩みのほとんどが無くなります。

 

今はお問い合わせが重なる時期です。

例年であれば中2生以外、締め切りの人数ですが、今年の麻布学院は今までとは違い全学年責めの姿勢です。

特に中2生は人数が少ない分、かなり力を入れることができます。

少し遅れが出始めた大手塾の生徒さんなどにはチャンスです。

一度大手で遅れが出れば、個別でというお声がかかります。

そうなった場合は道を反れ始める合図。

麻布学院はその道を修正する塾です。

気になり始めが転塾の機会。

お電話ください。

 

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上20中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月16日

 

自分を常に疑う目が必要。

私は常に自分を疑う性格です。

自分は優れた人間でもありませんし、怠け者でもあります。
人生の大切な選択肢を間違えた事もあったと思います。
ですから、常に自分の行動、考え、知識、仕事上のありとあらゆる事に疑いの目を向けます。
そうするとやはり、小さなミスや小さなやり残しが必ず見つかるものです。
自分のような人間に絶対はありません。
必ず怠けた妥協やその結果のミスがあるはずです。
毎年、生徒募集にこの時期出遅れてしまうのは、受験結果になんらかの答えが出ないからなんです。
必ず、生徒側ではなく、学校のせいでも部活のせいでもなく、データをまとめていた自分にミスがあったはず。
それが後1人、どうしても見つからない。
何度計算しても合格の数値になる。
極端に本番に弱い生徒も毎年いますが、私立は2校受験して両校ともに特待生合格。
評定は低めですが同じぐらい低めの生徒が合格している。
自分のデータに何かミスがあれば、必ず同じ間違えをしかねない。
真剣にミスを探しているのですが・・・
時期的にそんな事を言ってもいられないので、生徒募集と平行して受験データ分析を行います。
今日も中2生のお問い合わせがあり、面談を行いました。
麻布学院が受験で強いタイプの生徒さん。
来てくれれば嬉しいかぎりです。
大手塾から麻布学院に移る場合は、前納した塾の料金を支払い済みの月については、麻布学院の費用は頂きません。
つまり、5月分の月謝を前の塾に支払い済みの場合は麻布学院の5月分の費用は頂きません。
ですから個別をすすめられたなど、塾を移るタイミングで前納の授業料に悩む方がいれば、どんどん来て下さい。

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上20中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月15日

麻布学院は受験問題が難しいほど合格率は上がる。

 

麻布学院は、受験の平均点が低いほど合格率が上がる塾です。

平均点が高い年でも、評定3.9生徒を仙台二高、仙台一高に送り出す塾ですが、平均点が低いときは無類の強さを発揮します。

大手塾のチラシには、合格人数が華やかに踊っていますが、大手2社含めて合格者数の奇妙さを他の大手塾が指摘しています。

麻布学院の場合、確実な合格者数です。

今年の受験では仙台一高7名・仙台二高3名・仙台三高1名・宮城一高3名とナンバースクール合格15名です。

生徒数が23名でしたので、この確率はどの塾でも無理な数字です。

他、仙台高専・仙台高校・多賀城高校・仙台工業・宮城広瀬など国公立を目指す公立高校受験コースの生徒は全員合格です。

無念な結果になった生徒も、全員が仙台育英東大選抜。

仙台育英東大選抜に麻布学院から進学した生徒は、在籍中であれば高3生高2生は学年1位が麻布学院の生徒。

今年の受験で言えば1名が海外の大学に合格しました。

今まででは、東北大学・早稲田大学・山形大学・岩手大学・青山学院大学・会津大学・東京理科大学・琉球大学・宮城教育大学・東北学院大学などに進学した生徒を輩出しました。

ウルスラのtype1に在籍中の生徒は全3学年で1名しかおりませんが、その生徒が学年1位です。

麻布学院から難関県外私立高校を受験した場合、高い確率で合格しています。

 

西大和学院・慶応女子・慶応・豊島岡学園・作新学院TOP英進部S1

芝浦工大柏・鹿児島ラサールS特待・函館ラサールS特待(受験者全員がS特待)・十文字学園S特待などです。

合格率は78.5%。

ここでも麻布学院が難問に強い証明が出来ていると思います。

 

理由は簡単です。

麻布学院の生徒はありとあらゆる受験問題を、授業中・自習中・自宅学習で解いていますので、難問に挑むことを楽しんでいるからです。

難問が出来たときの喜びを教え込んでいます。

社会や理科であれば、資料を用いた問題ではパーフェクトな答えを出してくれます。

普段から、問題を解くだけではなく、その資料から読み取れることを口頭で質問し、私自ら全て読み取れることを解説します。

記述は100%の答えを。麻布学院の考え方です。

原点されない、読み取れることを全て書くという姿勢で受験100点が可能になります。

麻布学院はナンバースクール・私立県外難関校受験で60%の合格率。

仙台一高・仙台二高合格率が約40%。

 

公立高校を目指すクラス(仙台三桜以下)の合格率は今年100%。

統計でも90%を超えています。

近隣中学は、男子の公立合格率が3割台の年もあります。

大体毎年女子が6割・男子が4割公立高校という学校です。

つまり、5割近くが私立高校に進学します。

今年の受験では麻布学院と、大手塾数校が頑張りましたので仙台一高18名という結果が出せましたが、ある大手塾では部活に行く必要がないと指導していました。部長含め上級生が部活を休んでいたためにその部活は問題がおこりました。

麻布学院の生徒のほとんどが部活に所属しています。

今年度は100%です。

ほとんどが体育会系。部長も多くいます。

夜練に自主参加であれば、週に3回も4回も行く必要がないと言いますが、普通部活であれば行くのが当たり前。

部長を休ませて、部に問題がおこれば塾の責任が問われることになりかねません。

やりすぎです。

 

麻布学院は、間違えた情報で部活を禁止しているようなことを書かれたりしたことがありますが、全くありません。

麻布学院は普通に生活する普通の生徒たちを、鍛えに鍛えて難関校・ナンバースクールに送り出す塾です。

近隣に40%も仙台一高・仙台二高に合格させる塾があれば、近隣大手塾が悪い噂を生徒を使ってでも流すものです。

学年1位をこれだけだされれば目の上のたんこぶです。

まして麻布学院の生徒数1名・2名の上杉山などで1位を獲得され、西山中・桜丘中も生徒1名で学年1位。五城中でも2名で学年1位が2名ともです。

宮城野中では全学年で麻布学院の生徒が学年1位を獲得しています。

生徒が在籍した五橋・東華・東仙台・岩切・高砂・幸町などの生徒1名~2名の学校でもきちんと10位以内をだしている塾です。

だせなかったのは途中で生徒が辞めてしまった附属中学だけ。

まさに目の上のたんこぶです。大手塾や他塾にとって。

麻布学院を悪く言う人もいますが、一度入塾した生徒の90%は辞めません。

悔しいことですが、受験で残念な結果になってもお礼をされてします塾です。

きちんと全員、志望校に勝負できる学力まで引き上げるのがそう言ってもらえる理由だと思います。

 

麻布学院の世間のイメージは作られたイメージです。

体験してみればわかります。

入塾がまた増えて来ました。ありがとうございます。

他塾で手遅れのような状態で、最後の最後に麻布学院に来てくださるのは有難いのですが、それであれば最初から来て下さい。

そういった場合、保護者は塾に不信感を持っているはず。

不信感が数字や結果にでているはずです。

子供が辞めたくないのは楽だからです。楽だし慰めあう、足を引っ張り合う人間関係が楽しいからです。

麻布学院に来てくれれば最初は恨まれるかもしれません。

嫌がられるかもしれません。

ただ、今年の受験生で最初はそうだった生徒全員がナンバースクールに合格しました。

要は保護者の決意です。

手遅れで来て貰っても、今年は入塾できない人数になっているかもしれません。

親の意思で子供の人生は変わります。

いつでもお電話ください。

麻布学院は問題が難しいほど合格率が上がる、昨年までの後期選抜に無類の強さを発揮していた塾です。

来年の受験制度では、仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高を受験するなら麻布学院は今よりもずっと確率が高い塾になるはずです。

チラシにもブログにもこれだけのことを書いてクレームも何もありません。

大げさな表現や嘘は全く無い、全て事実だからです。

 

現在人数が大幅に増えましたが、まだまだ強気で募集します。

救える生徒が救いを求めてくれたならば、今年から塾側も受け入れる方針に変えました。

大手塾に唯勝てなかった割引制度も充実させました。

新みやぎ模試・宮城ぜんけん模試・駿台模試・統一模試・育伸模試などのあらゆる受験会場に指定を受け、数学検定・漢字検定・英語検定の準会場に指定されています。

大手塾のように急に担当が変わったり、まして教室長が移動することはありません。

麻布学院は個人塾であって実績は個人塾ではありません。

テキストだけで私が購入したものは塾に3000冊以上あると思います。

生徒の成績向上に手間隙資金を惜しますです。

きちんとした厳しさもあります。授業中は厳しく。

ほとんどの生徒が自習に来ます。

頑張る生徒に囲まれた環境です。

 

お問い合わせはお電話でお願いします。

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

 

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上20中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

 

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月14日

 

15年間の合格実績(私立高校含む)。

(麻布学院15年間合格実績)

 

生徒数304名(私立専願の生徒も入れています)

(高校名)

仙台一高 100名 仙台二高 19名 土浦第一 1名 合計120名

全体の39.4%

仙台三高 6名 宮城一高 28名 仙台二華 21名 合計175名

全体の57.5%

県外難関私立

西大和学園・豊島岡学園・慶応女子・慶応・芝浦工大柏・鹿児島ラサールS特待・函館ラサールS特待3名 十文字高校S特待 計11名

ここまでの合計 186名

全体の61.1%

 

(その他の公立高校54名)

準ナンバースクール

仙台高専7名 仙台南7名 向山3名  宮城野総合3名

ここまでの合計 206名

全体の67.7%

 

三桜5名 仙台東4名 多賀城3名 仙台高校3名 仙台工業5名

仙台商業5名 仙台西2名 宮城工業1名 塩釜高校1名

宮城広瀬2名 名取高校1名 宮城農業1名 加美農業1名

自衛隊工科学校1名

第一志望校合格者数240名

全体の78.9%(私立専願は入れておりません)

 

 

麻布学院15年間の合格実績です。

私立専願の生徒は、過去東北学院1名・尚絅特進1名

ウルスラtype1 1名 常盤木1名 聖和1名の6名です。

第一志望校合格率 246名

全体の80.9%になります。

 

残り2割の進学先は

作新学院TOP英進部S1(偏差値71 特待生)

ウルスラtype1 type2

仙台育英東大選抜(全員特待生合格)

東北学院特進

宮城学院アドバンスト

東北高校創進(S特待)

聖和特進文理(特待生)

以上の高校に45名の生徒が進学しています。

ここまでの生徒数 291名

全体の95.7%

 

卒業生少数の高校(3名以下)

聖和総合進学(3名)・・・1名看護学校・1名美容系専門学校・1名駒沢大学

東北学院榴ヶ岡(2名)・・・1名在学中・1名東北学院大学

尚絅学院文理(1名)

城南高校探求(1名)・・・専修大学

仙台育英英進(2名)・・・1名在学中・1名は早稲田大学

東北高校文理・文教(各1名)・・・1名在学中・卒業生は法政大学

駒込高校特待生偏差値58(東京)・・・1名

常盤木学園(2名)・・・看護学校進学後2名とも看護師

以上304名の進学先になります。

 

自分で数字を改めてまとめると、驚きの数字と結果です。

今まで私立高校を込みで同じ実績に載せる事はしていませんでしたが、素晴らしい結果と実績です。

生徒たち頑張りました。

全体でまとめてみると見えるものがありますね。

 

 

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

 

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上20中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

 

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月13日

 

保護者の決断が子供の人生を決めます。

 

昨日は中1生全体に話をしました。

麻布学院は、全員が仙台一高と仙台二高、そしてナンバースクールを目指す塾ではないと話しました。

麻布学院の生徒は、努力する環境に恵まれるので結果的に仙台一高が一番多く、ナンバースクール+上位県外私立高校の割合が6割程度になるだけで、仙台南や仙台高専、向山や宮城野総合などの準ナンバー高校や偏差値53以下の公立高校を目指すコースも存在しています。

 

公立高校受験コースは合格率が90%以上。

昨年も全員合格です。

確実に公立高校の合格を勝ち取ります。

その場合でも仙台高校に進学した生徒⇒東北学院

多賀城高校に進学した生徒⇒仙台育英特進

仙台工業に進学した生徒⇒尚絅

上記のようにもしもに備えた私立受験合格を必ず達成しています。

過去15年間の受験の歴史で東北学院に不合格となった生徒は、サッカーのセレクションを除けば全員合格です。

つまりは、麻布学院に入塾した瞬間に、男子の場合は東北学院の合格は最低担保されると言っても過言ではありません。

何かの問題がある生徒さんであっても、例えば学習障害や不登校(欠席100日遅刻100回以上)、重いPTSDの生徒であっても公立高校に合格させてきました。

近隣中学の公立高校進学率は例年6割弱。

男子の進学率は4割強。

麻布学院は昨年も男子全員合格です。

 

麻布学院に2年~3年間いる生徒はほとんどが、仙台育英東大選抜(今年は22名特進受験で20名)、ウルスラtype1特待生、東北高校創進S特待A特待、東北学院、宮城学院、聖和特進文理特待のいずれかに合格しており、西大和学園や慶応、ラサールS特待など、他県の私立高校を受験しても受験者のほとんどが合格しているので志望校をそのまま受験しているんです。

仙台東と言っていた中2生で入塾、校内順位60~90番台、評定3.2~3.3で入塾した生徒が結果、宮城一高に合格しています。

校内定期テスト5教科190点台で大手塾から麻布学院に来た生徒が受験では、宮城一高に合格しています。

学習障害や重いPTSDの報告を入塾面談で保護者か告げられた生徒もきちんと仙台工業と宮城広瀬に合格させています。

 

他の塾とは違い今までの実績から言えば、麻布学院に入塾した瞬間に私立特待生合格、東北学院、宮城学院の合格が担保され、それ以外の場合は公立高校に9割以上の確率で合格が確実である塾だということです。

嘘の数字でも強気なわけでもありません。

麻布学院の当たり前です。

授業中は厳しく対応したとしても、授業終了後は全員楽しく自習をする。それが麻布学院の生徒です。

厳しく厳しくと言っておきながら、厳しさと比例しない合格結果では意味がありません。

通常塾は、成績が低い生徒さんを見るのは安心します。

何故ならそういった生徒さんの保護者様は私立高校を覚悟しているからです。または工業高校や下位の普通高校でも合格できればと思う方が大半だからです。

しかし、麻布学院はそういった生徒さんほど緊張します。

いかに100%の確率で、しかも最大限の力を引き出して私立高校特待生合格や上位私立高校に合格させ、公立高校受験ではナンバー合格基準の成績まで引き上げることを真剣に考えるからです。

その結果がナンバー6割、一高二高4割の合格率に繋がってきたのです。

真剣に考えるから、仙台南に進学した塾では最後方の席に座っていた生徒が、仙台南で学年1位になれるのです。

仙台育英東大選抜、ウルスラtype1、東北学院特進に進学した生徒は少数ですが、学年1位や学年10位以内をたたき出しています。

多賀城高校に進学した生徒も常に10位以内。

 

麻布学院の勉強方を3年間続ければ当たり前の成績です。

努力することに抵抗がない生徒ばかりですから。

麻布学院はまだ生徒を強気で募集します。

どこの中学でも構いません。

どんどんお電話ください。

 

生徒数15年間304名

仙台一高100名、仙台二高19名、土浦第一1名・・・合計120名

ナンバースクール合格175名

仙台南・向山・館山・仙台高専・宮城野総合以上・・・合計195名

西大和学園・慶応女子・慶応・鹿児島ラサールS特待・函館ラサール過去全員S特待・豊島岡学園・芝浦工大柏など有名全国私立合格者過去18名。

合計213名

これが麻布学院です。大手塾の大丈夫という言葉で二華中や青陵中を受験して結果が伴わず、何の説明も無いままに二高や一高ならばと惰性で残留して大丈夫ですか?

一度、評価を違えた人間を信じますか?

麻布学院は結果がすべて。数字がすべてです。

 

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

 

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

吉成中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上21中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

子供の人生を変えるのは、決めるのは保護者です。

優柔不断な保護者が子供の人生の選択肢を狭めてしまいます。

スタートの決断を保護者様がしてくれれば、後は麻布学院にお任せください。

 

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月12日

 

麻布学院に通う生徒たちの所属中学校。

 

新中1生の入塾もやっと落ち着いて来ました。

昨日も小学生が2人入塾、3人問い合わせで体験と小学生の入塾はまだまだ続いており、有難いかぎりです。

さて、所属中学の話ですが、中学生に上がる段階で附属中に合格した生徒もいますので、遠い中学から通う生徒が少し減りました。

しかしながら、全員の所属中学を書いていくとかなり広範囲から生徒が集まってくれています。新みやぎ模試、宮城ぜんけん模試の塾内平均点が宮城県1位の麻布学院は伊達ではありません。

昨年は、新みやぎ模試で県内1位3回、宮城ぜんけん模試で県内1位5回。

生徒23人中、志望校合格者(公立高校合格者)20名。

仙台一高7名 仙台二高3名 仙台三高1名 宮城一高4名

仙台高専1名 多賀城高校1名 仙台高校1名 仙台工業1名

宮城広瀬1名

仙台育英特進22名受験中20名東大選抜(授業料免除)⇒3名進学

西大和学園1名 ラサールS特待2名(全員) ウルスラtype1 2名(特待生1名) 宮城学院MG選抜1名(特待生) 東北高校創進S特待3名A特待1名

上記のように、麻布学院の生徒はほとんどの生徒が上位私立高校を特待生で合格しています。

ですから全員が志望校をそのまま受験できる訳です。

昨年中学2年生から塾に入塾した生徒は全員合格。

男子は全員合格でした。

麻布学院出身で、私立高校に入学した場合、確実に上位になる生徒が多いです。

(昨年度)

仙台育英東大選抜2学年・1学年 学年1位獲得

ウルスラtype1 1学年 学年1位

 

公立高校受験コースから公立高校に合格した生徒

仙台南1学年 学年1位

 

上記のように麻布学院出身者は高校で予備校などに通わなくとも学年上位になれる勉強方を中学時代に見につけています。

今年の東京工業大学・東北大学工学部2名・北京大学合格者は高校で予備校に通っていません。

麻布学院は常に、家庭の負担を最低限に抑えて、授業回数を増やし、卒業後は東大・京大・医学部以外は予備校無しで大学合格できる学力と勉強方を身につけてもらえるように最大限努力する塾です。

 

その麻布学院が小学生を積極的に募集し、距離的に断ることを無くした結果、生徒の所属中学はかなり多数になりました。

進学塾と言うものは、これが本来の姿です。

遠くからでも通う価値と実績、数字と結果を残していればこそこの手法が許されます。

麻布学院は目標であった仙台一高累計100名、ナンバースクール累計150名を突破しましたので、やっと実績を残せたと思っています。

ですから今年から方向変換し、広く生徒と児童を集めます。

将来の仙台二高・仙台一高を目指す小学生にとって麻布学院は、平均的な生徒であっても一番確率が高い塾だと言えます。これは断言しても苦情は来ないと思います。

二華中や青陵中については、今年の中1生が受験で成功する3年後から対策するつもりです。

 

(麻布学院生徒所属中学)※人数順

宮城野中学校

上杉山中学校

東華中学校

五橋中学校

宮城教育大学附属中学校

東仙台中学校

幸町中学校

五城中学校

仙台第二中学校

桜丘中学校

西山中学校

富沢中学校

田子中学校

台原中学校

高砂中学校

将監中学校

東向陽台中学校

吉成中学校

館中学校

ウルスラ中学校

七ヶ浜中学校

以上21中学校から生徒が通うことになりました。

ちなみに昨年度は宮城野中全学年1位獲得。

上杉山中1位獲得。桜丘中1位獲得。五城中1位獲得。西山中学校1位獲得。

東華中・東仙台中・五橋中・幸町中・岩切中・高砂中・仙台二中10位以内獲得(全て生徒数1名~2名)

昨年度は宮城教育大学附属中以外、生徒が所属する全ての中学で麻布学院の生徒が10位以内を獲得しています。

麻布学院は遠くから通う価値が十分にある塾だと証明できていると思います。

麻布学院に入塾テストはありません。

来た生徒は基本、全員受け入れています。

昨年度も定期テスト5教科190点台の生徒を迎え入れ、校内5位に育て宮城一高に送り出しました。

それが麻布学院です。

関東には麻布学院のような、遠方から生徒が通う個人塾がいくつも存在しております。

大手塾は成績の良い生徒を集め合格させる塾。育てる塾ではありません。塾生総数とナンバースクール合格者の割合を見れば1割~2割でしょう。

今年度の麻布学院は65.2%です。

仙台一高と仙台二高の割合が43.4%

仙台高専を受験した生徒は家庭の事情で高専受験をしたため、合格点数はトップクラスです。

それに加えて生徒23名で西大和学園合格者と函館ラサールS特待生2名を出せる塾です。

私立高校特待生合格比は86.9%です。

残りの特待生ではなかった生徒全員が公立高校に合格しました。

つまり、今年の受験では公立高校合格+私立高校特待生合格のいずれかで進学する生徒が100%です。

この数字は毎年90%近い数字を誇ります。

ほとんどの生徒が公立高校合格か私立高校特待生合格で進学することが出来る塾です。

保護者の気持ち的負担と経済的負担を軽減する。

それが出来ている塾だと思います。

数字をここまで公表できるのは自信があるからです。

自信があってこそ複数の中学から生徒を集める決心がつきました。

個人塾で15年間、仙台一高・仙台二高・土浦第一 合計120名

ナンバースクール合計175名

たった304人の受験生でです。

有名私立高校も西大和学園・慶応女子・慶応・芝浦工大柏・豊島岡学園・函館ラサールS特待・鹿児島ラサールS特待・十文字学園S特待などに合格しています。

麻布学院は厳しい塾ではありますが、生徒が2週間以上通った場合の退塾率は10%以下です。

麻布学院の数字や実績に誇大な表現も嘘の数字もありません。

複数の塾を併用していた生徒の合格を入れれば、数字はもっと上がりますがこの数字は麻布学院にのみで受験に挑んだ生徒の数字です。

15年間でやっと目標に達しました。

今年からは昨年までお断りしていたケース、遠方のお問合せや他塾との併用(例A塾週2回・麻布学院週5回)の生徒さんも熱意がある保護者様と生徒さんなら積極的に受け入れます。

まだまだ生徒は強気に募集します。

お電話ください。

※中3生と中1生は体験入塾の生徒が入塾次第締め切りの可能性もあります。ご了承ください。

 

割引制度も多々あります。ご確認ください。

 

(割引制度)

紹介・兄弟姉妹入塾金割引 15.000円の入塾金無料

(兄弟姉妹割引)(例1)

中学生の兄 小学生の妹の場合

小学生の妹の授業料全額無料

(例2)

中学2年生の兄 中学1年生の妹の場合

中学1年生の妹授業料半額・夏期講習・冬期講習費無料

(評定割引)

新中3生入塾オール5割引・・・新中3生で評定オール5の生徒さんが麻布学院に入塾する場合、今年は授業料年間全て半額。

学年評定オール5継続割引・・・学年評定がオール5だった生徒さんは1年間授業料30%引き。(評定の写しをご提示願います。)

中3生で評定4.8以上で入塾・・・模試の問題で、麻布学院の生徒に勝てれば授業料半額にします。

麻布学院生徒上位15名との受験の後、面談において結果はお伝えします。

4.8以上の評定がある生徒さんは全学年塾内・塾外を問わず、審査試験の上で5割引き・3割引き・1割引きの中から授業料免除を判断します。

4.6以上あれば私が認めた生徒は割引を適応します。

先割り・・・転塾予定の塾に授業料を納入済みの場合、その月の麻布学院の授業料は免除。(この場合入塾試験あり。)

自習室いつでも全学年無料開放

遅れが出ている生徒は日曜日補習授業無料

私の日常を綴るブログです。お暇なときに。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

(場所)

JR仙石線 陸前原ノ町駅下車 宮城野原駅下車 徒歩10分

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年4月11日