カテゴリー別アーカイブ: 未分類

M中、実力テスト結果と評定の総評。

昨日、実力テストの結果と、学校の前期評定が返ってきました。

中3の結果、学校10位以内には、この前のテストから減って5人。

もちろん1位の生徒は麻布学院の生徒でしたが、10位以内に最低7人は入る実力があるはずです。

ミスをし、点数を落とした生徒が必ずいるはずです。

麻布学院のプライドに賭けて、毎年3年生の実力テストは、10位以内に7人を目標としています。

次回は、必ず達成を目指します。

 

次に、評定の話です。

中3生は概ね高い評定を学校の先生から頂きました。

仙台一高及び仙台二高を受験するために、絶対に必要な、中3の5教科で4.4以上は、両校を受験する予定の生徒達はクリアしました。

何故、4.4が必要かと言えば、仙台育英東大選抜の特待生制度の必要基準だからです。

受験点数が高い麻布学院の大抵の生徒は、過去、この基準をクリアしていれば、私立高校において、授業料免除になっています。

心置きなくトップ校合格を目指すには、やはり授業料免除という安心感は、大きなものです。

生徒達には、きちんと学校の先生に、礼を尽くすよう伝えました。

 

しかし、自分で思っていたような評定が得られなかったという生徒もいました。

同じ点数で、評価が違うという不満のようです。

ですがそれは間違っています。

普段の授業態度や、予習復習など自主的な行動が全く違うなら、評定に違いが出て当たり前だと私は考えます。

当たり前の行動、当たり前の高い点数+他の人がやらない努力や行動が必要だと私は思うのです。

後期評定に向けて、生徒達がこういった当たり前+な行動をとれるよう指導していきたいと思います。

 

高い評定を頂いた先生方にはきちんと礼節を尽くし、低い評定になった教科は、自分に非は無いのかを考え、非があれば謝罪をし、行動を改め、非が無いと思うのであれば、自分に何が足りないのかを先生に拝聴し、その実践に努める。

それが麻布学院代表である私の考え方です。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月8日

 

 

ここからだ!

 

今日は、前期の評定が出る日です。

生徒達は今頃、通知表を手にしているのでしょうか?

入塾して以来、大多数の生徒は、真面目に学校の授業へ取組、提出物などの期限も守り、校内活動にも積極的に参加していました。

その努力が、成績に結びついてくれていた嬉しいと思います。

この評定が出てからも、卒業までの間、きちんとした学校生活を心がけてもらいたいと思います。

 

ここからは、受験勉強の本番。

3学年全ての評定を元にして、内申点を計算し、それをデータと照らし合わせて、麻布学院独自システムを駆使し、志望校合格へのシュミレーションを、生徒1人1人作成しようと思います。

この独自システムシュミレーションが、平均評定3で仙台一高合格や、平均評定3.9で仙台二高合格、平均評定3.2で仙台一高合格を可能としました。

 

生徒1人1人の、学校での努力に報いるため、最大限の努力を私もしていきたいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月7日

バトンを繋ぐ。

 

麻布学院は、開校以来、M中学校の定期テスト学年1位を独占してきました。

しかしながら、今年の中学3年生については、実力テストの1位は複数あっても、定期テストの1位はありませんでした。

やっと今回の定期テストで、5教科学年1位を達成。

伝統のバトンを繋ぐことが出来ました。

麻布学院のスタンスは、上位校を多く輩出する仙台の大手塾や首都圏の塾と同じです。

学校のことは本人と、学校の先生の授業に任せて、塾は受験勉強に集中するという、塾の王道スタイルです。

それでも、卒業生が繋いでくれたバトンが途切れてしまう無念さと、申し訳なさがありました。

今回、1位の達成により、その無念さを晴らしてくれた生徒に感謝します。

学校のことは学校の先生に、というスタイルである我が塾の生徒を、1位に導いて下さった学校の5教科の先生方にも感謝いたします。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月6日

 

 

 

申し訳ありません。

本日は、面談が重なり、ブログの更新が出来ませんでした。

定期面談の時期ですので、このような日が他にもあると思います。

ご了承ください。

明日はなるべく、麻布学院を知ってもらえるようなブログを書こうと思います。

 

まもなく、宮城県にも台風が接近する時刻だと思います。

皆様に被害などが出ないよう、心からお祈り申し上げます。

あわせて、最後に、台風の被害にあわれた方々へ、心からお見舞い申し上げます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月5日

授業中と普段の切り替え。

 

麻布学院は、怖い塾、厳しい塾だと言われています。

しかし、通っている生徒の一部を除けば、こんな返答が返ってくるでしょう。

「怖くないよ。」

 

授業中の私は、常に厳しい態度で生徒に接しています。授業は我々塾屋にとって真剣勝負の場。

そこに何か私情や遊びが入ってはなりません。

授業内容のコミュニケーションはあっても、生徒との無駄話や、話題作りのためのコミュニケーションはいりません。

授業とは、その内容で生徒の気持ちを引き込む場であり、それが出来ず、安易な笑い話などを授業に挟む塾屋は、お笑い芸人に転職したほうが、余程活躍の場があると思います。

塾屋にとって、授業は戦場。

妥協の余地は一切ありません。

そんなときの私は、確かに怖く厳しいのでしょう。

 

しかし、授業が終わった途端、まるで別人の如く、本来の自分に戻ります。そこからが生徒とのコミュニケーションの場。

塾内に設置したダーツで遊んだり、笑い話に興じたり、生徒の悩みを個人的に聞いたり。

時には、人として許せない行為をした生徒については、保護者の了解を得て、本気で真剣に指導したり。

 

麻布学院は、授業中とその他の時間の切り替えが、素晴らしく出来ている塾なんです。

ですから、退塾する生徒も、授業中の厳しさがありながら、他塾と比べても、少ないのです。

昨今、授業中とその他の時間の切り替えが出来ていない塾が多々見受けられます。上位クラスだけが真剣で、その他のクラスはコミュニケーション重視。

そんな塾から比べたら、麻布学院は厳しいかもしれませんが、それだけ受験結果に責任を持つ覚悟があるからです。

麻布学院では、受験の結果によっては、高校3年間、通塾は無料です。

3年間、何度通っても、料金は頂きません。

塾屋の責任だからです。

 

麻布学院は、授業中とそれ以外の時間の切り替えがはっきりしています。それを厳しいと言われるならば、受験結果の責任を持てない、塾屋とは程遠いコミュニケーション屋になってしまうと思うのです。

ですから開校以来方針は変えません。

悪い事をすれば本気で怒り、授業中は厳しく、それ以外は笑ったり悩みを聞いたり。

そんな塾が麻布学院です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月4日

新みやぎ模試9月号。県内順位報告。

塾の月末休をとらせて頂き、3日ぶりのブログ更新です。

先月、行なった新みやぎ模試の県内順位を報告します。

見事、麻布生が県内一位を奪還しました。

以下、県内順位100位以内の生徒

1位、3位、9位、11位、20位、24位、34位、45位、61位、66位、72位、99位

以上12名です。

三年生総数28名の、小さな個人塾ですが、大手塾がひしめく仙台市内で受験数が多い、新みやぎ模試の100位以内が12名。

複数の大手塾も必ず受験している模試なので、いかに麻布学院の生徒が頑張っているかが、解ると思います。

利益主義、全体主義ではなく、個人第一主義である麻布学院だからこそこの結果が毎年うまれるのです。

現在、中学2年生の人数が11名と少ない状態ですので、入塾希望の方がいらっしゃれば歓迎させて頂きます。

もちろん他の学年、小学生も併せて募集いたします。

まずは、無料体験1週間からどうぞ。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月3日

気持ちが切れてしまった生徒

面談の途中、時間が空いたのでブログを更新します。

さて、今日の題名は、「気持ちが切れてしまった生徒。」

気持ちが切れるとは、もちろん志望校に対してです。

 

麻布学院のほとんその生徒が、新みやぎ模試及び宮城ぜんけん模試、育伸模試など、様々な模擬テストで合格ランクをたたき出しています。

志望校も、仙台二高、仙台一高、仙台三高、宮城一高、二華高校、仙台高専などの上位校ばかりです。

入塾してきた時は、普通だった生徒達が、それぞれの努力によってランクを出し、それを維持して来たのです。

 

しかし、この時期になると、同じ志望校を目指している生徒達の中に、差が出てきます。

S~Aランクの合格判定の生徒もいれば、Bランクの判定の生徒もいます。

そうなると、点数の差も大きなものとなり、上位生徒に追いつこうとするよりも、下位の生徒に抜かれないように、その点数を守りに入ってしまう生徒が何人か出てきます。

 

そして、下位を意識し始めた時から、成績の下降が待ち構えているのです。

上位の生徒と、下位の生徒では受験意識も違えば、勉強量も全く違います。同じ合格判定でも、Sランクの生徒とBランクの生徒では、志望校に対する執着心も全く違います。

そして下位を意識してしまった生徒は、せっかくAランクを出していた時期もあったのにかかわらず、志望校より下の高校のSランクの学校を、何かを理由にして、目指すようになってしまいます。

 

これが、入試直前の1月2月なら仕方のないことだと私も思うのですが、今の時期にこのような考え方をしてしまえば、今度はランクを落としたはずのSランクだった高校がAランクとなり、結局は凄まじいスピードで、BランクCランクに落ちてしまうのです。

例えるなら、仙台一高を目指している集団の中で、怒られながら、苦しい思いをし、同じ環境の仲間と同じ内容の問題を必死になって解いていたから仙台一高がBランク、仙台三高がAランク、宮城一高がSランクだったのです。

その生徒が、自分より下の今まさに仙台一高がBランクになったばかりで、途上中の生徒を意識したとすれば、前を向いている者と後ろばかり気にしている者の歩のスピード差で、一気に抜き去られてしまいます。

 

そうなった時、仙台一高ではなく、Sランクの宮城一高に志望校を変えてしまうのです。

そこからは、Sランクの油断から、志望校を下げたという錯覚が生まれ、今までの環境とは全く違い、勉強量は落ち、ヤル気も上辺だけなものと変わり、いつのまにか宮城一高がBランクとなって、Cランクとなって、結局は不合格となる悪循環が待っています。

そういう気持ちが切れる時期の早い生徒は、怒っても、真剣に話をしても、追い詰められた状態になるまで成績が落ちない限り、全く心に響いてくれません。

 

結局は、ヤル気のある集団である麻布学院の中に居場所をなくして、退塾してしまう生徒もいます。

この気持ちが切れる原因は多々あるのですが、結局は成績への向上心と志望校への強い執着があるか無いかだと思います。

 

気持ちが切れてしまった生徒は、志望校を落とすきっかけや、塾をやめるきっかけ探しをするようになり、そこから成績を向上させるのは、とても難しいのです。

毎年、この時期にこの現象が1人2人あり、悩んでしまいます。

何年塾を経営しても、この瞬間は落ち込むものです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年9月28日

 

毎日、面談です。

今週と来週は、面談がびっしりです。

とても忙しい日々を送っています。

ブログ更新が出来ない日は、ご了承ください。

 

さて、麻布学院は、毎日授業があるイメージですが、1教科単科や、3教科のクラスも御座います。

昨日、数学単科での問い合わせがありました。

事前に、曜日の設定はしなければなりませんが、そのようなコースも存在しています。

もし、ご希望の方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

お待ちしております。

 

定期考査が終わったこの時期は、有難い事に、問い合わせラッシュです。この機会に、迷われている方や、成績が落ちて悩む方はご連絡ください。

スタートが同じ生徒がいるというだけで、気持ちが楽なまま、塾生活に入ってこれる貴重な時期が今ですから。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年9月27日

麻布学院の通常授業システム。

 

今日は、先日発生した雨漏りの工事が入っています。

これで安心。

強い雨のたびに、ポタポタ雨漏りしてはたまりませんから。

 

今回は、麻布学院の通常授業のシステムについて紹介します。

まずは、授業曜日と授業時間について。

授業曜日

中3 月曜日~日曜日(毎日)

中2.中1 月曜日~土曜日(週6日)

授業時間

中3 平日 16:30~21:00(270分)

土日 15:00~20:00(270分)

中2.中1 月曜日~金曜日 19:30~21:00(90分)

土曜日       18:00~20:00(90分)

 

自習時間 毎日 13:00から授業時間まで自由

土曜日・日曜日などは、午前中から自習に来ている生徒も多数です。

 

授業クラスも、中3生28名で4クラス。そのうち1クラスは3名以下の個別クラスとなっており、少人数集団クラス+個別クラス(社会と理科は全体授業)と手厚い授業体制を心がけています。

中2は11名で2クラス。中1は18名で2クラス体制。

上記のような、かなりの学習量と少人数クラス体制で、学力の向上を確実な物とします。

授業時間だけではなく、大半の生徒が、学校から直で塾に来て、自習をしています。

自宅の学習においても、毎日この時期は、受験問題を必ず3教科以上全問解く宿題がだされます。

つまり、塾終了後も、自宅で最低2時間半の学習をしています。

その結果、新みやぎ模試9月号塾内平均点419.4点。期末考査塾内平均点5教科421点。

上記のような高得点を誇っています。

休日は、毎月29日以降の月末休と、夏期休業と冬期休業のみとなっています。

 

これだけの学習量がありながら、年間で退塾する生徒は多くて1学年2名。ほとんどの生徒が着いてこれるよう生徒のケアや、保護者との連携を密にする面談を行っております。

保護者面談も、1家庭につき最低1時間。多い時は3時間かけて塾への疑問や、受験についての学習面だけではなく、生活面に至るまで、多岐にわたります。

保護者面談は、春、夏、秋、冬の4回。

緊急時は随時面談を行っております。

ちなみに昨年の受験生で、退塾した生徒は3年間で2名(転居のため)。今年の3年生は3年間で5名です。

厳しい環境の中、ほとんどの生徒が入塾後はついてこれる状態だとわかる数字だと思います。

 

この学習量は、仙台市内はもとより、全国規模でみても類を見ない麻布学院独自のシステムです。

ですから、高校受験において、約9割の生徒が私立の特別進学系を合格の上、約8割強の生徒がナンバースクール又は、それに準ずる高校を受験します。

麻布学院の生徒は学習する姿勢が自然と身につき、大学進学でも、国内有数の大学に進学する卒業生が多数おります。

 

通塾している生徒の在籍している学校も、宮城野中、東華中、東仙台中、付属中、上杉山中、沖野中、岩切中と様々です。

つまり、個人塾でありながらも、激戦区の仙台市内中央の地域において、遠い地域から通うだけの価値があるのがわかると思います。

 

今日は、麻布学院の通常授業システムについてご紹介しました。

入塾をご検討の方がいらっしゃれば、いつでもお問い合わせください。

学年を問わずお待ちしております。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年9月25日

定期面談の季節

秋の定期面談の季節です。

この時期に、公立の志望校と私立の受験校が、現実的に決まっていく面談なので、気合を入れて頑張ります。

志望校選定に役立つように、データを各種用意し、解りやすく丁寧に面談をいたします。

今日も、中3生の入会面談がありました。

もひろん、塾側とすれば入塾をお断りすることはありません。

最後の望みとして、麻布学院を選択して頂けるのは、光栄なことですし、保護者、生徒本人のどちらかが本気であるならば、まだ成績が上昇する時間はありますから。

受験というものを入会面談でも解りやすく説明いたします。

志望校選定に悩む方々がいらっしゃれば、入塾するしないを問わず、いつでも面談を設定いたします。

 

さて、前述のように面談期間に入りましたので、ブログを書く時間がとれない日も出てくるかと思います。

その時はご了承ください。

出来るだけ、ブログも頑張って更新いたします。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年9月24日