中3生のお問合せ。

 

中3生のお問い合わせが4件と続いています。

中2生も2名お問い合わせをいただき、この地域の動きが活性化しているようです。

中3生の公立高校受験コースは募集定員に達して締め切っているのですが、どうしてもと言われると悩んでしまいます。

先月1ヶ月間体験入塾期間を延ばして、真面目に通っていた生徒をお断りしなければならなかった状況です。

ナンバースクールコースと仙台一高・仙台二高受験コースならば、まだ席を確保できるのですが・・・・

両コースとも、締め切りは近いと思いますのでご希望の方はご連絡ください。

中1生と小学生にはまだまだ余裕があります。

どんどんご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年7月5日

 

お問合せ。

 

今週に入ってからお問い合わせが相次いでいます。

中3生が3名、中2生が2名、小学生が1名です。

夏期講習の準備段階に入っていますので、データをまとめ指導方針を出す時間確保のために、お問い合わせはお早めにお願いします。

 

入塾し受験まで在籍した生徒の7割弱が仙台南以上に合格。

この数字は公立高校入試で私の力足りずで私立高校に進学した生徒や私立専願の生徒を人数に入れて、公立高校入試で仙台南以上に合格した生徒です。

仙台育英東大選抜やウルスラtype1、東北学院や宮城学院アドバンストの生徒も含めれば余裕で9割近くになるはずです。

 

仙台一高と仙台二高の合格確率が14年間で40%弱。

大手塾が何名合格を出したとしても、それは生徒総数の何%かわかりません。

麻布学院は40%の生徒が仙台二高と仙台一高に進学しました。

仙台一高の受験首席 3名 仙台二高の受験首席 1名

 

昨年度の新みやぎ模試実施月8回中4回が麻布学院の生徒が県内1位。

宮城ぜんけん模試では5回中3回。

 

仙台一高と仙台二高を受験するからといって、公立高校に変わりはありません。

受験問題は仙台二高とほかの学校に違いは無いのです。

わざわざ、難しい問題をセレクトし難関校受験を煽る模試を受験する必要はありません。

何故なら、大手塾が独自で主催する模試をライバル塾が受験するはずもないからです。

1つの大手塾が中心となる模試を受験しても、推定順位という、宮城県の受験生の人数と偏差値から想定される順位では全く判断がつきません。

実質、何名が受験しているかすらわからないのです。

ですから模試は、公立入試に近い形の新みやぎ模試と宮城ぜんけん模試で十分です。

 

麻布学院は毎日塾があり、厳しい授業で有名ですが辞める生徒はほとんどいません。

全体の10パーセント弱です。

 

近隣中学の中3生定期テスト30位以内の生徒の14人は麻布学院の生徒です。

1位と3位、5位と7位が2名。10位以内も5名います。

この地域に限れば、麻布学院は断トツの数字と結果、実績を14年間で残して来ました。

これからもそのつもりです。

 

今年は15周年。

麻布学院は気合いが入っています。

この地域で大手塾の後塵を期すのは1度で十分です。

ですからまだま生徒は募集します。

どんどんお電話ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年7月3日

 

人生が変わる場所へ。

 

中3生の問い合わせが3件ありました。

募集締め切りの公立高校受験コース以外であれば、入塾はまだ可能だと思います。

今年は、本気で大手塾に挑むつもりです。

 

個人塾は、大手塾に圧倒され、付加価値として上位校の合格実績で争う以外でつけることを余儀なくされています。

人数が多い個人塾もありますが、その塾の仙台二高や仙台一高合格はあまりききません。

麻布学院も、個別コースや週1回、週2回にすればまだまだ人数を増やせます。

公立高校受験コースのお問い合わせは、かなりの数を申し訳ないのですがお断りしなければならない状況です。

毎日塾を開いても、週2回3回の塾よりも塾代は安く設定してあるので、個別をうたい週1回~にすれば利益は3倍にも4倍にもなります。

麻布学院は個別指導塾でもないのに、専門講師3名、学生25名体制で授業をしています。

個別に切り替えても問題はありません。

 

それに、昔はお盆期間中も授業を平気でやっていた塾です。

保護者の要望で、その期間と年末年始、GWのお休みにしています。

麻布学院には日曜祝日の休みは無く、3月4月5月6月9月10月11月に月末29日以降の月末休があるだけです。

そこのお盆期間中、年末年始に、合宿と銘打って、広く生徒を募集すれば大きな利益にもなるでしょう。

 

しかし麻布学院の質は保てません。

生徒全員に公平に厳しく、公平にやさしく、公平に成績管理をするには今のやり方を変えては麻布学院でなくなります。

 

麻布学院は、個人塾であっても大手塾にトップ校合格率や定期テスト上位者、模試の上位者の人数で対抗できる塾でありたいと思っています。

麻布学院が目指すものは大きな利益でもなく、生徒数でもなく、楽しさや娯楽でもありません。

 

純粋に数字と結果、実績のみです。

一切数字を誤魔化さず全てを公開し、大手塾に挑み続けるつもりです。

 

麻布学院は、大手塾で燻る才能ある生徒を歓迎します。

今年の受験でトップ校合格をさせてあげられなかった2人から報告がありました。

1人は仙台育英東大選抜で学年1位。

1人は東北学院で15位。

2名とも他の塾から来て、受験結果は私の力足らずでしたが、本人たちの実力と努力は確実なものでした。

麻布学院は将来を確実に変える塾です。

 

まだ募集は継続します

お問合せ大歓迎です。

出来るだけ対応します。

 

人生を変えたい生徒さん、変えてあげたい保護者様はお電話ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年7月2日

 

宮城野中学校。中3生順位確定。

 

近隣中学校の宮城野中は、1学年250名を上回る生徒数です。

麻布学院に通う中3生は丁度21名。

1/10に満たない人数です。

では、麻布学院の生徒の順位です。

(10位以内)

1位 3位 5位 7位 7位 以上5名

以後

10番台

11位 13位 15位 18位 以上4名

20番台

20位 21位 22位 23位 26位 以上5名

 

全体の生徒数1/10に満たない麻布学院の生徒が10位以内を5名出し、1位と3位も獲得しました。

21名中14名は30位以内。

30番台にも2名いますので、ほぼ上位の半数近くは麻布学院の生徒です。

個別塾、個人塾、中堅塾、大手塾に囲まれている麻布学院ですが、評定の高い生徒たちを今回の定期テスト対策から積極的に集めた大手塾に全く引けをとっていません。

今回、中3生に大きく力を入れていましたので、中2生が少し成績を落としましたが、中2生は元々鍛えている学年。

模試で圧倒的な力を見せてくれることでしょう。

 

麻布学院は14年間で、入塾し受験まで塾に残った生徒の70%が仙台一高・仙台二高・仙台三高・関東上位私立・宮城一高・仙台二華・仙台高専・仙台南・向山高校以上に合格しています。

その中の約6割がナンバースクール及び関東上位私立。

そしてその約40%が仙台二高と仙台一高に合格して来ました。

 

近隣中の学年10位以内の半数を占め、昨年度以外の13年連続で近隣中の仙台一高、仙台二高の合格者数はトップ。

昨年度、初めて1つの大手塾に遅れをとりましたが、昨年は麻布学院の生徒数が少なかったこともあります。

しかし、近隣中に在籍し麻布学院から仙台一高と仙台二高を受験した生徒の全てが合格しています。

今年は昨年明け渡した、宮城野の王者の地位を必ず取り戻したいと思います。

生徒たちは気合いも入っていますし、夏期講習は大成功に終わると確信しています。

 

明日から中3生で2名、体験入塾があります。

仙台二高・仙台一高受験コースとナンバースクール受験コースは、まだ募集を継続します。今年は攻めるつもりなので。

中2生も両コースは募集を継続します。

中1生も同じです。

小学生はどんどん募集して下さい。

 

中3生や中2生から入塾した生徒や、私立専願の生徒も含めて14年間、70%を仙台南以上に合格させてきた塾です。

小学生からいれば、確率は大きく上がります。

合格者総数の少ない中受験に賭けるよりも、麻布学院の確率に賭けた方が成果は出やすいかもしれません。

7月に新聞広告が入ります。

ご覧ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年7月1日

麻布学院は「勉強」という競技の部活。

 

宮城野中学校で順位が発表されました。

麻布学院の生徒たちの順位は1位・3位・5位・7位のようです。

まだ配布されていないクラスがあるので、確定しているのは上記4人です。

中3生が260名をこえる学校の10位以内を4名。

もしかすると5名になるかも知れません。

全体で1学年30名弱、宮城野中だけで言えば20人強。

その人数しかいない個人塾が全体の40%を占めています。

昨年度、一昨年は60%を占めた定期テストもざらでした。

近隣の大手塾には麻布学院よりも多くの宮城野中生が通っていますが、どこの塾も10位以内は1~2名です。

麻布学院の生徒たちは頑張っています。

 

個人塾だからと言って、始めから大手塾に成績と合格実績では白旗を掲げ、楽しさや勉強以外のコミュニケーション、道徳的な物を売りにする塾にはなりたくありません。

麻布学院は数字と結果、実績が全てです。

生徒が1人しかいなくても昨年中1生の上杉山中学年1位は麻布学院の生徒です。

人数が多いから少ないからも関係ありません。

生徒2名しかいない今回の中3生、五城中の順位もおそらく2位・3位は確定しています。

 

順位が出れば、麻布学院は包み隠さず全て公表します。

模試も定期テストも実力テストも全ての数字と結果です。

合格実績も過去14年間の合計(私立専願の生徒は人数には含むが第一志望校合格実績には入れていません)、過去2年間の合格実績。

料金表と時間割。

 

入塾時には1週間の体験授業と進路説明面談、延長して体験を認める場合もあります。

さらに後追いは一切いたしません。

体験入塾した生徒のほとんどが入塾に至ります。

辞める生徒は統計で全体の1割弱。

30名生徒がいる塾で3年間3人の退塾者であるなら少ないと言えます。

そして全体の7割弱がナンバースクール及び関東私立上位校合格。

全体の4割が仙台二高と仙台一高に合格して来ました。

それが麻布学院です。

 

塾は数字・結果・実績が全てです。

14年間で281名の生徒しかお預かりできない小さな塾です。

大手塾1年間の1学年に在籍する生徒数の1/5・1/10の人数しか14年間で在籍していません。

14年間でたった281名です。

しかし、麻布学院は私立専願を抜いた(関東私立は除く)第一志望校合格率が76.1%です。

 

麻布学院は良く強気だとか厳しいと言われますが、数字と結果、実績があるからこそ強気であり、第一志望校、しかもナンバースクールと関東私立に70%合格率があるからこそ厳しくとも生徒は辞めません。

麻布学院は競技「勉強」という部活です。

毎日授業があるのは、部活と同じことです。

一度入塾すれば生徒たちも苦にしません。

 

「勉強」という部活は、将来に一番つながりやすいと私は思います。

夏期講習からの部員を募集中です。

新聞広告が入りますのでご確認ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年6月28日

中3生。定期テスト。

 

定期テスト結果が返されています。

宮城野中で言えば、まだ順位は出ていませんが1位獲得は確実です。

496点以上の生徒が他に存在していませんので大丈夫でしょう。

480点以上の生徒は10位以内が濃厚ですので最低でも5~6人は10位以内に入っていると思います。

五城中は、中3生は2人しかいませんが、2位と3位は確実なようです。

残念ながら1位は明け渡したことになります。

中3生は上杉山が1名、東仙台が1名、岩切が1名、東華が1名います。

五橋の1名は公立高校受験コースですので、10位以内は狙っていませんでしたが、その他の中学は全て狙っていました。

塾は数字と結果が全てです。

麻布学院は1学年240人近くの中学の10位以内の半数を獲得する塾です。

入試での数字と結果もこの地域で積み重ねて来ました。

15周年の今年は、今までと違い生徒数も増やして新たな挑戦をしようと思っています。

麻布学院は、やり方も方針も信念も15年間ぶれることなく貫いて来ました。

塾は数字と結果が全てです。

今まで数字と結果を出し続けて来ました。

少人数でこれだけ各学校の10位以内が在籍する塾は少ないと思います。

100人200人、生徒数がいる塾にも負けない実績はあります。

これからも攻めの麻布学院でやって行こうと思います。

 

夏期講習の生徒はまだ募集していますのでご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年6月27日

お問合せ。

 

昨日今日と、お問い合わせがありました。

学校の定期テストが終わり、動きが出てきたようです。

麻布学院の夏期講習は毎日10:30~20:00まで。

中2生、中1生も毎日180分授業です。

この夏期講習で先輩たちは志望校への扉を開きました。

募集は継続しています。

どんどんお問合せください。

麻布学院の雰囲気は、通っている生徒にきいてみて下さい。

以外に全員楽しんで勉強しています。

授業中とそれ以外の切り替えがとても上手い塾です。

体験入塾募集中です。

お問合せください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年6月26日

 

15周年。今年は大々的に生徒募集します。

 

ほとんどの中学校で定期テストが終わりました。

残っているのは南小泉中と幸町中のみです。

中3生はすでに切り替えていましたが、今日から中2生と中1生も定期テスト対策授業を終えて受験塾としての麻布学院に戻ります。

つきましては、生徒募集を大々的に行います。

 

中3生・・・仙台一高・仙台二高受験コース及びナンバースクール受験コース(仙台南・向山・泉館山を含む)・・・募集定員2~5名

公立高校受験コース・・・募集終了

中2生・・・仙台一高・仙台二高受験コース及びナンバースクール受験コース・・・募集定員5名

公立高校受験コース・・・若干名

中1生・・・各コース合計募集定員5~8名

 

麻布学院は、過去14年間の受験で、麻布学院で受験をむかえた塾生の40%を仙台一高と仙台二高に合格させてきた塾です。

ナンバーで言えば56.5%。

仙台南以上であれば65%です。

仙台市内で最も仙台一高と仙台二高及びナンバースクールに合格する確率が高い塾であると思います。

受験で悔しくも結果が出せなかった生徒たちも、私立進学先の90%以上が仙台育英東大選抜(特待生)・東北高校創進(S特待)・ウルスラtype1(特待生)・東北学院・宮城学院アドバンストです。

 

つまりは、生徒の大半が私立入試は特待生合格する塾です。

それだけ生徒1人1人に力を入れています。

 

今年は15周年を迎え、麻布学院は今まで制限してきた生徒数を若干増員して受け入れるつもりです。

どんどんご連絡ください。

麻布学院は、体験授業の期間1週間はお名前以外の個人情報を伺いません。

入塾に至らなかった場合、一切のご連絡も致しません。

体験授業をおこなった場合、ほとんどの生徒さんが入塾し、その9割以上が麻布学院で受験を終えます。

つまり、毎日授業があり、厳しい厳しいと言われながらも1割弱の生徒しか退塾しません。

不確かな情報で、麻布学院に入塾すると部活を辞める生徒がいるという物を流されたことがありますが、昨年の中3生で部活を辞めた生徒は1名。今年の中3生にも1名はいますが、このぐらいの退部は20名以上生徒がいればあると思います。

それどころか、今まで日本代表も数名在籍していましたし、全国大会、東北大会に数多くの生徒が出場し、その大半が仙台一高と仙台二高に合格しております。

全国大会出場者は100%が仙台一高か仙台二高に進学しました。

 

塾を続けることにあまり不安は無いと思います。

ご連絡お待ちしております。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年6月25日

中3生は授業。

 

すでに中3生は、部活引退組が多数派なので、週7日の指導体制に入っています。元々、中3生は週7日ですが現在は平日16:30~21:00まで、休日は15:00~19:30まで授業です。

麻布学院の生徒のほとんどが、現在の成績や評定はどうあれナンバースクールを目指しています。

点数が低いからこそ、評定が低いからこそ、人が休んでいる時間帯に頑張らなければ追いつきません。

現在、両方とも高い生徒たちは、のちに死に物狂いで追いかけてくるライバルたちを突き放しておかなければなりません。

 

公立高校受験コースの生徒たちも、1つでも偏差値の高い高校へ進学した方が道は広がります。

経済的に私立高校が選択できないのならば、必死に勉強しなければ狭い道に誘導されてしまいかねません。

ここから麻布学院の本気モードです。

全員、苦しくとも最後まで成功を信じ努力しましょう。

結果は必ず付いてきます。

 

今日、中2生や中1生の多くが自習に来ています。

それが麻布学院の日常であり、当たり前の1日です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年6月24日

宮城野中学校。定期テスト中3生。

 

近隣中学校の宮城野中学校に通う生徒たちの定期テスト答案が全て返却されました。

他の学校がまだ実施されていなかったり、答案が戻っていなかったりするので、とり合えず宮城野中学校だけまとめてみます。

仙台一高・仙台二高受験コース・ナンバースクールコース 計19名

平均点 466点

公立高校受験コース 計4名

平均点 355点

宮城野中学校 麻布学院中3生 計23名

平均点 447.5点

 

上位2コースの生徒たちはまずまず十分な点数だと思います。

最高点が496点で最低点が427点。

ほとんどの生徒が450点を超えて460点台~480点台にかたまりました。

公立高校受験コースの生徒たちも、1名が大きく点数を落としてしまいましたが、全体的には定期テスト対策の成果が出ています。

 

麻布学院には、小学生から中受験を考えて特殊な教育を受けている大手塾の上位生徒のような生徒はほとんどいません。

小学生から麻布学院に在籍していた生徒は何名かいますが、現在の中3生が小学生だった時代は、小学生を積極的に募集していませんでした。

ですから、ほとんどの生徒たちが、中学1年生~中3生になって初めて塾に入った生徒たちです。

言うなれば、普通に小学生生活を送っていた生徒です。

その普通の生徒たちを毎年集め、鍛え上げて各中学の1位を獲得し、模試の県内1位を獲得し、14年間で110名のトップ校合格、159名のナンバースクール合格者を輩出して来ました。

大手塾のように、1学年1000名2000名という塾ではなく、平均生徒1学年20名の塾です。

14年間で281名、麻布学院から生徒が巣立ちました。

麻布学院が15年間で模試の県内1位を輩出した人数は26名。

校内1位を獲得した中学校は14年間

宮城野中・東華中・上杉山中・仙台二中・附属中・五城中・南小泉中・西山中・沖野中など多くの学校で校内1位を獲得しました。

 

麻布学院は、普通の生徒たちが遥か高い彼方に見えていた志望校が、鍛えに鍛えて翼をもち、大空に舞い上がることが出来る塾です。

生徒全員が、努力することを当たり前と考えることが出来る塾です。

 

中3生は、公立高校受験コースは締め切りましたが、仙台一高・仙台二高受験コースとナンバースクール受験コースは継続して募集します。

今年の麻布学院は、守りから攻めに転じようと思っています。

夏期講習は成績を大きく上げる最後のチャンスです。

今の塾に流されるような形で残って不安はありませんか?

塾に行かずに仙台一高や仙台二高に合格した先輩は中学に何人いましたか?

麻布学院は辞める生徒が10%弱です。

厳しくとも楽しく毎日を真剣に送ることが出来ます。

夏は朝10:30~20:00まで。

毎日が合宿です。

人間は、自分が変わろうとしても周囲の環境や、意志の弱さで変われずに終わる人間が大半です。

麻布学院は中3生が大きく人生を変えるチャンスで溢れています。

 

中2生も上位2コースは継続して募集います。

中1生は、3コースとも入塾可能です。

小学生はどんどんご連絡ください。

お待ちしております。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年6月23日