求められている事。

 

保護者や生徒が塾に求める事は、娯楽の場を与える事でもなく、勉強をする習慣を身に着けさせることでもなく、人間教育を施すことでもないと思います。

塾に求められている事は、第一志望の高校に合格できる学力まで生徒を引き上げる事です。

入塾時の学力相当の高校ではなく、さらに2ランク3ランク上の高校を受験できるだけの学力を生徒に身に着けてもらうことこそ塾の役割です。

 

例えば、仙台南に合格できる学力の生徒が入塾してきたとして、大抵の場合、保護者や生徒はそれよりも上位の高校を志望しています。

その生徒を仙台南に合格させる事は塾に入塾せずとも出来るかもしれません。

しかし、仙台二高や仙台一高、仙台三高に合格させるとすれば、塾は必要です。

現状の勉強法では叶わない志望校だからです。

その学力に引き上げる事を期待して、保護者は塾代を負担して頂けるのです。

 

麻布学院は、入塾時に生徒や保護者から提案された志望校に忠実です。

いかにその高校と現在の学力、学校評定がかけ離れていたとしても、どうすればその学力に到達するかを真剣に考えます。

データを組み上げて、指導プログラムを作成し、どうすればその学力に到達するかを考えます。

課題を1つ1つ見つけて、その対処方を生徒の性格なども加味して作成します。

日々の授業や会話を踏まえ、データを毎日修正し、第一志望校合格へと近づける指導を心がけます。

そして、保護者のもしもの負担が少しでも減少するように、私立高校入試では、仙台育英特進特待生合格、ウルスラtype1、東北高校創進S特待などの授業料免除で合格を勝ち取り、気持ちの面での負担も減らし第1志望校を受験することに迷いがでないようにします。

例を上げれば、今年の受験では仙台育英特進に受験した20名中18名が特待生合格を果たしています。

 

麻布学院の今年の受験生は、全員が第一志望校の合格ランクを模試で出しました。

その上で、第2志望校、確実な公立、そして第1志望校の合格確率をデータで示し、後は保護者と生徒で受験校を決定してもらうようにしています。

麻布学院の場合は、ほとんどの生徒が第1志望校を受験します。

それは、私立高校特待生合格による負担の軽減と、生徒達が受験までにしていた努力を保護者が考えてくれた結果だと思います。

 

麻布学院は、志望校に忠実です。

必ずその高校に合格できる学力に引き上げられるよう現実的なプランの立てます。

数ある塾から麻布学院を選び、求めもらっている事は、それだと思うからです。

今年の中3生も必ずやその学力まで引き上げます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年5月10日

保護者面談開始。

今日から保護者面談を開始しました。

まずは、中3生からです。

もうすぐ中3生はクラス分けを細かく行う予定です。

仙台一高と仙台二高を受験するクラスと他のナンバースクールを受験するクラス、公立高校合格を目指すクラスの3つに編成します。

仙台一高と仙台二高を受験するクラスに関しては、保護者の考え方も非常に重要な要素です。

一度そこを目標としたら、その他の学校を考えることは難しくなります。

今年の仙台二高と仙台一高に合格した生徒達は、生徒、保護者ともに志望校を変更しようと考えたことが無い生徒ばかりです。

少しでも、トップ校を受験する事に迷いがある場合は、編成クラスに入るのは難しと思います。

 

仙台二高と仙台一高を受験する場合、誰よりも努力をし、どれだけ模試や実力テストで点数を獲っても、不合格となる危険性は拭えません。

それだけ受験する人間のレベルは拮抗していて、合否は当日の点数に大きく左右されます。

3点差で合否が分かれる世界です。

迷いがあったとすれば、迷いが無い人間に勝てるものではありません。

保護者面談の結果をふまえてクラス編成をするつもりです。

 

仙台二高と仙台一高の二校だけは、生徒の考えだけではなく、保護者の覚悟と支援が大きく合否に関わるので、丁寧に面談をしようと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年5月9日

本格的に受験モード突入。

 

GWのお休みも終わりました。

今年の受験のことで、自分に何が足りなかったのか、そしてどこに甘さがあったのかを休み中に考えてました。

自分なりにその結論がでましたので、今日から完全に頭を受験モードに切り替えます。

今年の中3生は、良い意味で優等生が多いと思います。

上位クラスのほとんどが評定が比較的に高く真面目な生徒が多いと思います。

その分、学力的に飛びぬけた生徒が少なく、人と争う姿勢に若干の弱さを感じます。

麻布学院には珍しいタイプの生徒が多い学年だと思います。

 

言われたことは淡々とこなし、勤勉で真面目。

一見、何の問題も無い生徒達です。

 

問題は、誰かを追い抜こうとか、挑戦しようという気概に欠ける部分。

麻布学院は常に競争です。

席順も模試の成績。

毎週土曜日に行うテストでは、点数を読み上げます。

中1生や中2生が中3生に挑みたいと言えば、学年を超えて受験問題で競わせます。

負けた者は泣き、勝った者は勝ち誇る。

それが日常の塾です。

負けた経験があるからこそ、次は絶対に勝ちたいと努力をするのです。

現に、中2生や中1生には、ギラつくような向上心を隠そうとしない生徒が何人もいます。

中3生にはそのような生徒が見当たりません。

 

まず私がやるべき仕事は、そのような向上心と負けん気の強い生徒を育てること。

受験とは究極の競争であると教えこむこと。

競争心の無い者は、受験で勝ち抜くことが難しいと訴え続けること。

 

そして、本来の麻布学院に見らえるような戦う集団に鍛え上げること。

それには、多くの時間を中3生に割く必要があります。

ここから私と生徒の真剣勝負。

本格的に受験モードに突入します。

 

麻布学院 塾長ブログ 2017年5月8日

他塾は他塾。

「うちの塾は成績を上げます。」

言うのは簡単です。

ただ、そう簡単に成績が上がるならどの塾も成功しているはず。

経営者側が、上げたと思っていても、生徒や保護者にとってその点数が満足できるものかと言えば違います。

成績を上げるとは、生徒や保護者が思ってもいなかった点数まで上げてやっと認められるものだと私は思っています。

それを少人数の生徒数で数年続けるのは簡単です。

しかし、生徒数が増え、年数を重ねてもその成績を維持できるかは非常に難しいと思います。

世の中に認められるには、10年以上、その成績を保ち続けて少しだけ認知されるようになる程度です。

麻布学院は13年間で105人の仙台二高と仙台一高の合格者をだしています。

生徒全体の40%強。

1つの教室の個人塾としては、仙台市内のどこの個人塾と比較されても合格者数では負けていないと思います。

しかしながら、大手塾と比較されれば、その人数は霞んでしまうと思います。

生徒数が違うとか、教室数が違うとか、元々成績の良い生徒が合格しただけだとか、悪しざまに大手塾の批判をする同業者もいますが、それは大きな間違いです。

麻布学院が成績を維持できるのは1つの教室で、最大1学年30人が限度です。

教室数を増やし、生徒数を増やせば大手塾を超えるのかと言えば難しいと思います。

何故なら、麻布学院に求められているものとそれが大きく異なるからです。

 

麻布学院に求められているものは、入塾時の成績や評定にとらわれず、圧倒的な学習量と徹底したデータ管理で、受験までに第1志望、そしてそれ以上のの高校に合格できる学力まで生徒を引き上げることです。

生徒数が1学年で50名や100名になれば、データの管理も出来なくなりますし、圧倒的な学習時間で塾を運営することも出来なくなると思います。

麻布学院の成績を保つには、1教室で1学年30名が限界なのです。

それ以上に塾を大きくしてしまえば、麻布学院の強みがなくなってしまいます。

 

麻布学院のような個人塾が大手塾と同じ土台で勝負しても、全く話になりません。

ですから私は塾開設当初から、方針を定めてそれを変えることなくここまでやってきました。

1  圧倒的な学習量で首都圏並みの教育を

2  仙台で1番厳しいと言われる塾に

3  生徒数は中学生全体で80名までにし、1教室で

4  生徒に厳しい分、自分にはもっと厳しく、毎日のデータ管理を1人1  人怠らず

5  生徒が増えても授業料は上げずに開設時のままで

 

これを13年間守り続けて、最近になり、世間から少しだけ認知されて来ました。

麻布学院の方針が、どこよりも優れているとは思いません。

麻布学院が麻布学院であり続けるためには、この方針しか出来ないだけです。

塾の良し悪しは、生徒や保護者が判断することであり、私自身が判断して良いものではありません。

 

他塾と麻布学院を比較することは愚かなことです。

生き残っている塾は、大手でも個人塾でも必ずその塾の方針があり、世の中から認められている証拠だと思うのです。

比較したところで、方針は全く違うのだから、意味がありません。

どの塾も、きちんとした方針があればこそ、何年間も塾を続けていけるのだと思います。

生き残っている塾の全てが必要な塾。

それが私の偽らざる気持ちです。

 

これからも、麻布学院は自分達に出来る精一杯の範囲で、方針に従い、他塾と競い合いながら、もっともっと良い塾になれるように努力をしたいと思っています。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年5月7日

今日から塾を再開します。

 

GWの休日は昨日で終わりです。

今日から塾を再開します。

一般的に、GWは続いているので今日は生徒の休みも多そうです。

中総体も近いので、中3生は休み中も部活に明け暮れたみたいですね。

この時期は、GW⇒修学旅行⇒中総体と学力を大きく下げてしまうイベントが満載です。

塾を経営している者にとっては、一番警戒すべき時期だとは思います。

 

しかし、修学旅行も中総体も、中学生活における最も思い出深い行事です。

後の事は、考えずに楽しんで貰いたいと思います。

全て終われば勉強漬けの毎日です。

上手く切り替えが出来るように、悔いは残さず。

毎年、生徒にはそう話しています。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年5月6日

中2生、新みやぎ模試結果。

 

昨日に続き、新みやぎ模試の結果報告です。

新中2生号の宮城県平均が304点と高かったため、偏差値70以上は中々獲れません。

県内20位以内でやっと偏差値70程度です。

 

(県内順位100位以内)

県内5位 487点 県内17位 481点 県内20位 480点

県内55位 467点  県内59位 466点 県内69位 464点

県内84位 461点

7名が県内100位に入りました。

この学年でも県内1位が獲得できませんでしたが、麻布学院がこだわるのは中3生模試での県内1位です。

麻布学院のような1教室の小さな塾で100位以内に7名という結果は、素晴らしいと思います。

生徒を褒めたいと思います。

特別選抜クラスの8名中7名が100位以内です。

残りの1名は、クラス落ちの危機感を持って次の模試に挑んでもらいたいと思います。

点数的には、特別編成クラスの生徒は全員450点をクリア。最低条件は満たしていると思います。

 

(偏差値)

70以上3名

68(仙台二高合格判定)以上 7名

66(仙台一高合格判定)以上 11名

63(仙台三高合格判定)以上 16名

62(宮城一高合格判定)以上 17名

60                  19名

59(仙台二華 向山 泉館山) 20名

ここまでがナンバースクールの合格判定が出ている生徒です。

57(泉高校普通合格判定)     2名

上の2名はナンバースクールを目指しているので、頑張りが必要です。この学年は、公立高校受験クラスを1クラス設定しています。

このままでは、ナンバークラスには在籍できなくなると思いますので、本人たちの奮起が必要です。

 

(公立高校受験クラス)

50(仙台高校合格判定)      1名

47(仙台西46宮城工業47仙台工業46) 3名

37(宮城農業食品37松島37)       3名

この学年から、麻布学院のイメージで、入塾すら検討して頂けないタイプの生徒で結成するクラスがやっと出来ました。

麻布学院は毎年、この層の生徒の合格率は高いんです。

昨年で言えば、合格率は100%です。

仙台工業主席2名など、模試100点未満の生徒達を鍛えて合格させてきました。

しかし、毎年2名程度しか、入塾してくれる生徒がいませんでした。

この学年のこのクラスは、麻布学院はナンバースクール志望以外の生徒は入塾してはいけないという評価を変えてくれるかもしれません。

期待しています。

 

以上が新みやぎ模試、新中2生号の結果報告です。

 

明日から麻布学院はGWのお休みに入ります。

普段、月末休以外はお休みがない塾ですので、生徒、講師ともにリフレッシュさせて頂きます。

緊急の連絡がある場合は電話で対応いたしますが、外出時、即時に対応できない場合も御座います。

その場合は折り返しご連絡いたしますのでご了承ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年4月28日

中3生、新みやぎ模試結果。

 

今年の中3生には、相当の覚悟を持って望まないと大変なことになりそうだとは思っていました。

今回の新みやぎ模試で、それを身に染みて感じました。

(新みやぎ模試 新中3生号)

県内100位以内

県内4位 486点 県内18位 464点 県内40位 453点

県内85位 438点

以上4名にみです。

昨年の中3生が9月から守り続けていた、県内1位をむざむざと他塾に明け渡した形です。

100位以内に4名のみという結果は、麻布学院の歴史において、開校初年度に次ぐワースト記録となります。

 

(偏差値)

70以上 5名

68以上 8名(仙台二高の合格判定Bランク)

66以上10名 (仙台一高の合格判定Bランク)

 

63以上13名 (仙台三高の合格判定Bランク)

60以上15名 (宮城一高普通62 理数61)

59以上17名 (仙台二華の合格判定B 仙台高専58)

ナンバースクールの判定が出ている生徒の数が17名。

 

残りの5名は以下の成績

57 (泉高校57 仙台高専情報57)

56 (三桜54 宮城野普通54)

47(宮城工業機械47 )

46(仙台西46)

38(宮城農業37)

 

仙台一高の合格判定Bの基準である偏差値66に達した生徒もわずか10名に留まり、450点を超えた生徒の数も3名。

 

偏差値50以下の3名は、宮城広瀬や宮城農業を目指して入塾した生徒達ですので、この3名は生徒なりに出来る事はやったと思います。

しかし、それ以外の生徒達は、仙台二高、仙台一高、仙台三高、宮城一高、仙台二華、仙台高専が志望校の生徒達です。

特に仙台一高と仙台二高を目指すのであれば、常に県内100位以内で尚且つ450点を超える点数が必要です。

模試の平均点が今回は261点と低いとはいえ、430点を少し超えるだけで偏差値70の模試で、70超えが5名という体たらくは、塾として恥じる成績です。

 

今までの麻布学院の生徒達は、塾の平均点や模試で県内1位を獲得する事を誇りにしてきました。

県内1位を他塾に明け渡せば、悔しさをあらわにし、次の模試では自分が必ずという気概を見せる生徒達が何人もいました。

今年の中3生は、その役割を2名の生徒に押し付け、全くわれ関せずで、席順1列目の生徒でさえも気迫や闘志が全く見られません。

正直、怒る気にもならないというのが私の心境です。

 

先の見えないままで怒ればそれは、ただの怒りの感情です。

ただ怒鳴り散らすのでは、こちらも疲れます。

中1生や中2生に受験問題のスピード勝負で惨敗し、模試では塾開校以来ワースト2位の平均点。

県内1位は他塾に明け渡し、上位クラスにいる生徒が400点を切っていても授業が終わればヘラヘラと笑いながら談笑をして空気を緩める。

これが麻布学院の姿かと思えば、唇をかみしめて視線を背けたくなりました。

 

改革をさらに一段進める時が来ました。

麻布学院の創設期を思い出し、1ヶ月の間にこの空気を一変します。

怒ることもなく粛々と進めます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年4月27日

GW休みのお知らせ。

 

今日届く予定だった荷物が来ません。

本日は、その荷物についてブログを書く予定だったのですが、まだ来ていませんので、書く内容が無くなってしまいました。

荷物は明日になるのかもしれません。

今日中に荷物が届きましたらば、再度ブログを更新します。

 

 

GWのお休みについて告知です。

麻布学院では、4月29日(土)~5月5日(金)までGWのお休みをいただきます。

緊急の場合は、電話で対応いたします。

よろしくお願いいたします。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年4月26日

座席が・・・

 

19:30~の時間帯。

ついに座席が全部埋まってしまいました。

保護者面談用の大きい机があるのですが、そのスペースも無くさないといけない雰囲気です。

高校生の自習スペースも、今のままだと難しくなるので、19:30までか、21:00からにしてもらわないと無理になるかもしれません。

今年は、新中1生が一気に増え、T模試の上位が在籍していたり、今の段階で中3生模試を余裕で解いてしまう生徒も何人かいたりするので、クラスを細かく分けないと対応できない生徒が出てしまいます。

スペースを確保しないといけません。

少し、自習に積極的な生徒達を鍛えすぎて、自習に来る生徒と来ない生徒の差が激しくなってしまいました。

 

一番平均的なのは、中3生ですが、そろそろ仙台一高と仙台二高、仙台三高を受験する生徒と、宮城一高、二華高校、向山、館山、南を受験する生徒、そしてその他公立高校を目的としたクラスに分けないといけません。

今は、上位校クラスと公立高校クラスの2つにしか分けていないので。

中2生については、すでにクラス分けが完成しています。

 

各クラスのスペースを考えれば、そろそろ生徒募集を小学生以外、1人2人に留めるべきかもしれません。

仙台一高と仙台二高の合格者を最低40%は今までのように出さなければならないので、細かいクラス分けが必要な時期です。

昨年がちょうど40%。

今年は、29.6%。

仙台一高と仙台二高に合格する生徒の割合を大き落としてしまいました。

今年はナンバースクール合格者も全体の40.7%に留まり、麻布学院としては、保護者に顔向けが出来ない結果となりました。

 

今年の中3生は、昨年の夏過ぎまで、わずか塾生10名の学年でしたので、中2の秋以降に入塾したが過半数です。

ですから半年間、クラス分けを伸ばして来ましたが、そろそろ限界だと思います。

休み明けにクラス分けのテストを行い、受験体制に入りたいと思います。

 

そんな事情ですので、中3生はGW明けで募集を終わります。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年4月25日

定期テストに向けて。

 

今年の中1生には、麻布学院過去13年間の歴史の中でも有数の能力を持った生徒が何人かいます。

中2生にも高いレベルの伸びを見せている生徒が数名いますので、お互いを刺激に、さらなる高みを目指して欲しいと思います。

中1生は、塾の近隣にあたる中学校に万遍なく麻布学院の生徒がいますので、全ての学校で学年1位を獲得したいと思っています。

そのレベルにある生徒が中1生から入塾してくれたことに感謝します。

 

中1生の在籍中学校は、宮城野中、東華中、五城中、東仙台中、上杉山中、五橋中、幸町中です。

ちなみに中3生は、一番塾生の多い、宮城野中の1位と2位を獲得した生徒がもちろんいますし、生徒数が1名の東華中でも2位を獲得しています。

中2生は、宮城野中の1位はまだ獲得していませんが、2位は複数名だしております。

五城中は、生徒数2名ですが2位と4位です。

 

麻布学院は、模試を重視する塾ですが、学校の定期テストでもきちんと上位の生徒を出しています。

中3生の実力テストでは、毎年、無類の強さを発揮します。

 

今年の中1生には、最初の定期テストで450点以上を獲得するプロジェクトを行っています。

この試みは初です。

5教科全てにおいて、試験範囲はすでに学習済みか、もうすぐ終わる状態まで来ています。

それに加えて、中2範囲も中3範囲も、自習時間であれば自由に質問を受け付けて、解き方を教えています。

定期テストの範囲を完璧に学習させ、個々に興味がある教科については、自由に学ばせる。

今年の中1生は、そのように育てています。

 

生徒達が、最初の定期テストで、大活躍してくれるのが今から楽しみです。

塾としても完璧に仕上げるつもりです。

今から気合いが入っています。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年4月24日