カテゴリー別アーカイブ: 未分類

硬派で保守的な塾

麻布学院は、硬派で保守的に、ひたすら形態を変えず、成績重視、受験結果重視の姿勢を貫いて来ました。

校門手配りもせず、宣伝も最小限で、そこにかかるべき経費を多くの先生を用意し、成績向上につなげてきました。

しかしながら、今年から、その姿勢を少しだけ変える努力をしています。授業の質や先生の数は従来のまま、経営者として自分が努力することで、今まででは考えられないような事を実行することにしたのです。

その始まりが、このホームページ。

そして、ブログを始めること。

 

このブログが全ての始まりでした。

何人の方が、見ていていただいているか、知る術はありませんが、毎日出来るだけ、更新を心がけてきました。

 

そして、塾内の小さなリフォーム。

トイレや水回りから始めて、壁紙やインテリア、机や椅子、ホワイトボードなど、自分達に出来る範囲で変えてきました。

時には、柱を自分の手で塗り替えたり、自分の私財である絵などを飾ったり、掃除をしてくれる方に週3回お願いしたり。

生徒が、塾を友人に紹介して、恥ずかしい思いさせないように、出来る範囲から少しずつ、少しずつ。

そして今回、様々な方のご助力により、外装の全面リフォームを行う運びとなりました。

 

そのリフォームにあわせて、この地域で働くお母さん方の、少しでもお役に立てるように、寺子屋的な小学生教室も用意することとしました。料金は、最低限に運営できる低料金に設定するつもりです。

現在、児童館がどんどん減少する中、この地域で育てて頂いた我が塾が、少しでも貢献できればという純粋な気持ちです。

漢字検定、日本語検定、英語検定、算数検定と各種用意し、子供たちが楽しみながらも「」という、目に見える物を目標を中心に据えるつもりです。

この教室は、従来から麻布学院が目指している「先取り教育」とは違い、習い事と資格取得の両立を目指します。

 

無論、麻布学院の従来の先取り教育を目的とした小学生コースも継続いたします。ご安心下さい。

 

麻布学院は、今までどこか達観したイメージを持ち、変化を避け、1教室に全てをそそいで来ました。

外観も内装も、そしてソフト的な内面も、全く変化させずに、時間が止まったかの如く、新しい何かを避けてきました。

しかし、このブログをきっかけに、成功失敗を恐れず、新しい試みにこれからは挑戦するつもりです。

 

これからも麻布学院をよろしくお願いします。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月13日

 

ミツバチ検定教室。11月開校。

小学生のうちから、学習塾はまだ早い。

でも、習い事はしたい。

どうせやるなら、目標になるような「級」が上がるシステムも欲しい。

 

そんな希望を叶える教室を開きます。

 

小学生対象の「ミツバチ検定教室」開設予定です。

ミツバチ国語教室⇒漢字検定

ミツバチ算数教室⇒算数検定

ミツバチ英語教室⇒英語検定

麻布学院は、各種検定の会場に指定されています。

普段は学校の勉強を楽しく学びながら、年に1回の検定取得を目標とした教室です。

学校の勉強を学ぶ目的でも良し、検定挑戦をメインとしても良し。

各教室、週1回です。これなら無理なく習い事感覚で、勉強ができます。

ミツバチ教室は、検定の級を上げることを目指しながら学校の勉強を学ぶ「寺子屋」的な教室です。

 

小学校5年生から、麻布学院編入ミツバチ教室に残留か選択可能です。

麻布学院は、将来を見据えた先取り教育を目的とします。

 

尚、ミツバチ教室は、11月より募集を開始します。(対象 小学生)

詳しい内容は、後日ホームページに掲載しますので、ご確認下さい。

体験入塾

今日は、1年生の体験入塾が2人来塾しました。

教科は「社会」。

私の教科なので、社会とはどんなものなのか、そして受験では、強力な武器となるという説明から授業に入りました。

せっかく生徒が紹介してくれたので、社会に興味を持ってくれれば嬉しいと思います。

麻布学院の、今年の仙台一高、仙台二高の合格者は、社会の受験点数が90点を超えていました。

評定が高い女子にとって、一番の苦手科目と言われるのが社会。

社会の点数が90点後半だったため、評定平均3.9の生徒も、仙台二高に合格できました。

社会という教科は、評定が足りない生徒達の強い味方。

麻布学院では、週5回19時30分から中3生対象に、社会の集中講座を行っています。

これは、期限を決めての講座ではなく、「地理」「歴史」「公民」を1年生の範囲から3年生の範囲まで全て解説する授業です。

今現在は、「地理」が全過程終了し、「歴史」の平安が終わったあたりです。

社会が苦手な生徒さんがいれば、麻布学院は1教科の受講も可能です。

前期小論文対策も並行して、社会の授業で行っています。

ご興味があれば、ご連絡ください。

 

麻布学院コース説明。

週7日(16:30~21:00 土日15:00~20:00)

週2回コース(19:30~21:00)

1教科コース(19:30~21:00 教科により曜日要相談)

中3生は以上の3コースがあります。

 

中2生 中1生

週6回(19:30分~21:00 土日18:00~19:30)

週2回コース(英数)(19:30~21:00)

1教科コース(19:30~21:00 教科により曜日要相談)

 

麻布学院のイメージは、毎日のイメージですが、臨機応変な各コースをご用意しております。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月11日

 

 

検定と模擬テスト。

今月は、漢字検定、数学検定、新みやぎ模試と、予定がかなり詰まっています。

数学検定は、ほとんどの生徒が準2級の受験となるので、範囲は高校範囲まで及びます。この連休を利用して、特別講習中。

漢字検定は、2級と準2級。やはり高校範囲も入っているので、検定用の参考書を各自、自習時間などでこなしています。

目指すは全員合格!

内申書が少しでも、良く見えるように、塾にできることは全てやらなければなりません。今日も時間外の早い時間から検定対策授業中です。

新みやぎ模試においても、先月は県内1位と県内3位、県内9位の3人の上位者を出しました。

100位以内の人数は12人。

大手塾にも負けていない、麻布学院の学力の高さを証明できたと思います。

今月は、検定の都合により今週末に実施します。

新みやぎ模試は、締日が何回かあるので、その度に順位が変わります。つまり、後に出せば出すほど全体の人数は増加し、順位が下がります。

麻布学院は、毎月、最終の締日に提出しています。

解りやすく言えば、第1締めで2000人いたとします。最初の方に提出した塾や個人は、その少ない人数から順位が出ます。

2回目の締日には、1回目の2000人+2回目締めの2000人で順位が出ます。

そして、最終締めには、1回目の2000人+2回目の2000人と最終の2000人が順位対象者となります。

つまり、初回締めで2000人から順位が出るのに対し、最終締めでは6000人に膨らんだ人数から順位が出るのです。

後から提出すればするほどに、人数は多くなり、順位は厳しいものとなるのがわかると思います。

極端に言えば、初回締めで県内10位以内の生徒が、最終締め段階になると本当は30位以下になるなどという事が、当たり前にあり得ます。

ですから、大手塾が我先に最初の締日提出をする中、麻布学院は、実施してある模試の答案用紙を、塾で厳重に保管し、最終締日の直前に提出しています。

ですから麻布学院の県内順位は、真の順位です。

 

今月も、昨月と同じ以上の結果が模試で出るように、生徒みんなで頑張っていきます。

 

数検準2級、3級+漢検2級、準2級+新みやぎ模試県内100位以内達成を、生徒全員が達成できるように頑張って行こう!!

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月10日

3年生、本年度第3回保護者面談。

中3生の、本年度3回目の面談が、全て終わりました。

お忙しい時節に、塾まで足をお運びになられた、保護者様各位に感謝致します。

この面談にて、様々な受験データ及び、3種の模擬テスト結果を参考にして、大まかの志望校選択が終わりました。

私立高校2校を受験の上で、公立高校1校(国立も含む)を全員、志望校として目指す事になります。

麻布学院の場合、その大半が例年、ナンバースクール受験します。

例年の、小学生から在塾している生徒の仙台一高、仙台二高合格率(共学以前の宮城一高、二華高校を含む)は、9割弱。

中学1年生から通塾している生徒の今年のナンバースクール受験割合は、7割3分。

残りの3割弱の生徒も、ナンバースクールの合格判定が出ている生徒がほとんどなので、冬の4回目の面談で最終決定することになるでしょう。

 

保護者の方が、積極的に上位校受験を応援して頂けたのは、生徒達が、自宅学習で、遅くまで真剣に頑張る姿を見せていたからです。

努力する人間は、誰もが応援したくなる。

 

逆に、まだ志望校が決まらない生徒は、努力が認められる範囲に及んでいないという証拠。

まだ最終決定までに時間はある。

努力に努力を重ねて、信頼を勝ち取ろう!

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月9日

 

M中、実力テスト結果と評定の総評。

昨日、実力テストの結果と、学校の前期評定が返ってきました。

中3の結果、学校10位以内には、この前のテストから減って5人。

もちろん1位の生徒は麻布学院の生徒でしたが、10位以内に最低7人は入る実力があるはずです。

ミスをし、点数を落とした生徒が必ずいるはずです。

麻布学院のプライドに賭けて、毎年3年生の実力テストは、10位以内に7人を目標としています。

次回は、必ず達成を目指します。

 

次に、評定の話です。

中3生は概ね高い評定を学校の先生から頂きました。

仙台一高及び仙台二高を受験するために、絶対に必要な、中3の5教科で4.4以上は、両校を受験する予定の生徒達はクリアしました。

何故、4.4が必要かと言えば、仙台育英東大選抜の特待生制度の必要基準だからです。

受験点数が高い麻布学院の大抵の生徒は、過去、この基準をクリアしていれば、私立高校において、授業料免除になっています。

心置きなくトップ校合格を目指すには、やはり授業料免除という安心感は、大きなものです。

生徒達には、きちんと学校の先生に、礼を尽くすよう伝えました。

 

しかし、自分で思っていたような評定が得られなかったという生徒もいました。

同じ点数で、評価が違うという不満のようです。

ですがそれは間違っています。

普段の授業態度や、予習復習など自主的な行動が全く違うなら、評定に違いが出て当たり前だと私は考えます。

当たり前の行動、当たり前の高い点数+他の人がやらない努力や行動が必要だと私は思うのです。

後期評定に向けて、生徒達がこういった当たり前+な行動をとれるよう指導していきたいと思います。

 

高い評定を頂いた先生方にはきちんと礼節を尽くし、低い評定になった教科は、自分に非は無いのかを考え、非があれば謝罪をし、行動を改め、非が無いと思うのであれば、自分に何が足りないのかを先生に拝聴し、その実践に努める。

それが麻布学院代表である私の考え方です。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月8日

 

 

ここからだ!

 

今日は、前期の評定が出る日です。

生徒達は今頃、通知表を手にしているのでしょうか?

入塾して以来、大多数の生徒は、真面目に学校の授業へ取組、提出物などの期限も守り、校内活動にも積極的に参加していました。

その努力が、成績に結びついてくれていた嬉しいと思います。

この評定が出てからも、卒業までの間、きちんとした学校生活を心がけてもらいたいと思います。

 

ここからは、受験勉強の本番。

3学年全ての評定を元にして、内申点を計算し、それをデータと照らし合わせて、麻布学院独自システムを駆使し、志望校合格へのシュミレーションを、生徒1人1人作成しようと思います。

この独自システムシュミレーションが、平均評定3で仙台一高合格や、平均評定3.9で仙台二高合格、平均評定3.2で仙台一高合格を可能としました。

 

生徒1人1人の、学校での努力に報いるため、最大限の努力を私もしていきたいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月7日

バトンを繋ぐ。

 

麻布学院は、開校以来、M中学校の定期テスト学年1位を独占してきました。

しかしながら、今年の中学3年生については、実力テストの1位は複数あっても、定期テストの1位はありませんでした。

やっと今回の定期テストで、5教科学年1位を達成。

伝統のバトンを繋ぐことが出来ました。

麻布学院のスタンスは、上位校を多く輩出する仙台の大手塾や首都圏の塾と同じです。

学校のことは本人と、学校の先生の授業に任せて、塾は受験勉強に集中するという、塾の王道スタイルです。

それでも、卒業生が繋いでくれたバトンが途切れてしまう無念さと、申し訳なさがありました。

今回、1位の達成により、その無念さを晴らしてくれた生徒に感謝します。

学校のことは学校の先生に、というスタイルである我が塾の生徒を、1位に導いて下さった学校の5教科の先生方にも感謝いたします。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月6日

 

 

 

申し訳ありません。

本日は、面談が重なり、ブログの更新が出来ませんでした。

定期面談の時期ですので、このような日が他にもあると思います。

ご了承ください。

明日はなるべく、麻布学院を知ってもらえるようなブログを書こうと思います。

 

まもなく、宮城県にも台風が接近する時刻だと思います。

皆様に被害などが出ないよう、心からお祈り申し上げます。

あわせて、最後に、台風の被害にあわれた方々へ、心からお見舞い申し上げます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月5日

授業中と普段の切り替え。

 

麻布学院は、怖い塾、厳しい塾だと言われています。

しかし、通っている生徒の一部を除けば、こんな返答が返ってくるでしょう。

「怖くないよ。」

 

授業中の私は、常に厳しい態度で生徒に接しています。授業は我々塾屋にとって真剣勝負の場。

そこに何か私情や遊びが入ってはなりません。

授業内容のコミュニケーションはあっても、生徒との無駄話や、話題作りのためのコミュニケーションはいりません。

授業とは、その内容で生徒の気持ちを引き込む場であり、それが出来ず、安易な笑い話などを授業に挟む塾屋は、お笑い芸人に転職したほうが、余程活躍の場があると思います。

塾屋にとって、授業は戦場。

妥協の余地は一切ありません。

そんなときの私は、確かに怖く厳しいのでしょう。

 

しかし、授業が終わった途端、まるで別人の如く、本来の自分に戻ります。そこからが生徒とのコミュニケーションの場。

塾内に設置したダーツで遊んだり、笑い話に興じたり、生徒の悩みを個人的に聞いたり。

時には、人として許せない行為をした生徒については、保護者の了解を得て、本気で真剣に指導したり。

 

麻布学院は、授業中とその他の時間の切り替えが、素晴らしく出来ている塾なんです。

ですから、退塾する生徒も、授業中の厳しさがありながら、他塾と比べても、少ないのです。

昨今、授業中とその他の時間の切り替えが出来ていない塾が多々見受けられます。上位クラスだけが真剣で、その他のクラスはコミュニケーション重視。

そんな塾から比べたら、麻布学院は厳しいかもしれませんが、それだけ受験結果に責任を持つ覚悟があるからです。

麻布学院では、受験の結果によっては、高校3年間、通塾は無料です。

3年間、何度通っても、料金は頂きません。

塾屋の責任だからです。

 

麻布学院は、授業中とそれ以外の時間の切り替えがはっきりしています。それを厳しいと言われるならば、受験結果の責任を持てない、塾屋とは程遠いコミュニケーション屋になってしまうと思うのです。

ですから開校以来方針は変えません。

悪い事をすれば本気で怒り、授業中は厳しく、それ以外は笑ったり悩みを聞いたり。

そんな塾が麻布学院です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年10月4日