麻布学院 のすべての投稿

受験まであと4日。

 

受験まであと4日となりました。

もうここまでくれば、広く浅く知識を確認するぐらいしかありません。

夜は早く寝て、この土日は昼間に学習するようにしましょう。

今さら焦っても良い結果にはなりません。

時間は確実に進みます。

受験の前日までの3日間は、無理をせず、ゆったりとしたペースで。

 

麻布学院の中学生部門を構成する大部分の生徒は、宮城野中学校に在籍しています。

宮城野区という地域は、他の地域と比較して、ナンバースクールに進学する生徒が少ない地域です。

仙台一高と仙台二高のトップ2に合格した生徒が2桁いる学校は、昨年ほとんどありません。

しかしながら、宮城野中学校は、仙台一高を構成する生徒の出身中学の上位4位です。

昨年も上位2校に2桁の合格者をだしています。

青葉区の附属や五橋、仙台一中、泉区の吉成、太白区の長町などと同じく、区を代表しけん引すべき中学校です。

 

宮城野中学校は、受験でいえば宮城野区の大将の立場。

その大将格の生徒達に関わる大人の1人として、ここ数年の受験結果は、自分の不甲斐なさを叩きつけられ、自分の力の無さにを痛感させられました。

 

今年の中3生には、青葉区の上杉山や二中、附属中の生徒もいますし、若林区の沖野中の生徒もいます。

同じ宮城野区の岩切中や東華中、東仙台中の生徒もいます。

各中学校の生徒達が、お互い良い学ぶところは学び、切磋琢磨してきました。

 

宮城野中学校以外に所属する生徒全員が、ナンバースクールを受験します。

宮城野中学校所属の生徒も、3人を除けば同じくナンバースクールを受験します。

 

宮城野中学校の生徒達には、宮城野区の大将として他の区の強豪達に堂々と渡り合って欲しいと思います。

塾生全員の合格を祈ります。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年3月4日

受験まであと5日

受験まであと5日です。

とにかく生徒には体調面を重視して欲しいと思います。

不安になり、あれもこれもと手を出してしまいたくなるとは思いますが、無理をして体調を壊したら、数年間の努力が無駄になりかねません。

やれることは十分にやったはず。

落ち着いて受験日を迎えよう。

 

今年、メイン模試である新みやぎ模試に加えて、宮城ぜんけん模試を導入しました。

宮城ぜんけん模試の場合は、評定を加味した合格判定が出ますので、新みやぎ模試とセットで受験すれば、かなりの高確率で受験に近いデータが集まると思います。

それに加え、麻布学院は模試だけでも7つ受験する事が可能です。

先日も、新しい模試のプレゼンに営業の方がいらっしゃいました。

今年の生徒達は、様々な模試で合格判定を出しています。

新みやぎ模試+宮城ぜんけん模試で合格判定が出ていない生徒は、ほぼ皆無です。

今年の結果が来年の受験に、大きく影響すると思います。

受験結果が良ければ、新みやぎ模試と宮城ぜんけん模試の組合せは最高の組合せだと言えるでしょう。

 

最近の模試は、難しい問題を並べて、上位校受験の生徒達を悩ませるものがどんどん出て来ましたが、宮城県の公立受験問題に、そこまでのレベルはいりません。

問題としては、宮城ぜんけん模試が一番受験問題に近いと思います。

それに加えて、受験人数が一番多い、新みやぎ模試でも結果を出している生徒達ですから、本番でも普段のまま受験できれば大丈夫のはずです。

ひたすら信じるのみ。

全員で受験を楽しんで来よう!!

 

昨日、今日と中1生のお問い合わせがありました。

すでに物理的定員を超えていますので、入塾は8日以降となります。

ご検討の方はその点をご了承ください。

また、中1生につきましては、今回お問い合わせの2名が入塾となれば、残り受入数が1名~2名でいっぱいになると思います。

ご検討の保護者様がいらっしゃれば、ご連絡ください。

 

新中3生はあと5名、受け入れが可能だと思います。

新中2生はあと2名、受け入れが可能だとおもいますが、定員になれば募集を即時停止いたします。ご了承ください。

新中1生はあと10名、受け入れが可能です。

両学年ともに、この問い合わせのペースと、今が一番塾を探している人が多い時期であることを加味すると、すぐに定員になる可能性もあります。

特に新中1生に関しましては、3年間で10名受け入れが可能という意味ですので、定員を超える事は確実だと思います。

ご検討の方がいらっしゃれば、ご連絡ください。

小学生は、いつでも受け入れ可能ですので、お問い合わせください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年3月3日

 

受験まで6日。

後期選抜までラスト6日。

時間は限られています。今更焦るのではなく、確認作業をひたすらやる事が重要だと思います。

今は、難しい問題を楽しみながらやる時期ではなく、広い範囲を一通り確認する方が良いと思います。

受験で大切なことは、とにかく見直しの徹底。

数学などには、落とす問題は必ずあります。

その問題にかかりきりにならず、ミスの発見に力を注ぐことが大切です。

加えて、基礎の問題を取りこぼさないこと。

そのために、今の時期は、広く知識の再確認をすることが大切です。

後6日。やれることは限られていますが、体調には気を付けて、無駄なく勉強できるように指導します。

 

今日も、中1生の問い合わせがありました。

現在、座席の関係で入塾を制限しています。

3月8日の受験日を過ぎてからの入塾で良い場合のみ入塾面談を行います。

ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年3月2日

ついに定員をオーバーしました。

今月入塾予定の生徒2人を含めると、塾の物理的定員になりました。

麻布学院は、毎日塾があるという特色上、お預かりできる中学生の全てが19:30の時間帯に塾に来ます。

ですから、普通の塾のように、曜日によって学年を分けるということが出来ません。

他の時間帯も、自習の生徒でいっぱいです。

 

麻布学院の中3生は受験が終わると、随時高校準備講座に入ります。全員が塾で3月中、高校生活でのスタートダッシュを目指します。

現在、前期選抜で二高が決まった生徒や仙台高専合格の生徒も、毎日、チャートを使用して、数Ⅰと数Aをどんどん進めています。

受験終了した後の、中3生の授業時間帯は、16:30~19:30までになりますので、8日以降であれば若干名の受け入れが可能です。

小学生に関しては、授業時間が16:30~なので、受け入れが可能です。

 

新中2生、新中3生につきましては、若干名の募集となります。

条件は、通塾が3月8日以降からで大丈夫な生徒さんです。

新中1生及び小学生は随時募集しております。

 

麻布学院に通塾している生徒の在籍中学校を書きますので、距離的に通塾可能であるかの参考にして下さい。

生徒数の多い学校から順に書きます。

(中学校)

宮城野中学校、上杉山中学校、五橋中学校、附属中学校、五城中学校、東華中学校、東仙台中学校、南小泉中学校、仙台第二中学校、幸町中学校、青陵中学校、田子中学校、岩切中学校、沖野中学校、ウルスラ中学校。

 

(小学生の塾生の在籍地域)

宮城野、原町、五輪、上杉、北仙台、館、長町、五橋、南小泉、五橋、南材木町などです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年3月1日

 

 

良い塾の定義なんてありますか?

 

良い塾とはどんな塾でしょう。

私は麻布学院を良い塾だとは未だに思っていません。

 

良い塾とは厳しい塾ですか?

それであれば麻布学院は、仙台市内屈指の厳しさであると、自他ともに認める塾です。

 

良い塾とは講師が素晴らしい塾ですか

それであれば、麻布学院の講師は私を含め社会人が3人います。当たり前に集団授業を何年も続けている人間です。

その他の講師は、東北大学などに進学した元生徒です。麻布学院の授業を知り尽くしていますから、社会人に負けず劣らずの授業をしてくれています。

 

良い塾とは授業量の多さですか?

それであれば、麻布学院の中3生がこなした2月の総授業時間は7560時間です。月曜~日曜まで毎日、4時間半の学習量をこなしました。

 

良い塾とは料金の安さですか?

それであれば麻布学院の料金は、1時間に換算すると238円です。受験準備講習や春期講習、定期テスト対策などの料金は一切かかりません。

 

良い塾とは知識の豊富さですか?

それであれば、私は大手塾出身の人間で、それなりの立場にいましたので、人脈は多いと思います。365日受験について考えているような人間ですから、受験マニアと言われる程に知識はあると思います。

 

良い塾とは東京などの首都圏に通用する塾ですか?

それであれば、麻布学院は過去、慶応女子を筆頭に、数々の首都圏私立高校に生徒を合格させ、送り出しています。

 

良い塾とは卒業生がしっかりとした大学受験への目標を持てる塾ですか?

それであれば、麻布学院の卒業生の多くが、東大理Ⅲ、大阪大、東北大などの国立大に多数進学し、私立も早慶、MARCH、関関同立などの上位校に進学しています。

 

良い塾とは成績が良い塾ですか?

それであれば、麻布学院は毎年、新みやぎ模試で県内1位を獲得し、塾開校以来22人の県内1位を輩出しました。県内100位以内なら数え切れません。

近隣中学の実力テストでは、10人中6人は麻布学院の生徒です。

新みやぎ模試の塾内平均点は、3学年共に400点を軽く超えていますし、宮城ぜんけん模試でも団体1位は麻布学院です。

必ず近隣中学校の定期テスト、実力テストの1位も今までは獲得しています。

 

良い塾とは評定の低い生徒を上位校に合格させることですか?

それであれば、麻布学院は平均評定3.9でも二高に、3.3や3.0でも仙台一高に合格させています。

 

 

今まで上げたものが、良い塾の条件であるならば、麻布学院は良い塾と言えるのかも知れません。

しかしながら、塾に良い塾も悪い塾も無いのです。

自分の塾が優れているも劣っているも無いのです。

塾の実績とは、毎年必ずリセットされる物で、その年度の生徒の学力をいかに上げ、どのような合格実績を出せたのかだと私は思います。

その年の実績が無ければ、過去は全く無意味であり、毎年同じパフォーマンスを出せてこそ良い塾だと私は思います。

 

良い塾と呼ばれるには、麻布学院にまだまだ足りない物が沢山あります。

毎年、合格させてあげられない生徒を出し、お預かりできる生徒数も限りがあります。

良い塾になるには、条件がかなり不足しています。

それに、前の年の実績を上げられたとして、次の年もそうなるかはわかりません。

 

ですから、塾に良い塾も悪い塾もありません。

どの塾にも良い面はあり、悪い面もある。それを判断するのは塾経営者ではなく保護者と生徒です。

そして、その判断材料として1番の要素は合格実績だと私は考えます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年2月28日

現在の合格状況

 

大学入試)

防衛大学校 1名

 

(国公立高校入試)

仙台二高(前期) 1名  国立仙台高専総合工学科Ⅲ類(一般)1名

 

(私立高校入試)

仙台育英特進  受験者20名 合格20名(特待生合格18名)

東北学院 受験者7名 合格7名

ウルスラ学院特志 受験者4名 合格4名

尚絅学院特進 受験者4名 合格2名

尚絅学院文理進学 合格2名

聖和学園特進 受験者3名 合格3名(特待生合格3名)

聖和学園総進 受験者1名 合格1名

常盤木学園リバティー 受験者1名 合格1名

東北高校創進 受験者8名 合格7名(特待生合格6名)

宮城学院アドバンスト 受験者2名 合格2名

東北学院榴ヶ岡 受験者1名 合格1名

東北高校文理 受験者1名 合格1名

関東私立 受験者1名 合格1名(特待生合格1名)

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年2月27日

仙台高専合格。

 

仙台高専総合工学科(Ⅲ類) 合格

平均評定3.3で、入塾時の定期テスト点数が5教科200点台後半。

模試も300に届かないところから頑張り、新みやぎ模試でも県内100位以内に入るほど努力をしました。

評定が低い生徒でも、点数で合格させる。

それが麻布学院の真骨頂です。

 

おめでとう。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年2月27日

今日は仙台高専合格発表。

 

今日は、仙台高専の合格発表です。

15時に発表ですから、もうすぐですね。

受験した生徒は、私立高校の特待生合格は果たしているので、最悪なケースでも行先は確保してありますし、公立高校後期もあります。

しかしながら、やはり本命である仙台高専に合格して欲しいと思います。

麻布学院では、過去、評定に1が中学3年間合計7つあった生徒を仙台高専に合格させることができています。

評定をカバーして余りある受験の得点を叩きだした結果でした。

今年の受験生も、評定はかなり低いのですが、自己採点で数学が94点。

かなり勝負にはなっていると思います。

合格して欲しい。

 

相変わらず、問い合わせが好調です。

毎日、何かしらの入塾面談をおこなったり、問い合わせ対応をしていたり、嬉しい悲鳴です。

有難うございます。

ご期待に応えられるよう、誠心誠意、努力いたします。

合格発表が近づいてきました。緊張の瞬間です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年2月27日

 

保護者説明会終了。

 

今日は、新中1生の保護者対象の説明会でした。

麻布学院の内部を公開する事は普段ありませんので、授業の方針、受験への取り組み、学校の定期テストの現状など、点数に関する部分と、宮城県の受験制度について、ボードを使用し説明しました。

今後、入試に組み込まれる可能性がある特色化受験についても、出来る限り詳しく解説しました。

時間が大幅に1時間延びてしまい申し訳ありません。

あれもこれも説明しようとしたら、時間がかかってしまいました。

来年に向けての反省点です。

少しでも、宮城県の受験制度や、中学生になってからの勉強法の参考にしてもらえれば幸いです。

 

後期選抜まであと10日

これより先は受験に集中します。

 

本日、ご参加いただいた保護者の皆様。

お忙しい中、有難うございました。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年2月26日

明日は説明会です。

 

明日、2月25日(日曜)は、新中1生に向けた保護者説明会です。

麻布学院とはどんな塾であり、どのような成績を出していて、どう授業を進めているかを隠すことなく説明いたします。

塾内で、受験生が使用する教室や、テキストの棚などの普段保護者が目にする事が無い場所も開放いたします。

その場において、宮城県の受験制度や、現在進行中の受験制度改革の内容、格生徒が進学予定の中学校の進学実績など、普段、私がブログなどでは書かない事も説明する予定です。

 

麻布学院は今まで、内向きな塾であり、その中身を公表する事や大きな宣伝をする事をさけて来ました。

昨年度の受験で、情報の発信や入手は大切だと認識し、昨年よりこのブログを書き始め、麻布学院を知ってもらえる機会も大幅に増大したと思います。

 

それに伴い、生徒数は増加し、問い合わせも有難い事に途切れることがありません。

その分、今まで麻布学院に在籍していた生徒がいない地域からも生徒が入塾したり問い合わせがあったり、この1年間は大きな変化を塾にもたらしました。

また、生徒の層も今までとは違い、現在の成績が低い状態(模試で100点台など)の生徒も麻布学院に入塾してもらえるようになりました。

麻布学院は、成績が高い生徒ばかりの塾というイメージがこの地域では浸透し、成績が芳しい状態ではない生徒さんから避けられていました。

しかし麻布学院は、成績で入塾をお断りする事などありませし、お断りした事もありません。

ですから生徒の層が広がる事を、とても喜ばしく思っています。

 

生徒の層や地域など、今までには無い変化がこの1年間でありましたので、麻布学院も変化しなければなりません。

その変化の一環として今度の新1年生の保護者様には、麻布学院の全てを知った上で入塾を検討してもらいたいという思いから、今回の保護者説明会を開催する運びとなりました。

明日は麻布学院の全てをお見せするつもりです。

是非ともご友人お誘いの上、ご参加ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年2月25日