麻布学院 のすべての投稿

救うという根幹

 

今日は、ほとんどの塾生が文化祭。

定期テストも近いのですが、普段、頑張っているのだから、今日ぐらいは楽しんで欲しいと思っています。

定期テストの問題についてですが、先に終わった仙台市中心の「K」中学の問題。

理科に、「開成」の入試問題が出題されていました。

他の教科も、家庭学習帳を、反復して暗記しても、上位の点数は絶対に獲得できない作りでした。

 

こういった問題であれば、定期テストも受験を占う大切な指針になりえると私は思います。

同じ公立中学校で、受験合格の格差が激しいのは、こういった学校側の方針の違いにあると思います。

 

テストの点数を横並びにさせないことで、評価が「相対評価」に近づきます。ばらつきがあれば、90点に評定3はつきません。

ですから、学力の高い生徒に、自然と高い評価がつきやすい。

 

家庭学習帳メインの出題であれば、ある程度の人間の点数が、横並びになります。

そうなった場合は、授業態度、積極性など、出題する側の、主観的な要素が深く評定に反映します。

 

オリンピックにしろ、ワールドカップにしろ、審判は、公平で公正なジャッジを心がけるべきです。そうあって当たり前。

しかしながら、国際大会の最高舞台であっても、主観が絡めば誤審につながります。

直近のワールドカップ予選で発生した、いわゆる「中東の笛」のように。

 

それを防ぐために、最近は、いろいろな競技で、デジタル判定が採用されてきました。

機会は常に客観的です。

 

毎回見て思うのは「K」中学の定期テスト問題の中に、この客観的視点になれる問題が、随所に散りばめられているということ。

家庭学習帳以外、しかも受験問題ともなれば、実力差がはっきりと点に表れます。

その上で、授業態度や積極性を加味し、低い評定になる場合でも、よほどの事がなければ、90点は4という評定になるのでしょう。

 

本来、授業態度や積極性は、余程のことでなければ、「救う」ために存在するのであって、「落とす」ために存在するのではないと思います。

文部科学省が、絶対評価を推し進めたのは、この考えが根幹にあったからです。

 

それが、「落とす」ために存在するとすれば、本末転倒です。

音感がないならテストで救う。

運動神経がないからテストで救う。

美的感覚がないから授業姿勢で救う。

実技教科の絶対評価だって存在しなければならないと思います。

 

我々塾は、成績を上げる、学力を上げることが主要命題です。

数字に裏合うちされる、ある意味、方向性が固定された職業です。

 

しかし、学校の先生方は、そこに生活指導、部活、いじめの問題など、様々な仕事が存在します。

 

しかし、同じ根幹にあるものは「救う」ということです。

共通する部分はあるのだと思います。

 

70~80%を家庭学習帳から、残りをオリジナル問題。そのうちの10%を受験問題とすれば、多くの生徒が救われると思います。

主観、客観の両方の良い面を活かして。

 

「K」中学の定期テスト問題は、まさにそれでした。

塾の立場であっても、先生方から、学びをいただいた気持ちです。

 

「救う」ということを、私も考えなければなりません。

成績の高い生徒ばかりではなく、成績の低い生徒をもっと救う方法を、考えなければ・・・

そういったことを考えさせて頂けた。

私も「救い」を受けた気持ちです。

 

新たな気持ちで頑張ります。

一人でも、多くの生徒を受験で「救える」ように。

 

塾の席順。

 

麻布学院の席順は、入塾の早い遅いや、ヤル気などで決めることは決してしません。

そこにエコひいきも、事情も絡みません。

麻布学院の席順は、模擬テストの点数順に決まります。

 

点数を多く獲得した生徒は、誰よりも努力をしてきた生徒であり、授業を先生の目の前で受ける権利があると私は考えます。

そこに、入塾の早い遅いや、思い入れが存在すべきではありません。

生徒の努力に対いて、常に公平で厳格であるべしと私は常に心がけています。

 

この点数で席順が決まる方式を導入して以来、塾内では競争意識が生まれ、生徒は、より前の席になることを強く望み、後ろの席になれば泣き、前の席になれば自分を本気で誇れるようになりました。

 

ゆとり教育導入時に、「競争は悪」という風潮が広がりました。

学校の評定も、今は「絶対評価」。点数に関わらず、授業態度や積極性などに重きをおく学校が存在します。

 

しかし、社会に出たとき、競争がない職種はありません。

競争を否定してからの、我が国の学力は、あっという間に国際社会で取り残されてしまいました。

しかし、この風潮の逆を言えば、常に競争にさらされる者は、他者と大きく差をつけることができるのです。

ですから、麻布学院は、成績で席順が決まります。

 

もう1つ、「絶対評価」では、学力での単純評価がなされません。

定期テスト70点の生徒が評定5。90点の生徒が評定3。

このような事例が多々あります。

生徒の心に宿る不満は、いつしか積み重なり、やがて学習意欲を失うことになりかねません。

ですから、せめて塾内では、性格や表現力などの、生まれ育った資質ではなく、努力が1番反映する、点数で評価してあげようと考えました。

 

お互いを意識し、切磋琢磨することで、上位校合格のため必要な学力が、ほとんどの生徒に備わります。

今年の8月模試で言えば、24名中、23名が偏差値63(仙台三高に該当)以上、そのうち20名は偏差値66以上(仙台二高、仙台一高のいずれかに該当)という結果につながりました。

 

競争を恐れず、挑み続ければ、結果がついてくるという証です。

 

高いレベルでの競争。それが麻布学院にはあります。

入塾時、どのような成績であれ、志望校合格に必要な学力を生み出す秘訣の1つが「競争」にあると実績で示すことが出来てると思います。

 

最初がどんな成績であろうと、麻布学院は、忠実に志望校合格に全力を尽くします。

今、まさに志望校で悩む保護者の方、生徒さんがいれば、お電話下さい。

1週間、無料体験実施中です。

入塾するしないに関わらず、生徒全員が本気の雰囲気を感じることが出来るだけで、受験への気持ちが、大きく変化すると思います。

 

 

学校、創設以来の天才?

塾開設以来、中学校の先生方が、「学校創設以来の天才」と呼ぶ生徒が、数名塾に在籍していました。

学校始まって以来の天才は、そんなにいるのだろうかと、微笑ましくなったものです。

 

しかしながら、彼らは天才ではありませんでした。

本当の天才は、そもそも、完璧な学習は出来ないものなんです。

天才は、人よりも発想力や、記憶力が優れています。

優れすぎている分、少しの努力で、ある程度の成績まで来てしまいます。

ですから、反復や予習など、学校の定期テスト向きな勉強は、あまりしないものなのです。

全てのテストをぶっつけ本番で受けている状態です。

それでも、天才と呼ばれる人間は、ある程度、素晴らしい結果を出してきます。

しかし、天才は完璧ではない。

反復が足らないので、必ず大きなミスがあります。

 

では、学校の先生が言うところの、「学校創設以来の天才」とは、どのような生徒なのか?

一言で言えば、能力が別段高い生徒達ではありませんでした。

塾のライバルに、天才と呼ばれる部類の生徒がいて、その生徒と比較すると、平凡としか言いようがない生徒達でした。

 

しかしながら、点数で見たとき、彼らは完璧。

余裕すら感じられるぐらい、淡々と、校内1位や、みやぎ模試県内1位を重ねていきました。

彼らは、天才ではありません。

塾内で、本物の天才を目の当たりにし、負け続けた時期に耐え忍び、天才が1ページ問題をこなすのに対し、彼らは、同じ時間に50ページをこなすような生徒達でした。

「天才への対抗心。」

それを悟られないために、余裕の顔を周囲に振りまいていただけで、その裏にある、「悲しみ」「悔しさ」「嫉妬」「怒り」「絶望」を、私には常に見せてくれました。

 

彼らは、「白鳥の例え」そのものな人間でした。

白鳥は優雅に水面を泳いでいるように見えても、水中では、その優雅さでは考えられないほど、足をもがいているのです。

 

水面の上の優雅な姿が学校の彼ら。

塾や家庭では、泥臭く、努力に努力を重ねる水中でもがく白鳥。

 

その積み重ねにより、彼らは、本物の「学校設立以来の天才」へと変貌しました。

泥臭く、しがみつき、努力を重ねに重ねて。

 

そんな生徒が数名いました。

麻布学院には、本当の天才が必ず毎年います。

しかし、彼らは、学校開設以来の天才にはなれません。

あまり負けを知らないからです。負けたとしても、悔しいという感情がわく程には勉強をしなくても、ある程度の結果がでるから。

 

しかし、学校開設以来の天才は、負けの中から生まれ、泥臭い努力が育て、最後に実を結び輝きます。

 

麻布学院設立以来、3人。

そう呼ばれた生徒が存在しました。

天才は毎年いても、泥臭いまでの努力を重ねる学校設立以来の天才は、3人。

 

学校設立以来の天才」は、努力する人間の集団である、麻布学院であったとしても、そう簡単には生まれないのです。

次の出会いが、いつになるか楽しみです。

私が生きている間、塾を続けていられる間に、そんな出会いがまたあれば、とても幸せなことですね。

中3生、新みやぎ模試8月号。結果。

昨日は、台風で塾を休校しました。

まず始めに、被害が大きかった、岩手県、北海道、その他の地域で被害にあわれた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 

新みやぎ模試の8月号のご報告です。

中学三年生、24名中、20名が仙台一高の合格圏内。

残り4名も、仙台三高合格圏内が2名。

つまり、塾生24名中、22名が偏差値62以上。

個人の志望校に限れば、23名が合格圏内。

 

夏期講習の成果があらわれています。

定期テスト期間に、このまま突入しますから、この勢いで、良い成績を残し、受験体制の足場となる、評定につなげて欲しいものです。

麻布学院は、入塾時、どんな成績であろうが、受験までの限られた期間の中で、志望校合格に必要な学力を目指す塾です。

生徒と保護者が本気ならば、麻布学院も本気で合格を目指します。

決してあきらめず、最後の最後まで。

 

志望校をあきらめられない生徒さん。

麻布学院の門を叩いてみてください。

 

私が嫌いな点数。

私が嫌いな点数。

それは、「88点」

もう少しで90点。

点数的には低くはない。しかしながら、一番嫌い。

 

何故なら、88点と90点には、天地ほどの差があるから。

90点台というのは、ミスが許されない点数。

テストには、難しい問題が1つ2つ、必ずある物。

それをはずしてしまっても、簡単な問題と、少し頑張れば解ける問題をミスなく解けば、90点にとどくものです。

 

88点になった生徒は、必ず何かのミスをしているんです。

そもそも、力が無ければ、88点はとれません。

当たり前に90点をとる力は備わっているのです。

 

その力がありながら、2点足りないのは、点数に対する執着が足りないから。執着が足りないからミスをする。

そのミスが重なれば、5教科で大きな差となります。

 

これが受験本番であったなら、どうでしょう?

そのわずか2点が、合否を変えることもあるんです。

そんな悔しい思いをした生徒が過去にいます。

 

ですから私は「88点」の生徒を本気で怒ります。

たかだか2点。しかしその2点で雲泥の差。

 

ミスを、ミスだと笑ってすませることがないように、私は怒ります。

結局、上位の生徒と、その他の生徒の差は、点数に対する執着。

ミスの差で決まるといって過言ではありません。

 

88点

麻布学院の生徒が一番恐れ嫌う点数。

生徒にきちんと浸透しています。

 

だから、模擬テストの成績が、他塾と比べ、ダントツに高いのです。

 

 

昨晩

 

昨晩、塾の一期生と二期生主催の飲み会にいって来ました。

まだ、あどけなかった生徒達が、大人になり、社会人として立派に頑張っている姿は、深く心に感じるものがありました。

中学生の彼らを思い出し、少し泣けたりしてしまいました。

 

「塾のおかげで今の自分がある。」

そう言ってもらえるのは幸せな事です。

気持ちを新たに、今いる塾生たちと向き合おうと思います。

 

 

勉強は貪欲に、自分中心に。

私が良く生徒に言う言葉です。

「受験においては、性格は悪い方が良い」

 

これは、人としての性格ではありません。

こと、勉強において、性格が悪い方が良いという意味です。

 

集団の中で、ある程度の協調性は必要です。

しかし、受験は個人戦。

勉強において、他人を気遣うぐらいなら、一つでも問題を解き、一つでも単語を覚えるべきです。

 

私は塾に集団単位で行動する生徒がいれば注意します。

自習に来る時間も、来るのが遅い人間にあわせれば、関わる生徒全員の自習時間が短くなってしまいます。

逆に、来るのが遅い生徒を積極的に誘う場合は、あまり口出しはしません。

でも、将来のライバルを気遣う時間があるのなら、まずは自分を中心に考えて欲しいとおもいます。

 

積極的ではない生徒に対し、気持ちを変えてあげる立場にいるのは、生徒達ではなく、我々塾側の人間です。

本来、そのような生徒がいないように、力を尽くすべき我々が、生徒の好意に甘え、親切な生徒の学習時間を、1分でも減らしているとすれば、申し訳ないかぎり。

 

ですから私は、勉強に関してだけ、生徒には性格が悪くなって欲しいのです。

他人より多く塾を利用し、他人より多く質問し、他人より多くのものを貪欲に吸収する。

そんな生徒が麻布学院の理想です。

 

受験は、誰も助けてくれない個人の戦いです。

その戦いは、避けることができない生徒達にとって必ずやってくる未来なのです。

ですから、生徒一人一人が、多くのことを自分のために、一分でも一秒でも学んで欲しいと思うのです。

他人にあわせることなく。

 

その貪欲なまでに学ぶ姿勢が、結果的に他の生徒を刺激し、刺激された生徒達が勉強に貪欲になる。

その輪が広がり、全体を最終的に救うこととなるのです。

 

麻布学院は、勉強に貪欲で、勉強においては他人に遠慮をしない。他人に行動を左右されない。

そんな生徒が理想と思っています。

 

 

塾の学習進度。

麻布学院、今年の学習進度。

上位クラスは、英数どちらとも学習過程終了。

現在は、全国受験問題を北から沖縄に向けて解いています。複数県の受験問題100点を達成した生徒も複数います。

中位クラスは、夏期講習で英語の学習過程は終了。

数学も、後は「相似」の範囲を残すのみ。

冬の段階で、上位クラスに合流する学力を受験問題で身に着けます。

個別クラスや特訓クラスは、夏の間に、出題率が高く、点を落としやすい範囲を中心に、全範囲を復習。

現在は、学校の進度を追い抜き、学校の授業が復習となる二重学習が出来る状態まで到達できました。

社会・理科については、逆に復習ベースで、完璧な知識を目指しています。

受験で、最低80点、ほとんどの上位校受験生が90点以上を目指しています。今春の受験では、この目標を達成しています。

 

この夏期講習で、受験のベースは出来上がりました。

最も差がついてしまうのが、これからの時期。

「秋」の努力が受験の合否を決めると言っても過言ではありません。

 

実力テスト、定期テスト、模擬テスト、テスト三昧な秋になりますが、自分の実力を如何なく発揮して、自信に変えて行こう!!

保護者面談について

 

夏期講習終了後、「新みやぎ模試」「宮城ぜんけん模試」の結果が出た後、保護者面談を随時おこないます。

この面談で、志望校を確認し、その意思を保護者と塾側が共有することで、志望校への強い気持ちを「生徒」「保護者」「塾」、一丸となり強固なものとすることが目的です。

生徒の合格に欠かせない要素が、保護者の強い意志です。

生徒の志望校へ対する、「不安」「否定」「疑問」が保護者から生徒へ、少しでも伝わると、受験の結果は経験上、良くないものなるのです。

 

ですから、様々なデータを用意し、保護者納得の上で、生徒の志望校受験が叶い、そして合格が果たせるよう、私もこの面談に挑みます。

 

保護者、生徒、塾の強い意志が行動となり、行動が結果に結びつき、結果が自信となることで、自信が夢を叶える。

全ては強い意志から。

その手伝いが、きちんとできるように、準備を完璧にして面談に挑みます。

 

夏期講習を振り返って

今年の夏期講習を振り返って、思うことは、全体の学力向上を目指した結果、一定の学力を、ほとんどの生徒が身に着けたという結果となりました。

 

今年の上位クラスも、英数は学習過程をすでに終了しているので、塾の授業でも、家庭での勉強でも、全員が受験問題に取り組めています。

北海道から沖縄県までの受験問題に毎日チャレンジしている状態ですから、このクラスの夏期講習は成功だと言えるでしょう。

中位クラスも、全員が、ナンバースクールの合格点数に達していると思います。

後は、評定の部分を埋めるための学力を、冬までにつければ、さらなる上位校(仙台一高、仙台二高)を目指せる位置にいると思います。

おもに三年生になってから入塾した生徒で構成されたクラスも、かなり成績が上昇しました。

個別でみていた生徒も、苦手教科の強化に成功したと思います。

総評としては、成功に終わった夏期講習でした。

 

しかしながら、やはり数人、変化が見られなかった生徒や、夏期講習で、他の生徒に差をつけられてしまった生徒もいます。

その数人の生徒の問題点を考え、保護者とも連携し、今後の方針を決定しなければなりません。

 

麻布学院は、誰一人、諦めません。

生徒全員の志望校合格に向け、真剣に、本気で取り組みます。

それは、開塾以来、変わらぬ塾屋の誇りです。

 

全員、夏期講習225時間の講習を達成しました。

その勢いのまま、受験勉強後半戦に突入します。

 

全員志望校合格に向けて、私も気合を入れて、倒れる勢いで頑張ります。