カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ミホノブルボンではないです。

 

生徒から他の教育関連ブログに、麻布学院のことが書いてあったと聞いて、そのブログを見てみました。

本当に書いてあったのでびっくりです。

 

今まで、まともな宣伝活動をしてこなかったこともあり、麻布学院は知る人ぞ知るという塾でした。

今年、ブログを書き始めてからというもの、他塾の知り合いから、やんのやんの言われています。

私は本来、ブログをマメに更新するような性格ではないし、良い物は、宣伝などぜずとも広がると今まで公言してきたので、周囲の人間から、ブログについて、からかわれたりします。

 

そんな状況なので、一般的に知れれていない麻布学院について、他の誰かがブログで取り上げるというのは斬新な出来事です。

 

取り上げられた内容は、概ねその通りです。

また、ブログで書かれていた生徒については、毎日頑張っています。

責任を持って、麻布学院も成績向上に尽くします。

 

ただ、1点だけ間違いがあるので訂正させて頂きます。

麻布学院の生徒で、部活動をしていない生徒は、中学生全体で1名です。他の生徒は、毎日部活動に行ってます。

その1名も、深い事情があり、部活を退部しただけです。

 

昨年は、全国大会に2名(シニア野球、剣道)、東日本大会に1名(ラグビー)、県大会に1名と、部活やクラブチームで活躍した生徒がいました。

サッカーのトレセンに選ばれた生徒も複数名おりました。

部長も3名おりました。

今年は、東北大会に2名、県大会に4名、東日本大会に1名。

部長も3名おります。

生徒は部活動も頑張っています。

 

過去には、テニスダブルスで全国3位の生徒や、バスケットで県選抜、サッカーのアンダー16日本代表も在籍していました。

空手、剣道などで全国大会に進んだ生徒もいます。

今年、仙台二高に進学した生徒は、1年生ですでにベンチ入りを果たしています。

麻布学院の生徒は、部活でも活躍している生徒が多いんです。

生徒のほとんどが、部活が終わり次第、そのまま学校から塾に来て自習をしたり、授業に入ったりしています。

 

私は体育会系で育った人間です。

野球部、応援団、サッカー部と中、高、大学で所属していました。

ですから、部活をサボる生徒などには厳しく指導しますし、幽霊部員になるぐらいなら、顧問の先生や他の部員にも失礼なので、きっちりとした形で辞めることを進言します。

 

多分、そのような誤解が生じた原因は、いつも私が口にしている言葉が一人歩きしたのでしょう。

「専門バカにはなるな。」「幽霊部員になるぐらいならやめろ」という言葉です。

幽霊部員は、顧問の先生にも同級生にも、後輩にも先輩にも失礼です。そんな状態であるならば、きちんと処遇を決めるべきです。

 

部活で全国大会に出ようが、日本代表であろうが、県選抜であろうが、部長であろうが必ず受験は来ます。

部活の活躍のみで私立高校に入学した場合、将来が制限されることもあります。

ですから私は、必ず文武両道を求めます。

 

先述の、全国大会出場者、日本代表、県選抜の生徒全員、仙台一高か仙台二高に合格しています。

麻布学院の生徒は、精神面が強く、意思が固いので部活で活躍すればするほど進学先は上位校になる場合が多いです。

 

「幽霊部員は許さない」

「専門バカにはなるな」

それが体育会系で生きてきた私の心情です。

 

その他は、書いてある事、概ねその通りです。

確かに他と比べてスパルタですし、戸山厩舎のように先行逃げ切りのタイプを育てる塾です。最後まで塾に残る生徒の学力は、ある程度高いです。

体験1週間では、包み隠さず普段と変わらない授業を行うので、最初から怒られる生徒もいます。篩に掛けている訳ではないのですが、大抵の生徒がビックリしてしまうみたいです。

 

しかし、麻布学院に来たからといって、全員が大化けする訳ではありません。全ては塾の力ではなく、保護者の意思と生徒の努力です。

麻布学院は、その意思と努力をサポートしているにすぎません。

 

今回、他の教育者から見た、麻布学院について初めて知る事が出来ました。良い機会をありがとうございます。

 

 

最後に、ブログの発信者の方に向けたメッセージです。

せっかく麻布学院を厩舎で例えてもらったので、私も競走馬でお応えします。

私が好きな馬は、ミホノブルボンではありません。

マヤノトップガン、ヤエノムテキ、ダイユウサクです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月12日

 

麻布学院という塾。

 

麻布学院という塾がどういう塾か。

偽りの無い表現で現せば「厳しい塾」です。

 

中3生の夏に入塾した定期テスト300点前後の生徒全員が、現在では模擬テストで、仙台三高、宮城一高などナンバースクールの合格判定が出ています。

中3生27人(私立専願の1名を除く)いる中で、25名がナンバースクールの合格判定を模試で出しています。

 

麻布学院がこだわり続けている、この宮城野という地域は、仙台市の中央(上杉や八幡、五橋など)や仙台市北(吉成、泉中央など)、仙台市南(長町や富沢など)と比較すると、進学意識があまり高くはない地域です。

小学生から受験教育を受けているような生徒は稀で、ほとんどが一般的な生徒です。

ほぼ全員が普通の子だと言っても過言ではありません。

仙台市の東部地域は、我々の中学時代からあまり変化がない、昔ながらの教育意識が強い地域です。

 

東部地域には、生徒数500人を超える少子化の中で、マンモス校と言っても過言ではない中学校が存在しています。

しかしながら、それらの中学校の合格実績を見れば、仙台一高や仙台二高に合格する人数が2校合算で、1桁~2桁前半です。

 

この地域に塾を構えて感じたことは、小学生の成績序列が、中学校でも同じであるという事でした。

つまり、小学校時代に優等生とされた生徒がそのまま上位をしめ、それ以外の生徒は仙台一高や仙台二高などの上位校を、全く考えていないということです。

 

しかしながら、小学校で学んだことと、中学校に入ってから学ぶことは、同じようでありながら全く違います。

国語、社会、理科、英語の4教科は、小学校の学習進度に関係なく、新たに始めから学習することになります。

繋がりがあるとすれば、上記4教科だと国語の漢字ぐらいでしょう。

小学校の学習が一番反映する数学にしても、計算の規則や分数、小数などを訓練し、中学入学前に理解できるようになれば、何の問題もありません。

麻布学院に在籍した生徒で、九九が出来ない生徒も複数いました。

その何人かは、仙台一高や仙台二高に合格しました。

 

ほとんどの生徒が、小学校の成績に関わらず、真面目に学習すれば中学校の成績は劇的に変わります。

入塾時に生徒の意識改善をはかるり、上位校を目指す意思を持たせ、入塾後にその意思を鍛え上げることで、ほとんどの生徒が合格に近い成績になるのです。

小学校や入塾時の成績に、とらわれる必要など全くありません。

強い意志さえ持つことが出来れば、誰もが変われるんです。

 

生徒の意思を鍛え上げ、強固なものへと導く段階で、麻布学院はとても厳しく生徒に指導します。

その段階における麻布学院の厳しさは、仙台市内屈指のものだと思います。

強い意思さえあれば、ほとんどの生徒が、ナンバースクール合格の学力に達すると信じているからです。

 

結果、評定3.9で仙台二高、評定3や3.3で仙台一高に合格する生徒を輩出し、模試で県内1位をとる生徒を毎年育てることが出来るのです。

模試の塾内平均点は、塾開設初年度以外、全ての模試において平均400点を超えています。

過去在籍した生徒の約45%が仙台一高と仙台二高に合格し、ナンバースクールで括れば約50%を超える生徒が合格を果たしています。

私立受験では初年度を除けば、生徒全体の約80%以上が各高校特進系(東北学院や首都圏私立を含む)に合格しています。

誇張ではなく現実の数字です。

 

私は大手塾にいた時、怒った事がほとんどありませんでした。

塾の看板だけで、ある程度生徒を集めることが出来ますし、怒るという行為はリスクも発生します。看板がある以上、自分の思いだけで突っ走ることは出来ません。

それと元来、私は冷静な性格で、企業では理論派と呼ばれていました。

大きな声を出すタイプではありません。

 

しかし、独立すれば、塾の看板は意味をなしません。

特徴が無ければ、生き残ることなど出来ません。

塾を開くにあたって考えたコンセプトが「仙台市内で一番厳しい塾」であり、「誰もが上位校を目指す学力に引き上げる塾」でした。

 

今の麻布学院が、仙台で一番厳しい塾であるかはわかりませんし、全ての生徒が上位校合格の学力がある訳ではありません。

 

しかし、塾開設以来、ずっとその信念だけは変えていません。

変えるつもりもありません。

これからも麻布学院は、仙台市内で一番厳しくとも、一生懸命な生徒たちの誰もが上位校を目指す学力に引き上げる塾でありたいと思っています。

 

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月11日

 

麻布学院、最大の疑問点。

 

麻布学院への入塾を検討される方が、必ず持つ疑問があります。

「毎日塾があって、本当に通えるのか?」

本当に、必ずと言って良いほど聞かれます。

 

答えは「大丈夫だと思います。」

 

何故なら、体験授業を受けた生徒の90%以上が入塾となり、その後、その後はきちんと通塾出来ています。

その中で、退塾する生徒は転校などを含めても、年間数人です。

この3年間で、退塾した生徒は、転勤を含めて9名(中学生)。

そのうち3名は復学しています。

復学生、私立専願が決定した生徒を除くと5名です。

 

3年間で5名という数字が、多いか少ないかは主観が入ります。このブログをお読みになった皆様がご判断下さい。

麻布学院は、この近隣で知らない人がいないぐらい、厳しい塾で有名です。成績に妥協はしませんし、学習量が足りない生徒は授業中に怒ります。

授業中は、私語も一切ありません。

「静かでびっくりする。」が転塾してきた生徒が必ず口にする感想です。

講師も、授業中に過度のコミュニケーションはとりません。

そんな塾ですが、3年間の退塾は5名です。

 

それと、現在、宮城野中だけではなく、東華中、上杉山中、沖野中、仙台二中、岩切中、附属中、東仙中、五橋中、五城中、ウルスラ中など遠方から入塾した生徒も多数在籍しますが、全員、きちんと毎日通えています。

退塾した5名はいずれも近隣中学の生徒でしたから、遠方から通っても、その通学時間に見合った成果があるのだと思います。

 

体験授業1週間受講した生徒の90%以上が入塾し退塾した生徒は、3年間で5名(中学生のみ)です。

 

麻布学院は、とても厳しい塾で、毎日授業があります。

しかしながら、近隣の生徒も遠方の生徒も等しく、ほとんどの生徒がきちんと通塾できています。

 

毎日塾があって、本当に通えるのか?

その疑問への答えは「大丈夫だと思います。」

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月10日

宮城ぜんけん模試11月号結果報告。

 

麻布学院は、模試の実施日を早く設定しても、模試業者への提出は遅くします。

何故なら、最終の締切に近ければ近いほど、全体の受験者が多い段階での順位が出るからです。

ですから今日、11月号の結果が返って来ました。

 

宮城ぜんけん模試、県内順位は、1位、3位、5位、10位と4人の県内10位以内を出すことが出来ました。

これで、中3生、宮城ぜんけん模試3回中3回とも、麻布学院の生徒が県内1位を獲得です。

新みやぎ模試11月号の1位も麻布学院の生徒でしたので、ダブルで1位を獲得したことになります。

 

合格ランクについては、ほとんどの生徒が、新みやぎ模試と宮城ぜんけん模試の両方でBランク以上となっていました。

その結果に気を許すことなく、受験に向かい最後のスパートをかけてもらいたいと思います。

 

新みやぎ模試Bランクで、宮城ぜんけん模試Cランクの生徒については、評定の面をカバーできるだけの点を獲得していない証拠なので、一層気合いをいれて勉強して欲しいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月9日

 

宮城県の受験制度について

 

今の受験制度について、どう思うかを塾業界の方々から質問されることがあります。

私の答えはいつも同じです。

「塾は文部科学省の管轄ではなく、宮城県教育委員会の出先機関でもないので、私がどう思おうと変更されることはありません。現行制度に対応するしかない。」

 

宮城県の受験制度は、全国的に見ても独自色が強いと思います。

まず、元来から使用されている相関表の存在です。

宮城県以外で、相関表を受験制度に組み込んでいるのは、愛知県や長野県がありますが、その中でも宮城県は評定が重要視される作りになっています。

 

前期、後期の2回に分けて受験を行うのも特徴的です。

全国的に、公立推薦入試を廃止する流れの中で、宮城県の前期受験は評定の高い生徒が有理に出来ています。

推薦入試と変わりがないと、誰もが考えていると思います。

 

後期受験に関しても、各高校が受験比率を明確化したことにより、評定の低い生徒は、それに左右されて受験校を変えるケースも増えていると思います。

何より、定時制高校と全日制高校の受験問題が統合されてから、この3年間、受検問題の平均点が高い状態になっています。

平均点が高くなればなり程、評定を受験の点数で逆転するのが難しくなります。

 

これら全ての項目を考えて、宮城県の受験制度は、評定が高い生徒に有利な制度だと私は考えます。

それは、塾関係者なら誰もが思う事でしょうし、誰にきいても同じ答えが返ってくることでしょう。

 

現行の受験制度についての不満の声は、制度が変更された当初からかなりありました。

私も不満はあります。

 

しかしながら、私が不満を持ったところで、その不満が受験制度に反映されることはありません。

今の受験制度の中で、どう対応するかを考えるしかないんです。

 

男女共学化、前期後期、学区統合、受験比率の設定と、この10年間怒涛の如く制度変更が相次ぎました。

その度に受験生も保護者も、学校の先生も、そして塾関係者も混乱してきたと思います。

 

でもその中で、塾関係者だけは、お金を頂いている立場です。

営業職が、商品を売る事が出来なけければ、給与に反映してしまうのと同じで、塾は合格実績を出せなければ淘汰されてしまいます。

ですから現行制度がどうであろうが、受験の平均点が高かろうが、塾は対応するしか選択肢が無いんです。

我々塾関係者は、教育評論家ではないので、制度改正を声高に叫んでも生き残れません。

 

特に個人塾は、生徒の人数が限られている分、対応加減が顕著に現れてしまいます。

ですから対応するしかないんです。

 

現在、合格実績を出してる塾は、大手塾個人塾関係なしに、受験制度への対応が上手くできている塾だと思います。

 

そろそろ、受験制度の見直しがある時期かもしれません。

その場合、混乱することが無いよう、麻布学院もしっかり対応しなければなりません。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月8日

 

驕ることなく粉骨砕身の思いで。

 

最近、広範囲からの問い合わせがあります。

先週と今週だけでも、五橋、上杉、幸町、宮城野、田子、榴ヶ岡、原町、長町など、近い場所から遠方まで、様々な地域の方からお問い合わせがあり、入塾や体験入塾に至りました。

宣伝もせず、この地域以外には無名の麻布学院に、これだけ他地域から需要があるとは考えていませんでした。

 

麻布学院は、ただひたすらに、宮城野という地域にこだわり、恩恵をうけ、様々な人々に支えられながら存続してきた塾です。

麻布学院の中3生、週1890分学習(31.5時間)という圧倒的な学習量は、本来、五橋地域や上杉、長町や泉中央などの地域でこそ輝けるというアドバイスを何度も頂いてきました。

しかしながら、それらの地域には、大手塾が力を入れている教室が必ず存在しています。

わずか1年間で、麻布学院創設12年(2004年開設)の合格実績をこえる大手塾があるのです。

麻布学院は、この地域に1教室しかない個人塾です。

生徒数も、1学年平均20名弱。

12年間でトップ校合格者は(仙台一高、仙台二高、共学前の二女、一女)あわせて109名。

合格者の大多数が、この宮城野という地域にある中学の生徒です。

塾生が12年間合計240名いたとして、その45.4%の生徒が麻布学院からトップ校に合格している計算です。

仙台三高や、共学後の宮城一高、二華高校を含めたナンバースクールで括れば、在籍生徒の半数以上が合格している計算になります。

1教室の個人塾としては驚異的な数字かもしれません。

 

しかし、麻布学院の血の滲むような12年間は、大手塾1年間のトップ校合格者数に勝てません。

規模、生徒人数、地域は全く違えど、大手塾は毎年それだけの合格者を出しています。

 

私は大手予備校⇒大手塾⇒独立という経緯をたどった人間です。

大手塾の悪い点も知ってはいますが、良い点も知り尽くしています。

 

大手塾は人材の宝庫です。その人材がいる限り、毎年安定して合格者を出す事ができます。

私と同等、それ以上の人材が、大手塾には複数存在するはずです。

 

麻布学院は、塾長2名体制で頑張ってきました。

2人そろってこそ今のポテンシャルが発揮できるのであって、大手塾のように何名もポテンシャルが高い人材がいる訳ではありません。

この恩恵を受けてきた宮城野という地域を2人どちらとも離れる訳にいかないのです。

新教室を開設するとすれば、必ずどちらか1人がこの地を離れなければなりません。

そうなれば、どちらの教室も今の麻布学院ではなくなります。

麻布学院が教室数を増やすことはありません。

 

数ある塾の中で、遠方から麻布学院を選んで頂いた皆様に感謝いたします。そして通学に時間をかけて頂いていることを、心苦しく思います。

ですから、その心苦しさの分を含めて一生懸命に頑張ります。

時間をかけてでも麻布学院に通って良かったと言ってもらえるよう、粉骨砕身の意気込みで努力します。

宣伝もせず宮城野という地域に集中してきた麻布学院という個人塾に、他地域から来て下さる生徒さんがいるのなら、これからは出来る限り受け入れさせて頂きます。

 

小学生、中学2年生、中学1年生は、まだ余裕があると思いますので、地域問わず、体験入塾に来てください。

中3生で、どうしても麻布学院で受験を迎えたいと思う方がいれば、ご相談にのります。ご連絡ください。

 

これからも、麻布学院は驕ることなく質を下げず、常に向上を目指し進化いたす所存です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月7日

 

最近、思うこと

あらためて最近思うことがあります。

昔は、定期テスト5教科合計で100点以下の生徒も、毎年入塾してくれる塾でした。

そういった生徒の成績を一生懸命に上げ、それを喜びに、そして励みにしていました。

 

最初の模擬テストで、数学0点だった生徒がいます。

もちろん、学校の定期テストも5教科合計100点以下。

しかし、その生徒は高校に特待生で入学し、3年間努力を続けて北里大学に進学、今は研究者となっています。

入塾時の評定2.9から仙台一高に合格し、中央大学へ進学した生徒もいます。

新みやぎ模試で100点台から努力し、私立高校になっても3年後、その努力が実を結び法政大学に進学した生徒もいます。

同じく新みやぎ模試100点台から私立高校経由で早稲田大学に進学した生徒もいます。

そんな卒業生がたくさんいます。

 

それがいつの間にか、この地域の中で、成績の良い仙台一高や仙台二高を目指す生徒しか入ってはいけない塾と言われるようになってしまいました。

中3生、新みやぎ模試で380~400点の生徒が、塾では下の成績になってしまいます。

中3生、新みやぎ模試で、380~400点といえば宮城一高や二華高校、館山高校や向山高校などは、合格ランクが出ている成績です。

その成績で塾内順位が下位になってしまうのだから、やはり成績の低い生徒にとって麻布学院は、入塾しずらい雰囲気なのでしょう。

しかし、今いる生徒達も、入塾の時からそんな成績だった訳ではありません。努力を積み重ねた結果がこの点数になっているのです。

 

今の3年生にも、定期テスト200点台から新みやぎ模試430点台になった生徒もいれば、同じく定期テスト200点台から新みやぎ模試410点台になった生徒もいます。

 

卒業生には伝説の先輩がたくさんいます。

現在の中3生も、最初から点数が高かった訳ではありません。

努力をした結果が伝説をつくり、努力した結果が現在の成績となっているのです。

 

麻布学院は、決して成績の良い生徒のためだけにある塾ではありません。今の成績が低くてもこちらから入塾を断ることはありません。

生徒もしくは保護者どちらかに、成績を上げたいという強い信念と意思があるのなら、いつでも歓迎いたします。

 

努力できる環境を用意し、お待ちしております。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月6日

駐車場に関するお願い。

 

本日、駐車場の管理会社より、通達がありました。

当塾契約の駐車場番号は 5番 6番 の駐車スペースです。

当該駐車スペース2か所が空いていない場合、駐車場敷地内には短時間であっても入場禁止であると注意を受けました。

違反が続く場合は、駐車場内の監視カメラを元に、当該車両へ注意の上、当塾との駐車契約を解除するという厳しい通達でした。

 

(お車で生徒を送迎される保護者様へ)

当塾で契約している駐車スペースに空きがない場合、ご迷惑をおかけいたしますが、駐車場以外の場所でお待ちいただけるようお願いします。

申し訳ありませんが、ご協力お願いします。

 

後日、保護者様各位に、文書にて概要をご連絡いたします。

よろしくお願いします。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月6日

麻布学院の小学生コース

麻布学院の小学生コースの紹介です。

麻布学院の小学生コースから入塾の生徒は8割弱の確率で仙台一高、仙台二高などのナンバースクールに合格しています。

首都圏なみに先取り教育をし、中学生に上がるころには、英語・数学の二教科は中1後半まで終わっているのが、一般的カリキュラム。

ですから、学校の授業は全て塾で習ったことの復習。

数学で言えば、中2に上がるころには、連立方程式や関数に入っています。

つまり、首都圏の中高一貫校のカリキュラムにあわせています。

今年も小学生から麻布学院で学ぶ生徒は、今年実施された新みやぎ模試6回中、3回県内1位。宮城ぜんけん模試でも実施した2回中2回すべてで県内1位。

もう一人の小学生から麻布学院に在籍している生徒は、附属中実力テスト2位、11月新みやぎ模試県内10位。過去、何度も10位以内を連発しています。

直近の生徒は、このような結果を出しています。

 

昨年までは、宣伝活動は一切おこなわず、紹介と兄弟の入塾のみでやってきました。

小学生は基本、兄弟の少人数でした。

今年は、ブログを開設したり、広告の範囲を広げたり、検定教室を新設することで、小学生の人数が急増しました。

将来が楽しみです。

 

小学生から入塾した生徒を80%弱の確率で、ナンバースクールに合格させている実績。ほとんどが仙台一高と仙台二高、宮城一女(現宮城一高)、宮城二女(現二華高校)に合格しています。

麻布学院の小学コースは、週1~週3回に分かれますが、週3回選択の生徒は、土日以外の5回受講可能です。もちろん料金は変動しません。

 

割引制度も充実しております。

今年から、中学生の上の兄弟が麻布生の場合、小学生の下の兄弟は授業料は無料です。

麻布学院に小学生から入塾することは、仙台二高、仙台一高への最短の近道。

 

興味がありましたらご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月5日

 

 

 

補習授業。

 

本日より、13:30から15:00までの90分間、メンバー抜粋して補習授業を入れることとしました。

強制参加のメンバー以外は自由参加です。

教科は「数学」になります。

毎週、受験まで土日の13:30~補習授業を継続します。

本日の参加者は、生徒の3分の2が参加しました。

補習参加者にとって、土日は13:30~20:00までのハードスケジュールになりますが、受験まであと少し。

 

塾側として、やれるだけの事は精一杯やろうと思っています。

生徒が頑張ろうとしているのであれば、塾側も頑張るのみ。

補習授業を受けても授業料が変わる訳ではありませんので、強制参加以外の生徒も、出来るだけ参加して欲しいと思います。

 

麻布学院は、受験に対して妥協はしません。

経営者である我々が、プライベートの時間を切り崩せば、いくらでも授業時間は増やせます。

利益を減少させれば、もっともっと授業時間は増やせます。

受験に対し絶対に妥協はしません。

 

受験に、「ここまでやれば良い」なんて言葉は通用しませんから。

どこまでも、やれることを探して妥協してはいけません。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2016年12月3日