麻布学院 のすべての投稿

新みやぎ模試1月号塾内採点

 

今日は新みやぎ模試1月号を実施しました。

今月は受験月ですので、その前に結果が戻るよう明日には新みやぎ模試へ提出します。

塾内の自己採点を行いました。

国語の作文の配点が解りませんので20点分除く480点満点でご報告します。

 

受験者25名

(仙台一高・仙台二高コース及びナンバースクール受験コース)

20名

国語 66・2/80点満点

数学 84.0

社会 92.1

英語 84.2

理科 93.9

5教科合計 420.3点/480点満点

作文の平均を今までの塾内平均最低点の13点で計算すると433.3点。

受験月ですから完璧な仕上がり具合を期待したのですが後一伸びがありませんでした。

これから受験まで何が出来るかを考えてデータを組み上げます。

 

(全生徒)

25名(上記コース+公立高校受験コース5名)

国語 63.3/80点満点

数学 79.6

社会 88.7

英語 80.0

理科 90.6

5教科合計 402.1/480点満点

 

毎回、麻布学院の生徒達の作文の平均点は13~16点になります。

余程のことがない限り塾全体で400点は超えているでしょう。

410~415点ぐらいになると思います。

5人で平均点を20点近く下げてしまいましたが問題ありません。

今年は最初からそのつもりで公立高校受験コースの生徒を例年よりも増やしました。

志望校はかるくクリアしている点数ですので良くやったと思います。

 

模試はあと2回。

新みやぎ模試2月号と宮城ぜんけん模試第5回。

今月は、ついに前期選抜、来月すぐに私立A日程とB日程。

その結果次第で面談を行います。

ナンバースクール受験コース以上の20名は、私立で何らかの特待生合格をしていない場合です。

公立高校受験コースの生徒は、私立の結果を見て面談を設定します。

 

今までの苦労はここから約2ヶ月間のため。

前期を受ける生徒は評定関係なしに実力をはかる良いチャンスだと思いながら評定の高い生徒たちは合格を勝ち取りましょう。

全員私立で結果を残し、公立は第一志望校で。

麻布学院は本当に普通の生徒ばかりです。

後期選抜では無類の強さを発揮しますが、今年は是非前期選抜でも合格者が出て欲しいと思っています。

 

来年度からは受験制度が変更となり、後期選抜に強い麻布学院には有利な受験制度になります。

今年はこの受験制度最後の年度。

最後のしめとして、最高の結果を出せればと思います。

 

新しく普段着の麻布学院を書き綴るブログを作りました。

https://ameblo.jp/azabugakuin/

こちらは生徒と私の交流を綴ります。

よければ見て下さい。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年1月6日

仕事始めに想う。

 

今日から仕事始めです。

ついに3年生は受験月となりました。

前期・私立入試と今まで己を研鑽した評価が合否で出されます。

14年間の入試では、仙台一高・仙台二高に合格した生徒の割合は全体の4割弱。

ナンバースクール・関東私立に合格した生徒の割合が全体の6割弱。

第一志望校合格率が14年間で全体の76.1%。

14年間の生徒総数には私立専願の生徒も含んで281人。

しかし、私立専願の生徒は第一志望校合格に含んでおりません。

私立専願で含んでいるのは仙台一高・仙台二高・仙台三高と同等またはそれ以上の私立高校に進学した生徒のみです。

 

ホームページに書いておいてなんですが、この76.1%という数字を休み中考えてしまう出来事があり、考え続けました。

76.1%といえば100人いれば76人が合格している確率です。

恥じ入ることの無い数字だと思います。

何故ならば、麻布学院のような個人塾には普通の生徒が集まります。

どんなに実績を出そうが、確率を上げようが個人塾は大手塾のように人材や宣伝費などの経費、そして何よりも知名度が違います。

毎日宣伝を見かけない日が無いような大手塾と、聞いたこともないような個人塾。

比較の使用がありません。

どんなに頑張ったところでそこは変わりません。

麻布学院が中学1年生から育てた生徒が授業料免除の元に大手塾へ移ってしまった事もあります。

それも仕方がありません。

麻布学院は信念の元にその生徒と接して、定期テスト・実力テスト・模試・評定の全てを完璧に仕上げたつもりです。

その上で資金面や知名度で生徒が移動するのであれば、胸を張って送り出して来ました。

それが中3生の夏期講習前であろうが冬期講習前であろうが、麻布学院は己の合格実績にその生徒たちを入れることはしません。

受験を他塾で迎えたのならば、育てたのは他塾であるというのが私の考えです。

 

麻布学院は、例え定期テストが5教科194点であろうが1年後には校内10位以内に入れる塾です。

入塾時評定2.9であっても仙台一高に合格させた塾です。

附属であろうと、上杉山中であろうと生徒が来れば確実に校内1位を獲得してきた塾です。

宮城野中では16年目に当たる中2生まで学年1位を獲得して来ました。

1位を獲得した中学は、宮城野中・東華中・附属中・上杉山中・仙台二中・五城中・沖野中・南小泉中・西山中と原町の1教室の個人塾では考えられない数字をたたき出しました。

それに10位以内を含めれば五橋中・青陵中・岩切中・東仙台中・高砂中も含まれます。

 

卒業生には東大理Ⅲを始めとする数々の医学部進学者や東北大を中心とした旧帝国大学進学者、早慶・MARCH進学者を出して来ました。

受験首席も仙台一高で3名。仙台二高で1名。

私立高校で言えば仙台育英・ウルスラの両校で受験首席を輩出しています。

 

その上での数字が76.1%。

100人中76人の確率で第一志望校合格。

麻布学院は入塾時の成績がどうであろうとその時に言われた志望校か考えもしなかった高校に合格できる学力まで引き上げて来ました。

100人中76人の確率を高いと思うのか低いと思うのか。

助けることの出来なかった24人をどう考えるのか。

塾には全ナンバースクール合格者の名前が合格札とともに14年分残っています。

それとともに、受験生の教室である大教室のボードの上にある入れ物の中には、受験に納得できず後輩に想いを託した合格できなかった生徒たちの学校で使用する名札も残っています。

この76%という数字をどうやれば90・97・99%まで上げることができるか14年間戦い続けて来ました。

データを積み重ねに積み重ね、私の性格とはかけ離れた生徒から見れば厳しく怖い塾長像を演じ、数字と結果を追い求め、そして受験でまた数字を上げることができず、データを積み重ね・・・・・

その繰り返しでした。

数字を上げるためにすべき打開策の1つは結論が出ています。

しかしその方法はとりたくない。

志望校を落として合格率を上げたところで、ボードの上に残された名札達がその麻布学院を是としてくれるのか?

答えは非です。

大手塾のように入塾テストもクラス分けも、まして評定による選別もせず、ただひたすらに学力のみで勝負をする麻布学院の姿を彼らは望んでいるのであって、志望校を下げて仙台東や仙台南、そして数名がナンバースクール合格。

そんな麻布学院を決して彼らは許しません。

それをやった瞬間に私の14年間、生徒にかけてきた言葉の数々が嘘になってしまいます。

 

76.1%を80%に。そして90%に。

特定の生徒だけではなく全ての生徒を含めて。

 

全ての個人塾がこの戦いを続けてきたはずです。

今はどうであろうと塾を開設した時には全ての個人塾が理想としてきたはずです。

 

そして生徒の限界値に近いところまで学力を上げること。

そして、この数字を0.1%であろうが毎年上げること。

80から84へ。90へ。

その過程で櫛の歯が欠けるように、1つ2つと理想を捨てる塾はあったでしょう。

慣れなのか熟知たる想いだったのかは、私には先輩たちの心は推し量れません。

 

決して個人塾は大手塾の下請けではない。

高い教務能力を持ちたい、高い指導力を持ちたい、経験と体験を全ての生徒とともにしたい。

受験のたびに唇を噛み締め、生徒たちの残していった名札たちを毎晩握り締め、1人1人に思いを馳せながら15年間生きて来ました。

パソコンのデータを何十、何百と打ち直し打ち直し。

もっと大きな自分に、もっと生徒から畏怖される自分に。

 

76%じゃだめなんです。

24%の生徒が泣くんです。

志望校を落としてはいけないんです。

24%の生徒たちはそれで合格しても喜ばないんです。

私立高校で1位になろうが首席合格だろうが悲しみを引きずるんです。

 

この数字と戦わない塾は塾を名乗る資格が無い。

そんな塾と交流もいらない。

麻布学院は麻布学院。

 

そう想ってずっとやってきました。

15年間、自身の持病との戦いでもありました。

1年以上リハビリに要したこともありました。

もう1人の塾長や教え子たちが私の穴を埋めてくれ、歯を食いしばてくれた年もありました。

まだ自分は若い、まだやれる。

そう思いながら15年間。

0.1%の数字を上げるため全員が戦って来ました。

 

最近焦りを感じます。

休み中ずっと体調を崩していたのも要因の1つでしょうが、焦ります。

数字と戦える自分のまま後何年いれるのだろうか。

私もいつか欠けて行く櫛の歯になるときが来るのではないか?

その時には私は塾業界からすっぱりと姿を消すと思います。

 

今年も戦いの狼煙があがります。

0.1%の戦いがまた始まります。

新しい戦いの幕開けに自分がまた参加できたことに感謝します。

必要としてくれる人間が1人でもいる限り、矢が尽き、弓が折れようとも私は麻布学院の一員として0.1%に挑む所存です。

 

居場所を造ってくれた全ての卒業生・保護者様・生徒・講師たち・もう1人の塾長。

そしてまだ見ぬ生徒たちに思いを馳せて今年も麻布学院塾長として獅子奮迅の働きをするつもりです。

 

あらたな戦いの幕開けに。

立てる喜びを感じながら。

目指すは全員合格。

 

新しい時代の幕開けとなるこの2019年の初めに

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年1月5日

全ての麻布学院を造った人々に思いを馳せながら。

 

訂正。

ブログの訂正です。

冬期講習再開日をブログで1月4日っと書きましたが実際には1月5日でした。

訂正してお詫びします。

生徒各位には1月5日であると伝達しておりますので大きな混乱はないと思いますが、明日は塾に待機はするつもりです。

申し訳ありません。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年1月3日

新年明けましておめでとう御座います。

新年あけましておめでとう御座います。

昨年は麻布学院をお引き立て下さりありがとう御座いました。

今年もご支援とともにご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

今年は、中2生25名、中2生25名と定員を10名増員し、既に小6生と小5生が二桁います。

人数を大幅に増員しても変わらぬ合格実績を出すことが出来れば、麻布学院はまた自信をつけることができます。

勝負の時です。

気合いを入れて受験に邁進するとともに、全学年、全生徒を志望校の学力に引き上げる塾として、誇りと信念を持ち頑張る所存です。

 

今年も何卒お引き立てのほどよろしくお願い致します。

1月20日には麻布学院塾説明会があります。

ふるってご参加ください。

 

1月4日から冬期講習再開です。

お問い合わせは4日以降承ります。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2019年1月1日

新みやぎ模試12月号。順位報告。

 

今月初旬に行いました新みやぎ模試12月号の順位上位者と偏差値のご報告です。

12月号は総受験者数10587人と今年最多。

しかしながら県内平均点が243点とかなり低めです。

この数年間、受験で平均点が250点を切ることはありませんでしたので、せっかく総人数が多かったにも関わらず、判断が難しい模試となりました。

ですが、上位層が着実に点数を重ねており、それでいて難しい問題が数問あって点数を落とす模試ですので、県内平均点が低いだけで、上位層には今年の受験に近い問題だったと思います。

先月が昨年の受験に近く、今月が今年の受験に近い。

両方でランクが出ており、尚且つ宮城ぜんけん模試でもランクが出ている生徒については合格が近いと判断できます。

 

(麻布学院県内順位100位以内獲得者順位)

県内5位 県内10位 県内10位

県内20位 県内20位 県内30位 県内34位

以上7名でした。

今年の中3生は県内1位獲得2回に終わりましたが、全体の偏差値が高く、立派な成績であると思います。

1月・2月で1位奪還を目指しましょう。

 

(麻布学院生徒偏差値)

受験者数25名

偏差値70以上 10名

偏差値68(仙台二高基準)以上 13名

偏差値66(仙台一高基準)以上 18名

偏差値62(仙台三高普通基準)以上 21名

残り4名は公立高校受験コースの生徒

偏差値52(多賀城51・東51) 1名

偏差値45(利府普通44宮城広瀬41) 3名

 

麻布学院は県内平均点が下がれば下がるほど強さを発揮します。

過去、宮城県の受験平均点がかなり低くなった年度はともにトップ校20名以上の合格者と仙台一高や仙台二高の受験首席を出すことが出来ました。

このぐらい、受験の平均点が下がってくれれば・・・・・

近年の受験を見ればそれは望めないでしょう。

 

これで今年の模試全てが終了しました。

1月模試と2月模試は、受験前の大切な資料ですので麻布学院も会場受験に合わせて受験し、いつもとは違いすぐに結果を送ってもらう予定です。

 

今年もたった25名の塾生が、県内1万人を相手に素晴らしい結果を残してくれました。

小学生から塾に通っていた生徒は少数で、中学に入るまでは習い事しかしていなかった生徒が多いこの学年。

毎日毎日努力した成果です。

来年は本番です。全員合格を目指してやってやろう!!

 

麻布学院2019年度説明会開を1月20日(日曜日)に実施いたします。

説明会では、新受験制度の説明と、麻布学院の塾の方針、成績が可視化できる配布物で数字と実績の公表、塾の指導法などについて説明いたします。

2時間ぐらいのお時間を頂く予定です。

説明会の開始時刻は13:00を予定しております。

説明会は塾生の保護者様はもちろんのこと、入塾を検討されている保護者様の御参加も大歓迎です。

ご友人お誘い合わせの上、是非この機会に麻布学院を知ってください。

説明会会場は、普段保護者様が立ち入ることのない2階大教室で行います。

その部屋は受験生の教室と呼ばれており、麻布学院の過去のナンバースクール合格者など全てが掲示物で確認できるようになっています。

説明会参加希望は本日より承ります。

座席の関係上30名定員とさせていただきます。

説明会は受験終了後の3月にも実施する予定です。

 

麻布学院を知ってもらえるには、ブログよりもこの説明会に出席していただければ一番早道です。

ご検討をお願いします。

 

麻布学院は12月29日(土)~1月3日(火)まで冬季休業に入ります。

普段、中3生は16:30~21:00までの4時間半を毎日。

中1生と中2生は19:30~21:00まで毎日授業。

生徒たちは毎日、夜は家にいない状況です。

祝日・日曜も授業ですのでこのお休みで、ご家族の交流を深めてください。

休み中は緊急連絡の場合のみ転送電話で対応します。

緊急以外の場合は1月4日以降にご連絡ください。

 

今年も麻布学院をお引き立て頂き有難うございました。

新年もどうか麻布学院を宜しくお願いいたします。

 

皆様。良い年越しを。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月28日

今、万感の想いを込めて

麻布学院2019年度説明会開を1月20日(日曜日)に実施

麻布学院2019年度説明会開を1月20日(日曜日)に実施いたします。

説明会では、新受験制度の説明と、麻布学院の塾の方針、成績が可視化できる配布物で数字と実績の公表、塾の指導法などについて説明いたします。

2時間ぐらいのお時間を頂く予定です。

説明会の開始時刻は13:00を予定しております。

説明会は塾生の保護者様はもちろんのこと、入塾を検討されている保護者様の御参加も大歓迎です。

ご友人お誘い合わせの上、是非この機会に麻布学院を知ってください。

説明会会場は、普段保護者様が立ち入ることのない2階大教室で行います。

その部屋は受験生の教室と呼ばれており、麻布学院の過去のナンバースクール合格者など全てが掲示物で確認できるようになっています。

説明会参加希望は本日より承ります。

座席の関係上30名定員とさせていただきます。

説明会は受験終了後の3月にも実施する予定です。

 

麻布学院を知ってもらえるには、ブログよりもこの説明会に出席していただければ一番早道です。

ご検討をお願いします。

 

すでに二桁、塾生以外の保護者様からお問い合わせを頂きました。

有難うございます。

 

今日は新みやぎ模試12月号の結果が返却予定です。

届き次第ご報告します。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月27日

今年も後3日。

 

今日は12月26日。

麻布学院は12月29日~1月3日まで冬季休業に入ります。

今年は残り、今日を含めて3日間です。

今年も昨年度の生徒が1回、今年度の生徒が2回、新みやぎ模試の県内1位を獲得し、宮城ぜんけん模試では昨年度の生徒が1回、今年度は実施済みの全ての回において県内1位を獲得することが出来ました。

昨年度の生徒たちも頑張りを見せてくれて、連続ナンバースクール2桁合格も継続することが出来ました。

宮城野中、上杉山中、南小泉中、五城中などで定期テスト1位も獲得でき、宮城野中に関しては開校以来15年連続で獲得を継続できました。

東仙台中、岩切中、東華中、高砂中などの生徒数が少人数の学校でも定期テスト10位以内を出すことも出来ました。

 

おかげさまで、中3生は現在25名。定員を5名増やしても継続してお問い合わせをいただきましたが今年度は締め切りとさせて頂きました。

中2生も定員25に対して現在23名。1名の予約がありますので後1名で定員となります。

中1生に関しては現在16名。3月までにあと4名募集を継続します。

全ての学年で例年よりも多くの生徒が通ってくれており、今年は大変ではあるものの、やりがいがある年でした。

今日より、新年度からの予約入塾を受け付けます。

2月3月に入塾をお考えの方のご予約です。

例年は予約は受け付けておりませんでしたが、今年、事情があり予約を受け付けた元生徒がおりますので、他の生徒さんのご予約も受け付けることにしました。

1月中に入塾をご予約された生徒さんについては全員入塾を認めるつもりです。

特に新中3生となる今の中2生は、現在でも23名の生徒がおります。

1月中であれば、他の学年を調整することが出来ますので是非この機会にお願いします。

 

小学生は今年から大々的に募集したこともあり、爆発的に増えました。

嬉しい悲鳴です。

二華中や青陵中を目指す塾ではなく、将来の仙台二高・仙台一高・仙台三高を目指す生徒が集まっています。

麻布学院は小学生から在籍した生徒たちの受験結果で80%強~90%弱のナンバースクール合格率を出して来ました。

これだけ高い確率の塾はあまりないと思います。

小学生の新年度からの予約募集もどんどん行います。

 

今日を含めた3日間。

思い切り全力で、今年の締めを素晴らしい形で終えるよう頑張ります。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月26日

麻布学院2019年度説明会開を1月20日(日曜日)に実施

麻布学院2019年度説明会開を1月20日(日曜日)に実施いたします。

説明会では、新受験制度の説明と、麻布学院の塾の方針、成績が可視化できる配布物で数字と実績の公表、塾の指導法などについて説明いたします。

2時間ぐらいのお時間を頂く予定です。

説明会の開始時刻は13:00を予定しております。

説明会は塾生の保護者様はもちろんのこと、入塾を検討されている保護者様の御参加も大歓迎です。

ご友人お誘い合わせの上、是非この機会に麻布学院を知ってください。

説明会会場は、普段保護者様が立ち入ることのない2階大教室で行います。

その部屋は受験生の教室と呼ばれており、麻布学院の過去のナンバースクール合格者など全てが掲示物で確認できるようになっています。

説明会参加希望は本日より承ります。

座席の関係上30名定員とさせていただきます。

説明会は受験終了後の3月にも実施する予定です。

 

麻布学院を知ってもらえるには、ブログよりもこの説明会に出席していただければ一番早道です。

ご検討をお願いします。

 

すでに二桁、塾生以外の保護者様からお問い合わせを頂きました。

有難うございます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月26日

今日は唯一のイベントです。

麻布学院は普段、塾は学習をする場所としてイベントは一切ありません。

保護者との契約した時間に遊びを入れる隙間など無いと言う観点からです。

私語も厳禁ですし、自習の生徒たちも静かに勉強しています。

ですが、クリスマスは別。

今日だけは麻布学院も本来の中学生の集まりになります。

さあ、今日はめちゃくちゃ楽しもう!!

皆様にもメリークリスマス

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月25日

 

今日から小学生も冬期講習。

 

本日より小学生も冬期講習の時間帯です。

小学生の何人かから、自習に来ても良いか聞かれました。

勿論です。

朝10:30~塾はあいていますので来て下さい。

小学生までは、保護者が主導しなければ勉強をする癖はつきません。

自習には行くものだとはっきり断言して出来る限り来させてください。

回数を超えても追加で料金を請求する塾ではありませんから安心してください。

中学生も小学生もどんどん来て下さい。

講師は用意していますのでタイミングが合えば自習ではなく授業に切り替えて学力向上に塾も協力します。

今の時間帯も高校生の時間ですが、中学生にも講師をあてています。

勉強がしたい生徒には利益度返しで、麻布学院はどこまでも協力する塾です。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2018年12月24日