麻布学院 のすべての投稿

定期テスト結果。

 

先ほど書きました定期テスト結果に訂正がありました。

申し訳ありません。

M中定期テスト結果

(5教科)

中1生 最高順位 1位

中2生 最高順位 1位

中3生 最高順位 1位

5教科では全学年で麻布学院の生徒が1位でした。

先ほど、1年生は最高順位2位と書いてしまいましたが、5教科では1位でしたので、中1生~中3生までの3学年において完全制覇です。

素晴らしい結果です。

1位を獲得した3人はおめでとう。

次の定期テストは生徒全員で上位を目指しましょう。

完全制覇は私も嬉しいです。

ありがとう。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月3日

 

定期テスト結果。

 

塾の近隣中学のM中学の定期テスト結果です。

(5教科)

中3生 塾生最高順位 1位

中2生 塾生最高順位 1位

中1生 塾生最高順位 2位

 

麻布学院といえば、実力テストと模試、上位校受験に強いイメージがあるかもしれませんが、定期テストでもきちんと生徒たちは結果を出しています。

今年度から、定期テスト対策の見直しや、成績管理データの細分化を行い、定期テストについても麻布学院のポテンシャルを最大限に発揮できるようプログラムを組みなおしました。

麻布学院の特徴は、受験を見据えた先取り教育であり、今までは定期テストに合わせた授業は学校の授業で学ぶべきという立場をとっていましたが、今年からは定期テスト前の期間を復習にあて、定期テスト対策を手厚くしました。

今回の結果を踏まえて、より良い対策を目指し、管理データの改善を行います。

 

三学年全て麻布学院の生徒が1位とはなりませんでしたが、次の定期テストでは3学年制覇を目指して頑張ろう!!

成績上位に入った生徒たちの頑張りに感謝します。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月3日

 

少し余裕が出来たので。

 

中3生の模試の点数が安定してきました。

少しだけ余裕が出来たので、中2生、中1生の授業にも私が入る時間を作れると思います。

来年からは、塾長授業の日を設定し、定期的に中1生、中2生の授業も積極的に入ろうと思います。

私が授業に入ろうが入るまいが、生徒たちはきちんと結果を残しているのですが、定期的に緊張感を持たせる授業は必要なので。

 

中3生の模試は、中3生21名中、18名が400点を上回り悪い成績ではないと思うのですが、その生徒たちの志望校はナンバースクールと仙台高専。

400点を下回った生徒たちは公立高校受験コースの3名。

彼らは志望校の合格判定をきちんと出しているので問題はあまりありません。

問題はナンバースクールと仙台高専を志望校としている18名の方です。

やはりナンバースクールの受験では、少しの努力差が合否をわけます。

点数に対する執着心も運命を大きく左右します。

今年の中3生には、その執着心が欠けている気がします。

夏以降、大分変化はしましたがあと少し何かが加われば、もっと良い結果が出ると思います。

その後少しを何とかするためにここまで集中してきたのですが、まだその少しを植えつける事が出来ていません。

塾の中で一番、中3生と接しているのは私なので、もっと塾長としての自分を追い込んで努力をしたいと思います。

私立受験まで後3ヶ月。

やれることを全てやるつもりです。

 

今日、生徒と保護者から差し入れを頂きました。

T中学の1年生で、中間、期末、実力テストの全てにおいて校内1位を獲得している生徒です。

油断することなく、このまま成長してくれることを望みます。

頑張れ!

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月2日

新みやぎ模試9月号。結果報告。

 

中3生、新みやぎ模試9月号の結果報告です。

 

塾内平均点 5教科 430.8点 県内平均 277.0点 +153.8点

国語 塾内平均点 79.6点 県内平均 59.0点 +20.6点

数学 塾内平均点 86.9点 県内平均 53.0点 +33.9点

社会 塾内平均点 88.6点 県内平均 50.0点 +38.6点

英語 塾内平均点 87.2点 県内平均 57.0点 +30.2点

理科 塾内平均点 88.5点 県内平均 58.0点 +30.5点

 

以上のような結果となりました。

今回の模試は、県内平均点も高く、数学が簡単であったため塾内平均点も高くなりました。

結果だけを見れば、県内平均点を153.8点上回るので上出来だと言えますが、生徒個々の点数に大きなバラつきが見られました。

上位2クラスに残りたければ430点以上は当たり前に必要。

仙台二高、仙台一高クラスに残りたければ450点は必要。

厳しいようですが、その基準がナンバースクール合格に必要な基準です。

時間には限りがあります。

今回、基準をクリアした生徒はさらに上を、クリアできなかった生徒はもっと追い詰められた勉強を。

自分を追い込んで追い込んで、その先に合格はあるものですから。

 

県内順位や偏差値については後日まとめて報告します。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月1日

 

 

 

 

受験まであと3ヶ月。

 

今日から10月になりました。

私立高校の受験まで後3ヶ月です。

今年も関東の高校を受験する生徒がいますので、年が明けてすぐに受験日が来てしまいます。

いよいよ追い込みという時期なのですが、中3生の仕上がり具合が思わしくありません。

塾生の過半数が2年生の後半以降に入塾した生徒たちなので、例年の麻布学院の仕上がり具合よりも、2ヶ月ぐらい遅れが出ている感触です。

模試で考えても、80点台は超えるが90点は超えないという生徒が多数。

問題が難しかろうが簡単であろうが80点台で変わらずという感じです。

良い意味では安定している、悪い意味では伸び率が低い。

今年の生徒たについては、これから地獄の特訓が必要です。

 

為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなるけり

 

全体の学習プログラムを改善し、生徒の管理データから導く個々にとっての最善のプログラムを組みたいと思います。

 

10月になり、私も気持ちを切り替えて、体力気力ともに充実し、実りある月にしたいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年10月1日

月末休のお知らせ。

 

9月29日(金)~9月30日(土)の2日間、月末休で塾はお休みとなります。

季節の変わり目で、体調を崩している生徒も見受けられますので、このお休みでしっかりと休み、体調万全で10月を迎えましょう。

 

私事ではありますが、9月20日に父が急逝いたしました。

享年62歳。

若い頃から仕事を休むことなく、休日もとらず勤勉で昔気質の父親でした。

母が亡くなった歳が享年58歳。

両親ともにまだ若すぎる死であったと思います。

 

この2日間のお休みで、私も心身ともに体調を整えようと思います。

父とは、昔から喧嘩の絶えない親子関係でしたが、仕事に対する責任感や、常に正義感と信念に基づいて行動する損得を全く考えない生き方は、尊敬しておりました。

この2日間は、仕事を忘れ父との惜別の期間といたします。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月28日

模試の総評。

 

(新みやぎ模試)

中1生 県内1位獲得 県内2位獲得

中2生 県内2位獲得

中3生 県内1位獲得

3学年合計の県内10位以内獲得者 8名

3学年合計の県内100位以内獲得者 27名

(中1生) 県内1位 県内2位 県内4位 県内8位 県内19位

県内23位 県内24位 県内33位 県内33位 県内37位

      県内37位 県内44位 県内50位 県内72位

(中2生) 県内2位 県内8位 県内13位 県内14位 県内34位

      県内76位 県内95位

(中3生) 県内1位 県内10位 県内65位 県内89位 県内95位 

      県内100位

全学年県内1位を獲得することは出来ませんでしたが、夏期講習の成果が如実に現れていました。

圧倒的な学習量を誇る麻布学院の夏期講習は、このようにきちんと成績へと反映します。

 

(宮城ぜんけん模試)

(中1生) 県内1位 県内2位 県内3位 県内4位 県内6位

※麻布学院在籍生徒上位5名のみ宮城ぜんけん模試様から県内順位告知

(中2生) 県内1位 県内2位 県内3位 県内4位 県内6位

※麻布学院在籍生徒上位5名のみ宮城ぜんけん模試様から県内順位告知

(中3生) 県内1位 県内8位 県内16位 県内24位 県内24位

※県内30位以内まで

3学年全てにおいて、麻布学院の生徒たちが県内1位を獲得しました。

中1生と中3生は両学年ともに2つの模試を制覇しました。

 

麻布学院の生徒は、模試、実力テストにおいて無類の強さを発揮します。それはどの模試であろうと変わりません。

麻布学院の考える塾とは、学力を売る塾屋。

塾屋の売り物は学力です。

学力とは数字と結果に必ず現れます。

 

過去13年間、麻布学院に在籍した生徒の40.3%が仙台一高と仙台二高に進学。

過去13年間、麻布学院に在籍した生徒の56.9%がナンバースクールに進学。

 

麻布学院は、数字と結果にとことんこだわります。

志望校の学力へ。そして志望校合格へ。

麻布学院はこれからも変わることなく塾屋として、学力、数字、結果にこだわり続けます。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月27日

 

新みやぎ模試。中2生結果報告。

 

昨日に続きまして、新みやぎ模試の結果報告です。

今日は中2生の報告となります。

この学年は、仙台二高、仙台一高、仙台三高を目指す生徒のクラスと、宮城一高、二華高校、館山、向山、南などの高校を目指すクラス、そして公立高校の合格を目指すクラス新たに設置し、今までの麻布学院には無かった試みをしている学年です。

公立高校受験クラスの7名を、どう成長させるか常に考えている状態です。

 

(新みやぎ模試、麻布学院塾生県内100位内獲得者)

県内2位 県内8位 県内13位 県内14位 県内34位 県内76位

県内95位

以上7名です。

今回の新みやぎ模試では、中1生、中3生の2学年で県内1位を獲得していますが、残念ながらこの学年は2位が最高順位でした。

宮城ぜんけん模試では、中1生、中2生、中3生の全ての学年で麻布学院の生徒が県内1位を獲得していますので、もし、中2生も県内1位を達成していれば、2つの模試を完全制覇でしたので、少し残念です。

しかしながら、上位2クラスの生徒たちは、夏期講習以降、頑張っていたと思いますので誇りに思います。

 

(麻布学院生徒偏差値)

受験生徒数 26名

 

偏差値 74 1名

偏差値 73 2名

偏差値 72 1名

偏差値 69 2名

偏差値 68 3名 仙台二高合格基準

偏差値 67 2名

偏差値 66 1名 仙台一高合格基準

偏差値 64 2名

偏差値 63 1名 仙台三高合格基準

偏差値 61 1名 仙台三高理数合格基準

偏差値 60 1名 (二華59 向山59 南58 館山58)

偏差値 55 1名 宮城野普通合格基準

上位2クラスの生徒たち19名の成績です。1名のみが残念ながら基準偏差値に達することが出来ませんでした。

部活の関係で夏期講習の受講が難しい状態だったのを考慮しても、非常に残念です。

早急に面談を設定し、対処したいと思います。

 

問題があるとすれば、公立高校受験クラスの7名です。

中には頑張っている生徒もいるのですが、せいと自信が目標校を低めに設定しがちなので、成績の乱高下が激し状態です。

偏差値 50 1名 多賀城災害科学50 仙台高校49

偏差値 48 1名 仙台西46 名取北47 仙台商業47

偏差値 45 1名 利府普通合格基準

偏差値 42 1名 宮城広瀬合格基準

偏差値 40 2名 黒川高校合格基準

偏差値 38 1名 宮城農業、松島普通合格基準

クラス7名の中で、はっきりと差が出て来ました。

確かに公立高校には合格できる偏差値ではありますが、公立高校ならどこでもいいという気持ちでは成績が上がりません。

塾に入った時点の点数がいかに低くとも、今は麻布学院の1員です。

上位クラスの頑張りを他人事と捉えず、このクラスの生徒たちも同じ塾生として、出来る限りの努力が出来るよう、サポートし指導をしたいと思います。

 

全生徒26名中、仙台二高、仙台一高、仙台三高合格基準に達した生徒は全体の69.2%

ナンバースクール合格基準に達した生徒は全体の73%

 

課題は、公立高校受験クラスの生徒たちを、最低でも宮城広瀬や仙台工業、そして仙台東や多賀城高校の合格基準に達する学力まで引き上げることです。

公立高校の合格判定を出せば良い訳ではありません。

1つでも上位校を目指して努力してもらいたいと思います。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月26日

 

 

新みやぎ模試。中1生結果報告。

 

先月実地しました新みやぎ模試、中1生第1回の結果報告です。

この学年の学力の高さはデータ、結果の全てにおいて理解していたつもりでしたが、今回の結果は私の管理データを上回るものとなりました。

麻布学院14年の歴史の中で、最高の結果を出しています。

このままの勢いを保てるように気合が入ります。

 

(新みやぎ模試中1生第1回)

麻布学院受験生徒数22名

 

(麻布学院、県内順位100位以内獲得)

県内1位 県内2位 県内4位 県内8位 県内19位 県内23位 

県内24位 県内33位 県内33位 県内33位 県内37位

県内37位 県内44位 県内50位 県内72位

以上15名

 

県内1位と2位を麻布学院の生徒が独占しました。

わずか生徒数22名の塾で、県内10位以内が4名。

県内100位以内の生徒が塾生全体の68%です。

 

(偏差値)

偏差値72 1名

偏差値71 2名

偏差値70 1名

偏差値69 6名

偏差値68 4名 (仙台二高合格基準)

偏差値67 1名

偏差値66 4名 (仙台一高合格基準)

偏差値64 1名 (仙台三高合格基準偏差値63)

偏差値61 1名 (仙台三高理数合格基準)

偏差値51 1名 (仙台東、多賀城高校合格基準)

 

中1生の今の時期の模試は、県内全体の平均点が高いため、県内100位以内でも仙台二高の合格判定が出ない場合もあります。

しかしながら、全体の86.3%が仙台一高合格基準をクリアしているのは素晴らしい結果だと思います。

全体の95.4%がナンバースクール以上の偏差値なのも素晴らし結果ですし、21名が400点以上なのも素晴らしい結果です。

 

今回、県内1位を獲得した生徒は、宮城ぜんけん模試でも県内1位なので、中3生の1位獲得生徒と同じで2冠達成です。

 

麻布学院がブログを書き始めたのは2年前。

それまでは、年2回のチラシ以外、宣伝はしておりませんでした。

今も麻布学院は無名の塾です。

1教室しか無い、宮城野区にひっそりと佇む塾です。

 

しかしながら、在籍する生徒たちの努力は仙台屈指の塾だと思っています。

麻布学院は自信を持って結果を公開します。

過去13年間の合格実績、年度の合格実績、模試の結果、定期テストの結果、実力テストの結果、卒業生が進学した大学など公開できる範囲の全てです。

生徒たちの努力の上に成り立った、全ての結果を公表します。

 

このブログは、生徒たちの努力の成果を発表する場です。

 

只今、中1生2名、中2生1名が体験授業を行っています。

全体で3名の募集でしたので、この3名が入塾に至れば募集を一時停止いたします。

入塾確定までは募集を行います。

その場合、麻布学院の厳しい環境、そして上記の生徒たちと同じレベルで学習する気迫と自信のある生徒については、定員をこえても入塾できるよう私も努力します。

まだ募集は停止しておりません。

体験入塾希望の方はご連絡ください。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月25日

 

定期テスト。中3生結果報告。

 

中3生の定期テスト結果が出揃いました。

今回テストが無かった附属中の生徒を除く20名の結果報告です。

 

塾内平均点(麻布学院中3生、徒在籍中学。宮城野中、南小泉中、上杉山中、東華中、田子中)

塾内平均点 422.5点

最高点 495点(宮城野中在籍生徒)

 

今回の定期テストも、学校全体の平均点が高い問題だったそうで、450点を超える生徒がメイン中学の宮城野中では続出しました。

495点という点数は、麻布学院の歴代1位の記録497点に迫る点数でしたが、惜しくも逃しました。

 

そして嬉しい報告も頂きました。

宮城ぜんけん模試を運営する進学舎様からです。

前回実施しました宮城ぜんけん模試において、中1生、中2生の両学年ともに、宮城県で受験した全中学生のトップ5位までの結果です。

宮城ぜんけん模試は、中1生、中2生ともに、全国で受験した生徒の合計から順位が出ますので、今までデータ上でしか県内1位などがわかりませんでした。

しかしながら、塾内のトップ5人の県内順位までなら、確認可能ということでいたので麻布学院のトップ5の生徒の県内順位を問い合わせしました。

 

(宮城ぜんけん模試)※麻布学院在籍生徒の上位5人まで

中1生・・・県内1位、県内2位、県内3位、県内4位、県内6位

中2生・・・県内1位、県内2位、県内2位、県内4位、県内6位

両学年ともに、麻布学院の生徒たちが1位~4位を独占しました。

惜しくも5位は両学年ともに麻布学院の生徒ではないようですが、6位は両学年ともに麻布学院の生徒でした。

 

中3生の県内1位も麻布学院の生徒でした。

つまりは

全学年、宮城ぜんけん模試県内1位を麻布学院の生徒が制覇しました。

 

新みやぎ模試9月号の1位も獲得できましたし、麻布学院にしかできない圧倒的な学習量で望んだ夏期講習の成果が出てくれた形です。

厳しい授業を生徒に科しながら、数字と結果が今1つでは生徒たちに申し訳がありません。

この結果は、生徒たちに自信と強いプライドをもたらしてくれると思います。

 

今日は本当に嬉しい1日になりそうです。

 

麻布学院(宮城野区原町) 塾長ブログ 2017年9月20日