逸材。誰が見ても。

 

本日も今の時間まで保護者様面談を続けて行っていました。
麻布学院は、最低でも1時間、平均1時間半の面談枠を設けて、時間一杯までお話をさせて貰います。

宮城県の受験システムから、志望校選定、志望校の大学進学実績、模試の分析と評定の関係、志望校の過去の合格者の開示点数など、様々な観点から志望校を決めるお手伝いをしています。

麻布学院は、ほとんどの生徒たちの模試の判定がS~B判定。

中3生になると、公立高校受験コースの生徒達も、上位校に手の届く位置にいますし、スタートが5教科100点以下の生徒であっても、偏差値50の高校に手の届く位置にいます。

ですが、評定の部分はいかんともしがたい。

5教科はほとんどの生徒がオール5です。

体育や美術、音楽や技術家庭が、近隣中学では実技重視を言う中学なので、中心部の中学と違い、相当低い評定が出ます。

体育や技術家庭の先生たちは、気を配ってくれている感じがしますが、音楽はかなりの生徒が3になるようです。

試験も無いですし、美術も同じで生徒の才能に頼るしかありません。

提出物や授業態度が悪いのであれば3でも御の字。

ですが才能で3の場合は、その1つの評定で生徒の受験結果が変わってしまう可能性がある事を考えて貰えればうれしい限りです。

近隣中学は200ちょっとの生徒数ですが、毎年80~100の私立高校進学者がおり、偏差値50以下の公立高校に進学する生徒の数も多数います。

 

今年は新型コロナの影響もあります。
出来れば、実技教科の先生たちも、今年は甘めに付けてもらえると生徒たちが救われる確率が上がると思います。

内に通う生徒達だけではなく、学年全体の話です。

 

保護者様面談だけではなく、入塾面談も相次いで行っています。中学生は正直な事を言えば、全学年定員オーバーです。

小学生も曜日によって満席が出る日があります。

 

悩んだ末に、お断りする方向ではなく、来年の大学の受験生の環境を整えるうえで、となりのビルの2階のテナントを借りる事にしました。

宮城野区原町は、建物がとにかく古い。

麻布学院本校も相当リフォームにリフォームを重ねました。
麻布学院桜咲ゼミの教室もです。

となりのビルも、相当内装にお金をかけなければなりません。それと共有部は我々がどうにか出来るものでもありませんので、せめて教室内には、お金をかけ環境を整えたいと思います。

 

そんな中、二華中高の生徒が予備校に体験で来てくれました。保護者様面談をして模試の結果を見る限り、逸材だと思います。

東京生徒派草下塾長のご意見もお聞きしましたが同じ意見でした。

kawaiラボ河井塾長の意見はまだ聞いていませんが、同じことを言うと思います。

 

現在予備校改革が進み、オリジナルテキスト、対面回数の増強、医学部コースの充実、高3生の担当固定、ZOOMは個別指導の切り替えるなどの改革を断行しました。

徹底管理を行うために、毎週テストも実施。

国語専任講師・世界史専門塾も新体制で確保できました。

 

今の高2生で、きちんと毎日のように自学をしに来る高2生医学部コースの生徒達は、数字と結果が出始めています。
草下塾長オリジナルテキストや、河井塾長ZOOM個別授業も入れて成績アップをはかり、医学部コースの講師も固定して週3回、授業を担当して貰っています。

この医学部コースに通う生徒達は、逸材です。
そこに、ハイレベルな講師を集めましたので、きちんと数字と結果を残せると思います。

 

今のままでは医学部合格は難しいと思う、医学部志望の生徒さんがいれば、この5年間は追加料金などは考えず、全教科、全講師の指導を受ける事が出きる体制で、合格実績を積み上げます。

麻布学院だけでも今まで卒業生を

(麻布学院出身生徒のおもな進学大学)

東京大学理Ⅲ、東京大学、東京工業大学、お茶の水大学、東北大学、自治医大、防衛大学、大阪大学、信州大医学部、北海道大学、横浜市立大学、東京学芸大学、首都大学、横浜国立大学、筑波大学、千葉大学、宇都宮大学、埼玉大学、東京海洋大学、会津大学、岩手大学、山形大学、秋田大学、福島大学、新潟大学、琉球大学、宮城教育大学、宮城大学など

慶応義塾、早稲田大学、同志社大学、立命館大学、青山学院大学、立教大学、法政大学、中央大学、明治大学、津田塾、東京理科大学、上智大学、日本大学、北里大学、東京女子医大、東北医科薬科大学、学習院、東京外語大、岩手医科大学、芝浦工業大学、日本大学、駒澤大学、専修大学、東北学院大学、宮城学院女子大学、東北福祉大学など

海外

イエール大学 北京大学 オックスフォード大学 コロンビア大学

 

このような大学に送り出しました。

そこに、若手実力派の塾長たちや専任講師が力を存分に貸してくれています。

麻布学院の教え子で東北大学に進学した生徒達は、各高校の上位にいた生徒。

仙台二高・仙台一高・仙台二華・九州難関私立

そして留学経験のある、東大ロースクール出身の講師は、高3生の指導に固定して貰い、3名の受験生のために週3回、来てもらっています。

 

各講師が実力派なので、正直、麻布学院は高校受験までのイメージが強いでしょうが、強い講師全員予備校側に送り、本校では高校受験に強い両塾長の直接授業を増やしています。

関東などから来てくれる東北大生や、リモートの関係で東京の上智などに在籍する大学生も仙台で授業を受けていますので、積極的に採用しています。

 

今日来てくれた生徒は、逸材なのは間違いありません。
3名の逸材がいれば、来年度医学部合格者は3名でるでしょう。

そのぐらい、講師が充実してきました。

 

教室も1つ増やしましたので、今まで消極的だった予備校の生徒をまた募集開始します。

教室の内装に相当時間がかかりますので、そこまでまだ入塾を認める訳ではありませんが、教室が仕上がり次第、かなり余裕も出ると思います。

入塾にあたっては、両塾長と講師たちで志望校に対する会議を行い、育成方法を1人1人決めて指導に入ります。

草下塾長・河井塾長の意見もお聞きする事にない、完璧な計画が立つと思います。

正直、仙台で集める事が出来ない、ハイレベルの講師を集めに集め、自塾出身の講師を育てに育てました。

 

入塾希望の方はご連絡ください。

 

過去の卒業生総数 330名

過去15年間の受験合格者総数

仙台一高 106名

仙台二高 24名(学区統合前は宮城野区原町は南学区)

土浦第一 1名

仙台三高 9名

宮城一高(一女・一女理数含む) 32名

仙台二華 23名(二女含む。学区統合まで宮城野区は南学区)

仙台高専 8名

仙台南 7名

向山 3名

ここまでの宮城県偏差値上位校格進学率は67.5%

仙台一高・仙台二高・土浦第一進学率 39.6%

宮城トップ5 ナンバースクール進学率 59%

卒業生の約4割が仙台一高・仙台二高

卒業生の約6割が宮城県トップ5ナンバースクール

卒業生の68%が偏差値上位校。

個人塾でここまでの数字と結果を安定して出し続けている塾は宮城県にあるでしょうか?

大手塾には大手塾志向の保護者様が必要とする塾があります。

個人塾で上位校を志望する場合、選択肢は限られます。

トップ校合格者確率は40%になっていますが、一女と二女時代を含めれば50%を余裕で上回ります。

仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高・仙台二華・仙台高専・西大和学園・函館ラサール

仙台で受験できる上位校の全てに合格者を出した個人塾は麻布学院のみ。

昨年度のみです。

麻布学院はこれからも、生徒数ではなく、利益でもなく、教室数でもなく、成績の数字・結果・実績にこだわります。

(公立高校入試)

仙台二高 5名

仙台一高 6名

仙台三高 3名

宮城一高 4名

仙台二華 2名

仙台高専Ⅱ類 1名

私立難関校

西大和学園 3名

函館ラサール8名

仙台育英東大選抜(特待生)13名

宮城学院MG選抜(特待生) 2名

東北学院特進 6名

(中学受験)

宮城教育大学附属中学校 2名

仙台二華中学校 1名

全員合格

高校受験、偏差値60以上の高校に進学した受験生割合

96.1%

仙台高専を含めた場合

100%

 以上の様な結果を残しました。

特筆すべきは全国ランキングでも上位校である西大和学園に3名の合格者を出せた事。

西大和学園ホームページ

仙台二高・仙台一高の合格者数は合計11名。

 

数字と結果、そして実績をこつこつ積み上げて来ました。

圧倒的な学習量。

徹底的な成績管理。

圧巻の学力。

小学1年生~高校3年生までトータル教育の安心感。

国立大学に行かせたいんですよね??

麻布学院本校 

仙台市宮城野区原町1丁目3-59

(022)292-1588

http://azabu.manabiya.tv/

麻布予備校

仙台市宮城野区原町1丁目3-18 ファミールかんの1階

(022)292-1588

麻布学院桜咲ゼミ(フリースタイルスクール)

仙台市宮城野区原町1丁目2-1 202号室

(022)292-1588(3月開校のため現在兼用)

名門公立高校受験道場

https://meimonkouritsu.com/

仙台一高・仙台二高専門塾

麻布学院塾長ブログ 2020年9月19日

保護者様面談、中2生に入りました。

中3生の保護者様面談も残すところ数件。

中2生の保護者様面談に入りました。
麻布学院の中2生には、校内10位以内獲得経験がある生徒が多数いますが、実力テストの順位が高く、定期テストになると、それなりの点数しか取れない生徒がいます。

評定を比較すると、中3生と中2生で大きな差があります。

宮城県は、受験に関連する調査書点が、中1生~中3生まで関係があり、中1生と中3生の評定に差を付けたりもありません。

 

調査書点の出し方は、各学年評定の5教科そのまま足し算。

例えば

国語5 数学4 社会4 理科5 英語5

この場合の点数は23点

これにプラスして音楽・技術家庭・保体・美術の評定は2倍で計算されます。

美術5 音楽4 技術家庭4 美術5

この場合、合計18×2=36点

1学年のオール5の場合は、合計で25(5教科)+40(実技教科)=65点満点。

これを3学年分、195点満点となります。

 

特に実技教科は、2倍で計算されますから、のちに差が付きやすくなります。

大体、仙台二高も仙台一高も、この合計点が170を超えていた場合は、麻布学院得意の点数勝負になるので、合格率はあがります。

150点台で仙台二高・仙台一高に合格した生徒が沢山いましたが、今年の受験で420点台の生徒が不合格になりました。

今年の受験問題は、平均点が低かったこともあり、390点台でも合格できている生徒がいます。

現実、406点、評定159の生徒さんも合格しているようです。

うちの生徒が427点、評定151点ですのでこの合格した生徒さんと不合格になった麻布学院の生徒は非常に僅差。

何故ならば、仙台一高・仙台二高・仙台三高・宮城一高などの上位校は、当日点7割+調査書点3割の7:3で合格を決めています。

それで単純計算すれば、麻布学院の生徒が合格しているはずなのですが、宮城県にはもう1つ、内申の高い生徒に有利なシステムの相関図という物が存在します。

 

相関図について、面談で詳しくお話していますが、7:3であっても、相関図がある限り、単純計算では行かなくなるのです。

中2生に何度話をしても、模試や実力テストである程度の結果を出しているので、あまり気にしている様子が見えません。

必ず後で泣き言いう事になるので、保護者様面談でしっかり伝えていきます。

 

中3生には比較的、評定が高い生徒が多い分、中2生の中間層の評定が頭の痛いところです。

授業態度などの面でもしっかりして欲しい。

後で泣き言を言わないように。

 

昨日から、中3生の19:30~21:00までの時間帯、私の授業が毎日入ります。

本格的に成績を上げに入ります。

私の授業は、社会を教える事は勿論として、受験に対する心構えと志望校への覚悟を固める事が一番の仕事です。

徹底して気持ちの部分を、受験に集中できる体制作りをいたします。

 

過去の卒業生総数 330名

過去15年間の受験合格者総数

仙台一高 106名

仙台二高 24名(学区統合前は宮城野区原町は南学区)

土浦第一 1名

仙台三高 9名

宮城一高(一女・一女理数含む) 32名

仙台二華 23名(二女含む。学区統合まで宮城野区は南学区)

仙台高専 8名

仙台南 7名

向山 3名

ここまでの宮城県偏差値上位校格進学率は67.5%

仙台一高・仙台二高・土浦第一進学率 39.6%

宮城トップ5 ナンバースクール進学率 59%

卒業生の約4割が仙台一高・仙台二高

卒業生の約6割が宮城県トップ5ナンバースクール

卒業生の68%が偏差値上位校。

個人塾でここまでの数字と結果を安定して出し続けている塾は宮城県にあるでしょうか?

大手塾には大手塾志向の保護者様が必要とする塾があります。

個人塾で上位校を志望する場合、選択肢は限られます。

トップ校合格者確率は40%になっていますが、一女と二女時代を含めれば50%を余裕で上回ります。

仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高・仙台二華・仙台高専・西大和学園・函館ラサール

仙台で受験できる上位校の全てに合格者を出した個人塾は麻布学院のみ。

昨年度のみです。

麻布学院はこれからも、生徒数ではなく、利益でもなく、教室数でもなく、成績の数字・結果・実績にこだわります。

(公立高校入試)

仙台二高 5名

仙台一高 6名

仙台三高 3名

宮城一高 4名

仙台二華 2名

仙台高専Ⅱ類 1名

私立難関校

西大和学園 3名

函館ラサール8名

仙台育英東大選抜(特待生)13名

宮城学院MG選抜(特待生) 2名

東北学院特進 6名

(中学受験)

宮城教育大学附属中学校 2名

仙台二華中学校 1名

全員合格

高校受験、偏差値60以上の高校に進学した受験生割合

96.1%

仙台高専を含めた場合

100%

 以上の様な結果を残しました。

特筆すべきは全国ランキングでも上位校である西大和学園に3名の合格者を出せた事。

西大和学園ホームページ

仙台二高・仙台一高の合格者数は合計11名。

(麻布学院出身生徒のおもな進学大学)

東京大学理Ⅲ、東京大学、東京工業大学、お茶の水大学、東北大学、自治医大、防衛大学、大阪大学、信州大医学部、北海道大学、横浜市立大学、東京学芸大学、首都大学、横浜国立大学、筑波大学、千葉大学、宇都宮大学、埼玉大学、東京海洋大学、会津大学、岩手大学、山形大学、秋田大学、福島大学、新潟大学、琉球大学、宮城教育大学、宮城大学など

慶応義塾、早稲田大学、同志社大学、立命館大学、青山学院大学、立教大学、法政大学、中央大学、明治大学、津田塾、東京理科大学、上智大学、日本大学、北里大学、東京女子医大、東北医科薬科大学、学習院、東京外語大、岩手医科大学、芝浦工業大学、日本大学、駒澤大学、専修大学、東北学院大学、宮城学院女子大学、東北福祉大学など

海外

イエール大学 北京大学 オックスフォード大学 コロンビア大学

数字と結果、そして実績をこつこつ積み上げて来ました。

圧倒的な学習量。

徹底的な成績管理。

圧巻の学力。

小学1年生~高校3年生までトータル教育の安心感。

国立大学に行かせたいんですよね??

麻布学院本校 

仙台市宮城野区原町1丁目3-59

(022)292-1588

http://azabu.manabiya.tv/

麻布予備校

仙台市宮城野区原町1丁目3-18 ファミールかんの1階

(022)292-1588

麻布学院桜咲ゼミ(フリースタイルスクール)

仙台市宮城野区原町1丁目2-1 202号室

(022)292-1588(3月開校のため現在兼用)

名門公立高校受験道場

https://meimonkouritsu.com/

仙台一高・仙台二高専門塾

麻布学院塾長ブログ 2020年9月18日

 

予備校の改革に自信あり。

麻布予備校は、改善を断行しました。
今回、学校の定期テストに合わせて、計画を立て、それと並行して英語・数ⅠA・化学・物理などの授業を対面で行なう事に致しました。

 

加えて、医学部志望の生徒については、定期テスト勉強+英語の構文についての個別指導を入れて来ました。

単語のテストも、速単を使用し毎週テストを行い、医学部コースの生徒については構文のテストも毎週行っています。

高1生の担当講師は、麻布学院出身の東北大生のみ。
医学部コースは大手予備校から麻布学院に移籍してくれた草下塾長の愛弟子です。

 

成果の報告を毎日欠かさない生徒については、やはり単語テストの点数も高く、そうでない生徒については、やはりそれなりの点数しか取れません。

高2生に上がる段階で、生徒派草下塾長オリジナルテキストに移行予定です。彼のテキストを使用するにはそれなりの下準備が必要になります。

医学部合格率が80%以上あり、学生講師中心に合格率を保っているのは、ひとえに彼のオリジナルテキストと、成績を引き上げるまでの指導計画の徹底順守の姿勢です。

個別指導塾 生徒派ホームページ

 

河井塾長と私が二人で行っている、オンライン指導も生徒全員が校内10位以内。

河井塾長は、医学部予備校などで高3生の指導が主な業務でしたし、kawaiラボも高3生比率の非常に高い塾です。

河井塾長には、個別指導を担当して貰い、おもに高3生と高2生を、そして中学生のオンライン質問室を通じて、中学生からの指導を1から学んでもらっています。

自分で育てた経験が出きれば、彼の知識は必ず高1生からの指導にも役立ちます。

個別指導においてはやはり河井塾長は力を発揮してくれます。

 

 

高3生担当の社会人講師も、流石に上位校指導で家庭教師をしていただけあり、留学経験も活かした指導で、高3生のレベルが一気に上がりました。

 

世界史の授業については、現在高3生の1名を、世界史専門塾のクロニカルにお願いし、来月からは高2生・高1生の授業もスタートします。

世界史専門塾クロニカルブログ

 

残りのパーツである国語の現国と古典も、大学受験・高校受験ともに経験豊富な実績のある方に、来年からは本格的に始動をお願いする予定です。

 

人材は集めていますが、正直、新型コロナの影響や個人の性格で、いつまでもスタートのかからない生徒が存在します。

上の学年に上がる際、草下塾長のテストにおいて、不合格となった生徒は、テキスト使用が許されません。

きちんと単語や文法、構文を言われたとおりに計画に沿ってやれる場合はまず問題はありません。

それが出来ていない生徒に関しては、不合格になるでしょう。

麻布学院の講師も、我々両塾長についても、高2生の授業で草下塾長のテキストが、凄まじい効果を発揮し、その使用法と学習計画の作成については、大手予備校から移籍してくれた医学部生がきちんと教えてくれています。

 

現在、新型コロナの影響で、草下塾長も河井塾長も、仙台に来ることが出来ません。

 

その代わりとして、毎日、麻布学院出身の東北大学首席合格者や九州有名トップ校に麻布学院から進学し、東北大学にAOⅡで合格した講師、仙台二高で常に上位で東北大学に進学した講師など、力のある講師を高1生の授業に対面で毎日用意することで、学力が一気に跳ね上がりました。

これを基本ベースにして、草下塾長や河井塾長、クロニカル、国語担当講師、東京大学ロースクール出身の高3生担当講師、東北大医学部の草下塾長の教え子など、その道のスペシャリストが力を結集できる環境になれば、成功は間違いがないと思います。

私は、常に慎重な人間ですので、4か月で現行制度を改善するに至っています。

 

麻布学院の予備校。麻布予備校には、徹底した生徒に寄り添う形の管理型指導が向いています。

全員を講師の中の1人と考え、両塾長で束ねていく事を徹底いたします。

 

現在、保護者様面談で中3生がそろそろ終わります。

次は麻布学院桜咲ゼミの生徒、中2生と面談をどんどん進めます。

明日で全中学定期テストが1段落ですので、私は毎日中3生の指導に入ります。

私が毎日指導に入るようになってからが麻布学院の本当の受験スタート。

夏期講習で実施した地理に続き、歴史の総復習を1から授業形式で、口頭質問を交え教え込んで行きます。

麻布学院は数学と社会の点数が受験で高い塾。

ですから評定の低い生徒も、逆転合格をして来ました。

評定の高めな、他塾の女子は数学か社会に苦手意識がかなりあり、ここで差をつけるのが逆転合格のカギになります。

 

麻布学院は今まで、きちんと実績を上げて来ました。
どのような良い事を言っている塾だとして、仙台一高・仙台二高に三桁の合格者を15年、卒業生330名で出している個人塾はありません。

麻布学院だけでも、実績は十分。

そこに、更に大学受験の実績がある各塾長や指導者が加わるのですから、必ずや目標である来年度の東北大学医学部含めた医学部合格者複数名は達成されるはず。

自信はあります。

今年の高校受験も予備校の今後にもです。

私は豪語するとき、必ず数字や結果、そして実績を積み上げる人間です。

今までの麻布学院の実績を見てもらえれば、ご理解してもらえると思います。

過去の卒業生総数 330名

過去15年間の受験合格者総数

仙台一高 106名

仙台二高 24名(学区統合前は宮城野区原町は南学区)

土浦第一 1名

仙台三高 9名

宮城一高(一女・一女理数含む) 32名

仙台二華 23名(二女含む。学区統合まで宮城野区は南学区)

仙台高専 8名

仙台南 7名

向山 3名

ここまでの宮城県偏差値上位校格進学率は67.5%

仙台一高・仙台二高・土浦第一進学率 39.6%

宮城トップ5 ナンバースクール進学率 59%

卒業生の約4割が仙台一高・仙台二高

卒業生の約6割が宮城県トップ5ナンバースクール

卒業生の68%が偏差値上位校。

個人塾でここまでの数字と結果を安定して出し続けている塾は宮城県にあるでしょうか?

大手塾には大手塾志向の保護者様が必要とする塾があります。

個人塾で上位校を志望する場合、選択肢は限られます。

トップ校合格者確率は40%になっていますが、一女と二女時代を含めれば50%を余裕で上回ります。

仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高・仙台二華・仙台高専・西大和学園・函館ラサール

仙台で受験できる上位校の全てに合格者を出した個人塾は麻布学院のみ。

昨年度のみです。

麻布学院はこれからも、生徒数ではなく、利益でもなく、教室数でもなく、成績の数字・結果・実績にこだわります。

(公立高校入試)

仙台二高 5名

仙台一高 6名

仙台三高 3名

宮城一高 4名

仙台二華 2名

仙台高専Ⅱ類 1名

私立難関校

西大和学園 3名

函館ラサール8名

仙台育英東大選抜(特待生)13名

宮城学院MG選抜(特待生) 2名

東北学院特進 6名

(中学受験)

宮城教育大学附属中学校 2名

仙台二華中学校 1名

全員合格

高校受験、偏差値60以上の高校に進学した受験生割合

96.1%

仙台高専を含めた場合

100%

 以上の様な結果を残しました。

特筆すべきは全国ランキングでも上位校である西大和学園に3名の合格者を出せた事。

西大和学園ホームページ

仙台二高・仙台一高の合格者数は合計11名。

(麻布学院出身生徒のおもな進学大学)

東京大学理Ⅲ、東京大学、東京工業大学、お茶の水大学、東北大学、自治医大、防衛大学、大阪大学、信州大医学部、北海道大学、横浜市立大学、東京学芸大学、首都大学、横浜国立大学、筑波大学、千葉大学、宇都宮大学、埼玉大学、東京海洋大学、会津大学、岩手大学、山形大学、秋田大学、福島大学、新潟大学、琉球大学、宮城教育大学、宮城大学など

慶応義塾、早稲田大学、同志社大学、立命館大学、青山学院大学、立教大学、法政大学、中央大学、明治大学、津田塾、東京理科大学、上智大学、日本大学、北里大学、東京女子医大、東北医科薬科大学、学習院、東京外語大、岩手医科大学、芝浦工業大学、日本大学、駒澤大学、専修大学、東北学院大学、宮城学院女子大学、東北福祉大学など

海外

イエール大学 北京大学 オックスフォード大学 コロンビア大学

数字と結果、そして実績をこつこつ積み上げて来ました。

圧倒的な学習量。

徹底的な成績管理。

圧巻の学力。

小学1年生~高校3年生までトータル教育の安心感。

国立大学に行かせたいんですよね??

麻布学院本校 

仙台市宮城野区原町1丁目3-59

(022)292-1588

http://azabu.manabiya.tv/

麻布予備校

仙台市宮城野区原町1丁目3-18 ファミールかんの1階

(022)292-1588

麻布学院桜咲ゼミ(フリースタイルスクール)

仙台市宮城野区原町1丁目2-1 202号室

(022)292-1588(3月開校のため現在兼用)

名門公立高校受験道場

https://meimonkouritsu.com/

仙台一高・仙台二高専門塾

麻布学院塾長ブログ 2020年9月17日

 

中1生の進捗状況。学習進度について。

麻布学院は、先取り教育を通常時は行っています。
中3生は1人の生徒と、新しく入った塾生の弟2名以外、数学・英語・理科の全範囲が終わっています。

社会については、地理全般の授業を総復習したので、明日からは歴史全般を総復習します。

問題を解かせるのではなく、ホワイトボードを使い解説しながら、生徒に口頭質問を繰り返す方法です。

上位クラスの生徒達はすでに2年分の全国受験問題正解公立中学の全県と都立・私立問題を解き終えています。

ここからは、上位クラスに何名かずつ編入し、ペースを上げていく時期です。今回の模試で2名上位クラスに編入を認めました。

 

麻布学院の上位2コースは、仙台二高と仙台一高を受験する生徒ですので、常時、進捗具合を見ながら最上位クラスに入れていくやり方で毎年多くのトップ校合格者をだしています。

麻布学院は、通常時、中3生も中2生も毎日授業です。

ですから、かなりの範囲まで先取り教育が進みます。

 

中1生の最上位クラスは、中3生の範囲まで1度終え、高校生範囲に入ったところで、中1生の部分を今度は深く教えています。

最上位クラスはそのペース。

次のクラスも、中1生の最後の部分の図形を学んでいます。

一番進みの遅いクラスでも、比例反比例が終わるペースです。

近隣中学がまだ、文字式を学んでいる段階ですので、かなりペースは速いと思います。

 

途中入塾で麻布学院に来てくれた生徒がいる場合、例年、一番ペースの遅いクラスの進度に追いつくまでの間は、個別指導で教え、普段は出さない宿題で自宅での自学を進めて行き、成績を上げて、進度を合わせます。

麻布学院の場合、大抵の生徒が授業よりも早い時間に来て自学を行っているので、その時間帯に講師をあてて授業数を増やし、ペースを合わせる事も積極的に行います。

 

定期テストの前のみ、麻布学院は自立学習に切り替えます。
学校の定期テストについては、学校ワークの解く回数を増やし、学校の先生のプリントなどを学習した方が、効果の出る生徒が多いので、その時期だけは学校に集中。

希望を聞いて、授業を入れたい生徒は全員、各教科に分かれて講師が教えます。

上位層、中間層の生徒達は、学校の定期テスト範囲を、全て学習し終えていますので、自学に徹しわからない部分を質問する方法に切り替えたほうが効果は出ます。

 

定期テストが終われば、模試などで学力を確認し、定着度を見た後で、また先取りを再開します。

 

麻布学院には毎日塾があるからこそ出来る、成績の上げ方があります。

全員、部活もやっていますし、学校が終わればすぐに塾に来て自学を開始、授業時間に徹底して受験問題を使用した先取り教育を行い、遅れの出ている生徒には個別指導、下のクラスからでも、努力で追いついた場合は、上位クラスへの編入も認めています。

最終的には、塾に来ている3/4が上位クラスに合流する事となり、受験直前には、公立高校受験コースの生徒以外、全ての生徒が同じ授業を受けることが出きるまで、成績を引き上げて行きます。

 

宿題は無いのですが、各自グループを組み、生徒たちがお互いに家庭でやる課題を決めて取り組んでいます。

私からは、アドバイスはしますが家庭学習で自学するものに関しては、生徒たちが自分たちで考え自分たちで用意し、自学時間に組んでいる生徒たちがお互い教え合い、丸付けをしています。

 

麻布学院は、通常の少数集団授業では、授業を毎日入れ先取り。

自宅学習や自学時間には生徒主導で復習。

新しく入塾した生徒には、自学時間であっても講師をつけて、その場合のみ宿題を出してペースを上げ、授業時間は個別指導の形で学力を引き上げます。

 

個別指導を入れようが、自学時間に講師をあてようが、麻布学院は授業料は同じ。

その分、特別な待遇はしませんし、これ以上の事は出来ません。

近隣中学は、塾に対する動きが遅い学校で、中1生が今に時期に動いたり中2生になってから動いたり、中3生からも入塾があります。

他の塾からの転塾であれば、ある程度の学習進度を合わせやすいのですが、初めて塾に通う生徒の途中入塾が多い学校なので、手間と時間をかけて学力を引き上げます。

 

ですが、それが当たり前だと思ってもらっては困ります。

学習意欲の無い生徒にいるまでも、個別指導は行えませんし、自学時間に来ない生徒に対してやれる事はありません。

そのような生徒の場合は、大抵、体験入塾の1週間のうちに入塾を断念する場合が多いです。

 

麻布学院は常に本気で学力を引き上げに入りますので、ペースの遅れを取り戻すためには相当の努力が生徒にも求められます。

入塾に至った生徒は、途中入塾でも、私が指導計画と生徒管理を徹底しますので、問題なく3か月後には進度が全体と同じになります。

 

麻布学院の退塾率が低い要因は、きちんと学力を見える数字と結果で残して行くからです。

数字と結果が出れば、生徒達は自信をつけて自学にも毎日来るようになりますし、自宅での自学にも力を入れるようになります。

 

麻布学院に入塾した生徒のほとんどの保護者様から、勉強をするようになったと驚かれますが、生徒は数字と結果を残せれば変わる物です。

そこまでに期間、塾側がどれだけ辛抱強く教え、生徒側がそこまでの期間、塾に通い続ける事が出来るかです。

最初の2週間を超えるとほとんどの生徒は、麻布学院のペースに慣れて行きます。

周囲にどのような人間がいるかで、子供は生活が一変します。

 

麻布学院は究極の管理型塾であり、究極の自学塾でもあります。

 

良い部分だけを様々な指導法から取り入れて、集団(理科・社会)、少数集団(数学・英語・国語)、個別指導2~4名(入塾仕立ての生徒など)、自立学習(自学時間及び家庭学習、定期テスト前希望者)をうまく組み合わせて成績を向上させています。

最初の2週間、保護者様が協力して下さった場合は、麻布学院の学習量にほとんどの生徒が慣れて行きます。

様々な指導法を駆使し成績を引き上げる。

麻布学院は個人塾です。

個人塾であるからこそ、臨機応変な対応も出来ます。

 

その結果と実績がこれです。

 

過去の卒業生総数 330名

過去15年間の受験合格者総数

仙台一高 106名

仙台二高 24名(学区統合前は宮城野区原町は南学区)

土浦第一 1名

仙台三高 9名

宮城一高(一女・一女理数含む) 32名

仙台二華 23名(二女含む。学区統合まで宮城野区は南学区)

仙台高専 8名

仙台南 7名

向山 3名

ここまでの宮城県偏差値上位校格進学率は67.5%

仙台一高・仙台二高・土浦第一進学率 39.6%

宮城トップ5 ナンバースクール進学率 59%

卒業生の約4割が仙台一高・仙台二高

卒業生の約6割が宮城県トップ5ナンバースクール

卒業生の68%が偏差値上位校。

個人塾でここまでの数字と結果を安定して出し続けている塾は宮城県にあるでしょうか?

大手塾には大手塾志向の保護者様が必要とする塾があります。

個人塾で上位校を志望する場合、選択肢は限られます。

トップ校合格者確率は40%になっていますが、一女と二女時代を含めれば50%を余裕で上回ります。

仙台二高・仙台一高・仙台三高・宮城一高・仙台二華・仙台高専・西大和学園・函館ラサール

仙台で受験できる上位校の全てに合格者を出した個人塾は麻布学院のみ。

昨年度のみです。

麻布学院はこれからも、生徒数ではなく、利益でもなく、教室数でもなく、成績の数字・結果・実績にこだわります。

(公立高校入試)

仙台二高 5名

仙台一高 6名

仙台三高 3名

宮城一高 4名

仙台二華 2名

仙台高専Ⅱ類 1名

私立難関校

西大和学園 3名

函館ラサール8名

仙台育英東大選抜(特待生)13名

宮城学院MG選抜(特待生) 2名

東北学院特進 6名

(中学受験)

宮城教育大学附属中学校 2名

仙台二華中学校 1名

全員合格

高校受験、偏差値60以上の高校に進学した受験生割合

96.1%

仙台高専を含めた場合

100%

 以上の様な結果を残しました。

特筆すべきは全国ランキングでも上位校である西大和学園に3名の合格者を出せた事。

西大和学園ホームページ

仙台二高・仙台一高の合格者数は合計11名。

(麻布学院出身生徒のおもな進学大学)

東京大学理Ⅲ、東京大学、東京工業大学、お茶の水大学、東北大学、自治医大、防衛大学、大阪大学、信州大医学部、北海道大学、横浜市立大学、東京学芸大学、首都大学、横浜国立大学、筑波大学、千葉大学、宇都宮大学、埼玉大学、東京海洋大学、会津大学、岩手大学、山形大学、秋田大学、福島大学、新潟大学、琉球大学、宮城教育大学、宮城大学など

慶応義塾、早稲田大学、同志社大学、立命館大学、青山学院大学、立教大学、法政大学、中央大学、明治大学、津田塾、東京理科大学、上智大学、日本大学、北里大学、東京女子医大、東北医科薬科大学、学習院、東京外語大、岩手医科大学、芝浦工業大学、日本大学、駒澤大学、専修大学、東北学院大学、宮城学院女子大学、東北福祉大学など

海外

イエール大学 北京大学 オックスフォード大学 コロンビア大学

数字と結果、そして実績をこつこつ積み上げて来ました。

圧倒的な学習量。

徹底的な成績管理。

圧巻の学力。

小学1年生~高校3年生までトータル教育の安心感。

国立大学に行かせたいんですよね??

麻布学院本校 

仙台市宮城野区原町1丁目3-59

(022)292-1588

http://azabu.manabiya.tv/

麻布予備校

仙台市宮城野区原町1丁目3-18 ファミールかんの1階

(022)292-1588

麻布学院桜咲ゼミ(フリースタイルスクール)

仙台市宮城野区原町1丁目2-1 202号室

(022)292-1588(3月開校のため現在兼用)

名門公立高校受験道場

https://meimonkouritsu.com/

仙台一高・仙台二高専門塾

麻布学院塾長ブログ 2020年9月16日